来週の株式相場見通し=衆院選明けで一服商状、決算本格化で業績注視の物色に – minkabu PRESS

来週の株式相場見通し=衆院選明けで一服商状、決算本格化で業績注視の物色に  来週(23~27日)の東京株式市場は、きょうまで日経平均株価が14日続伸と歴代最長に並ぶ記録を達成したことへの反動もあり、利益確定の売りが優勢で全体相場は一服商状となりそうだ。来週月曜日に15日続伸の記録更新がなるかは、選挙結果次第ということになるが、既に多くのメディアによる情勢調査で与党優勢が伝えられていることから、極端なプラス反応は望めそうもない。

 もし、15日続伸が達成されても、その後は調整ムードが強まりそうだ。ただ、4~9月期の決算と18年3月期通期業績見通しの発表が本格化することから、投資家の関心は個別企業の内容に注がれ、好業績銘柄に物色の矛先が向くことになる。日経平均株価の想定レンジは、2万1000~2万1700円とする。

 市場関係者からは「14日続伸は、1960年12月21日~61年1月11日以来約56年9カ月ぶりで、歴代最長記録に並んだ。ここ数日、全般相場が弱含む場面でプラス材料が伝えられ、それに救われて前日比プラス圏に浮上するパターンが続いた。きょうは、前場中に“米上院が2018年度の予算決議案を可決した”と伝えられたことが追い風となった。連日の上昇幅が比較的小刻みで、過熱感が極端にならなかったことが連騰を支えたようだ」との見方が出ていた。

 日程面では、東京モーターショー(25日~11月5日)、9月の企業向けサービス価格指数(26日)、9月の消費者物価指数(27日)に注目。海外では、米9月のシカゴ連銀全米活動指数(23日)、独10月のIfo景況感指数、英7~9月期のGDP、米9月の新築住宅販売件数、米9月の耐久財受注(25日)、ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)、韓国7~9月期のGDP(26日)、米7~9月期のGDP(27日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

指標予測=9月コアCPIは0.8%上昇、プラス幅拡大 – Reuters Japan

 * 最新の経済指標予測は をクリックしてご覧ください。 [東京 20日 ロイター] - ロイターが集計した民間エコノミスト調査によると、総務省が27日
に公表する9月の全国消費者物価指数(CPI)の予測中央値は、指標となる生鮮を除くコアCPIで前年
比0.8%上昇となった。プラス幅は8月の0.7%から0.1ポイント上昇しそうだ。先行指標とされる
東京都区部の10月コアCPIは同0.5%の上昇が予想され、前月と比べプラス幅は横ばいとなる見通し
。
    9月全国は「電気代、都市ガス代が前月より上昇し、石油製品も前年下落した反動が出る」(SMBC
日興証券)。10月都区部は「エネルギー価格や運送料が押し上げる一方、携帯電話機や教養娯楽用耐久財
などが下押し圧力となる」(みずほ総研)。 コアCPI予測(前年比%)        全国9月      東京都区部10月 中央値    0.8 0.5 最大値    0.9          0.6  最小値    0.7         0.4  回答社数   20          19 (竹本能文) 
私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

東南アジア株式・引け=バンコク11カ月ぶり大幅下落、マニラは切り返す – ロイター

[19日 ロイター] – 東南アジア株式市場はバンコク市場が昨年11月半ば以来の大幅下落を記録した一方で、マニラ市場は下落後に切り返した。

きょう発表された中国の第3・四半期国内総生産(GDP)成長率が若干減速したことを受け、アジア株が全般に下落した。

この日発表されたタイの9月の貿易収支は黒字だったものの、バンコク市場のSET指数は最大1.6%下落。結局1.41%安で引けた。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは最大0.4%下落し、4月20日以来の安値を付けた。結局0.29%安で引けた。市場はマレーシアの月間インフレ統計発表を20日に控えている。ロイターの調査によると、アナリストらは9月の消費者物価指数(CPI)が4.3%上昇し、2カ月連続でインフレが加速すると予想する。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.31%安。市場は据え置きが予想されるインドネシア中央銀行の金融政策会合の結果待ちだった。

流動性が特に高い45銘柄で構成される株価指数は最大0.9%下落し、国営通信テルコムが下落を主導した。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは序盤の下落から回復し、0.66%高で引けた。主要株のアヤラ・コープは上昇率トップだった。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)はここ6営業日で5営業日目の上昇となり、0.18%高で終了した。UOB銀行とDBSグループが上昇を主導した。

ホーチミン市場のVN指数は0.15%高。 (アジア株式市場サマリー)

