都道府県“警察力”ランキング! 1位東京2位長崎

本誌では各都道府県警察本部の実力を測るランキングを作成した。これは、検挙率だけで比較するのではなく、警察官の人数や予算といったハード面も考慮した“真の警察力”を総合的に判断するものといえる。

?具体的には、(1)刑法犯の検挙率、(2)交通事故件数に占める死亡者数、(3)10年前と比較した検挙率の改善度、(4)都道府県民1万人当たりの警察官の人数、そして(5)都道府県民1人当たりの警察費という、警察力を測る上で重要と考えられる五つの指標をピックアップ。それぞれを相対評価して点数化し順位をつけた。

?これを見れば分かる通り、堂々のトップは首都・東京を管轄する警視庁だ。検挙率は26.2%とワースト6位の低さながら、警察官の人数や警察費の多さは群を抜いており、他の道府県警を寄せ付けなかった。

?次いでランキング2位は長崎県警。前述したように、検挙率の改善度が全国トップ、検挙率の高さと相まって好位置に付けた形だ。

?交通事故件数に占める死亡者数の低さで高得点を挙げ、上位にランクインしたのが大阪府警と福岡県警。いずれも大都市故に検挙率こそ低いものの、その改善度の順位の高さなどが貢献した。


こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です