自動車・鉄鋼の対米輸出増加は「FTAとは関係ない」 – The Hankyoreh japan (風刺記事) (プレスリリース)

登録 : 2017.10.23 01:29 修正 : 2017.10.23 07:52

国策研究機関の分析で初めて確認 
「韓米FTAによる関税撤廃・引き下げ、 
製造業の輸出にはほとんど影響与えず」 
米国と交渉で分析の結果を提示

現代自動車の輸出船積埠頭に自動車専用の船舶に乗せて外国に輸出される自動車が列をなして停められている=資料写真//ハンギョレ新聞社

 これまで5年間、韓米自由貿易協定(FTA)による米国の特恵関税が、韓国商品の米国輸出の増加に直接的に与えた効果はほとんどなかったという実証分析結果を、通商当局が米国側に提示したことが確認された。この分析が今後、両国間の改定交渉で「韓国に有利で不公正な協定」という米国側の主張に対抗する主な根拠として活用されるものとみられる。  22日、産業研究院の「FTA効果の産業別分析」報告書によると、協定発効(2012年3月)以前と以降(2007~2016年)を対象にFTAの特恵関税(関税撤廃・引き下げ)が韓国の12の製造業の主力商品の対米輸出に及ぼす影響を計量分析した結果、自動車、鉄鋼、一般機械、農林漁業など11品目のほとんどで特恵関税の影響が統計的に意味のある水準で表れないものと推定された。米国消費者の所得水準と交易の変化、為替相場の変動など3つの要因を除去し、純粋に協定文による関税譲許が輸出に与えた効果を実証分析したのは今回が初めてだ。韓国の通商当局は今月4日、ワシントンで開かれた韓米FTA共同委員会第2次会期の交渉テーブルで、この分析結果を米国側に提示した。  この分析ではまた、米国の韓国製造業の商品に対する実際の輸入関税率(平均)は2012年1.2%から昨年0.4%に減ったが、韓米FTA協定が存在しなかった場合は同期間に1.6%(世界貿易機関最恵国の関税率を適用)から1.7%に若干上昇することが分かった。産業研究院は「5年間、米国市場で自動車や鉄鋼、一般機械、その他の製造業の韓国製品の輸入が大幅に増加したが、協定による関税の引き下げとは大きな相関関係がないものと分析された」とし、「実際の関税率と協定が存在しなかった時の関税の引き下げ幅の差が大きくないため、関税の引き下げが韓国産輸入の増加を主導していないものと判断される」と明らかにした。また、「原産地認証のための行政費用などが輸出企業に取引費用として作用し、FTAの活用率が高くないのも特恵関税の効果が低い理由」と指摘した。  通商交渉本部は、先週11日から国策経済研究院らと共に「FTAの終了が韓国経済に及ぼす影響のシナリオ研究」にも着手したという。 チョ・ゲワン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr) 韓国語原文入力: 2017-10-23 04:59
http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/815560.html 訳H.J(1081字)

関連記事

文化体育観光品目の輸出23%増 ゲーム機好調=韓国 – 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部は22日、今年1~7月に文化体育観光分野の主要11品目の輸出額が前年同期比23.5%増の15億5390万ドル(約1556億円)を記録したと発表した。

 品目別では工芸品が7億4120万ドルで最多となり、続いて映画・写真、スポーツ用品、出版、レジャー用品、芸術品、玩具などの順だった。

 なかでもゲーム機は輸出額が310万ドルながら、増加率は137.8%と最も高い増加率を記録した。特に米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国の経済報復で多くの韓国企業が打撃を受ける中、韓国製ゲーム機の対中国輸出の増加が目を引く。韓国製ゲーム機の輸出全体に占める中国向けの割合は2015年に5.2%、16年に8.7%で、今年1~7月は16.0%と拡大が続く。

 一方、1~7月の文化体育観光品目の輸入額は前年同期比6.8%増の34億490万ドルだった。同分野の輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は18億5100万ドルの赤字だった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>

車部品輸出、過去最高の1.2兆円 中部5県17年度上期 – 日本経済新聞

 名古屋税関が20日発表した管内5県(愛知、岐阜、三重、長野、静岡)の2017年度上半期(4~9月)の貿易概況(速報)によると、自動車部品の輸出額は前年同期比16%増の1兆2494億円と2期連続で増え、1979年の統計開始以来、半期として過去最高となった。中国や欧州連合(EU)などで車の現地生産が拡大し、日本からの部品輸出が増えた。

