続く成長、届かぬ脱デフレ GDP1~3月 実質年2.2%増 – 日本経済新聞



日本経済の1~3月期の実質国内総生産(GDP)は前期比年率換算で2.2%増と、安定したテンポの景気拡大局面が続いていることを示した。けん引役は世界経済の回復に伴う輸出だ。一方、個人消費は前期の反動で持ち直した側面も強く、11年ぶりという息の長いプラス成長なのに収入の動きを示す雇用者報酬も伸びは鈍い。政府が「脱デフレ」のモノサシにしている各種指標も低迷を脱せず、高揚感の乏しい回復が続きそうだ。

1…



こんな記事も読まれています



コメントを残す