英の消費者物価指数、3・0%上昇 – 読売新聞

 【フィレンツェ=戸田雄】英統計局が17日発表した9月の消費者物価指数は、前年同月と比べて3・0%上昇し、8月(2・9%)と比べて伸び率がやや拡大した。

 伸び率が3%台となるのは、2012年4月以来、約5年半ぶり。通貨・ポンドの下落で、輸入する食料品などの価格が上昇していることが物価を押し上げている。

 イングランド銀行(中央銀行)は9月、物価上昇を抑えるため、数か月以内に利上げする可能性を示唆した。次回11月の金融政策委員会で、イングランド銀が利上げに踏み切るかどうかが注目を集めそうだ。

英の消費者物価指数、3・0%上昇 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) – 読売新聞

 【フィレンツェ=戸田雄】英統計局が17日発表した9月の消費者物価指数は、前年同月と比べて3・0%上昇し、8月(2・9%)と比べて伸び率がやや拡大した。

 伸び率が3%台となるのは、2012年4月以来、約5年半ぶり。通貨・ポンドの下落で、輸入する食料品などの価格が上昇していることが物価を押し上げている。

 イングランド銀行(中央銀行)は9月、物価上昇を抑えるため、数か月以内に利上げする可能性を示唆した。次回11月の金融政策委員会で、イングランド銀が利上げに踏み切るかどうかが注目を集めそうだ。

BRIEF-9月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前年比+1.5% – Reuters Japan

[ブリュッセル 17日 ロイター] –

* 9月のユーロ圏消費者物価指数改定値(食品・エネルギー除く)、前月比+0.4%(予想:+0.4%)

* 9月のユーロ圏消費者物価指数改定値(エネルギー・食品・アルコール・たばこ除く)、前月比+0.4%

* 9月のユーロ圏消費者物価指数改定値(食品・エネルギー除く)、前年比+1.3%(予想:+1.1%)

* 9月のユーロ圏消費者物価指数改定値(エネルギー・食品・アルコール・たばこ除く)、前年比+1.1%

* 9月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前月比+0.4%(予想:+0.4%)

* 9月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前年比+1.5%(予想:+1.5%)

ニュージーランド3Q消費者物価指数予想(10/16) – FX羅針盤

オーストラリアドル(AUD)の記事

Edited by:橋本 光正

2017.10.18

オーストラリア 9月失業率予想(17/10/18)

就業者数…8月は予想を大きく上回りました。ここ数か月は下降気味の移動平均線が横這いとなり、2016年下半期からの上昇トレンドを継続しています。

オーストラリア 9月失業率予想(17/10/18)

ニュージーランドドル(NZD)の記事

Edited by:橋本 光正

2017.10.17

ニュージーランド3QCPI結果

17日早朝、NZの2017年第3四半期消費者物価指数が発表されました。従前の予想より若干強めの数値となり、公表後はNZドル強含みとなりました。

ニュージーランド3QCPI結果

今日の注目スケジュール:首都圏マンション発売、中消費者物価指数、ネットフリックス決算など – まぐまぐニュース!


<国内>
10:10  国債買い入れオペ(残存期間1年超5年以下と5年超10年以下)(日本銀行)
13:00  首都圏マンション発売(9月)    6.9%

<海外>
10:30  中・消費者物価指数(9月)  1.6%  1.8%
10:30  中・生産者物価指数(9月)  6.3%  6.3%
15:30  印・卸売物価指数(9月)  3.30%  3.24%
16:00  トルコ・失業率(7月)    10.2%
18:00  欧・貿易収支(8月)  233億ユーロ  232億ユーロ
19:25  ブ・週次景気動向調査
21:30  米・ニューヨーク連銀製造業景気指数(10月)  20.4  24.4
26:00  ブ・貿易収支(週次)(10月14日まで1カ月間)    19億200万ドル

中・資金調達総額(中国元)(9月、18日までに)  1兆5727億元  1兆4800億元

中・マネーサプライ(9月、18日までに)

中・元建て新規貸出残高(9月、18日までに)  1兆2000億元  1兆900億元

米・決算発表 ネットフリックス

注:数値は市場コンセンサス、前回数値

9月の米消費者物価指数 0.5%上昇 – 日本経済新聞

 【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が13日発表した9月の消費者物価指数(1982~84年=100)は、季節調整済みで前月から0.5%上昇した。上昇は3カ月連続。上昇率は今年1月以来8カ月ぶりの大きさとなった。ダウ・ジョーンズがまとめた市場予測(0.6%程度)をやや下回った。前年同月比では2.2%上昇した。

 ハリケーン被害の影響でガソリン価格が前月比13.1%上昇し、全体を押し上げた。食品価格は0.1%の上昇だった。全体から食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比で0.1%、前年同月比では1.7%それぞれ上昇した。