画像の拡大

貿易黒字は2期ぶり増

 輸出総額は10%増の8兆9852億円で4期ぶりに増加した。輸出から輸入を差し引いた貿易収支の黒字額は8%増の4兆5388億円と、2期ぶりに増加した。上半期は輸出額、貿易黒字額とも全国1位だった。

 世界的な景気回復を背景に自動車の海外での生産が拡大し、日本からの部品の輸出が伸びた。愛知県内の大手自動車部品メーカーは「中国向けのギアボックスが好調。工場はフル生産が続いている」と話す。夏ごろから好調な出荷が続いているという。

画像の拡大

 完成車の輸出額も3期ぶりに増加し、4%増の2兆6425億円だった。名古屋税関は「米国向けにSUV(多目的スポーツ車)やピックアップトラックなどが好調だ」と分析する。

 自動車産業の生産ラインで稼働する工作機械などの輸出も上向いている。富士機械製造はロボットを組み込んでライン変更に柔軟に対応する機械を生産している。担当者は「特に中国では品質安定のための自動化ニーズが強い。今春以降、引き合いが強まっている」と話す。アジアの顧客が多いブラザー工業は「中国ではSUV人気で設備投資が底堅い」とし、サービス拠点の増設も視野に入れている。

中国向け輸出額が最高更新

 国・地域別の輸出額では、中国向けが24%増の1兆4033億円で過去最高を更新した。自動車部品だけでなく、科学光学機器、金属加工機械が伸びた。米国向けは9%増の2兆4984億円、EU向けは10%増の1兆2317億円だった。

 管内全体の輸入額は11%増の4兆4464億円と6期ぶりに増加した。原油価格の上昇を受け、液化天然ガス(LNG)や石油製品の価格が上昇したことが影響した。

 同時に発表した9月単月の輸出額は前年同月比11%増の1兆6278億円で、8カ月連続の増加となった。貿易収支の黒字額は前年同月比10%増の8816億円だった。自動車部品は2181億円と12%伸びており、愛知県内の自動車部品メーカーは「当面はこの流れが続きそうだ」と先行きに期待をにじませている。(小野沢健一)

【市況】20日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高と反発、「上海銘柄」急伸 – 株探ニュース

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

20日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比8.48ポイント(0.25%)高の3378.65ポイントと反発した。上海A株指数も上昇し、8.72ポイント(0.25%)高の3538.21ポイントで取引を終えている。

上海拠点の貿易関連銘柄が全体相場を支えた。港湾運営の上海国際港務集団(600018/SH)や保税地区を開発する上海外高橋保税区開発(600648/SH)、総合物流サービスの華貿物流(603128/SH)、卸売や輸出入事業の上海物資貿易(600822/SH)などがそろってストップ高した。“自由貿易区(FTZ)の進化版”と呼ばれ、一段の自由化が進められる「自由貿易港」の設立に上海、アモイ(福建省)が名乗りを上げたことが刺激材料。上海市の韓正・党委書記は19日、「計画を進めている」とコメントした。

非鉄やセメント、鉄鋼の素材株も高い。洛陽モリブデン(603993/SH)が5.5%、安徽海螺セメント(600585/SH)が3.4%、馬鞍山鋼鉄(600808/SH)が2.9%ずつ上昇した。天然ガスや発電の公益株、ITハイテク関連株、不動産株、自動車株の一角などもしっかり。

共産党大会の開催も改めて材料視されている。5年に1度の重要会議が開催中とあって(24日まで)、政策に対する期待感が再び高まった。中国人民銀行(中央銀行)の資金供給もプラス。人民銀は今週、レポ取引で総額で7300億人民元の資金を供給した。過去に実施した満期分との差し引きでは、5600億人民元(約9兆5760億円)の供給超となる。

外貨建てB株相場も値上がり。上海B株指数が5.86ポイント(1.69%)高の352.89ポイント、深センB株指数が7.95ポイント(0.66%)高の1206.23ポイントで終了した。

【亜州IR】

《CS》

 提供:フィスコ

成田空港の輸出額、14カ月連続プラスに – 日本経済新聞

 東京税関が19日発表した成田空港の貿易統計によると、9月の輸出額は9623億円と前年同月に比べて23.8%増加した。14カ月連続で前年実績を上回った。スマートフォン(スマホ)の高性能化で電子部品の使用量が増加し、半導体関連を中心に需要の拡大が続いている。

 主要品目の輸出額をみると、IC(集積回路)や個別半導体などの電子部品は636億円と前年同月に比べて25.0%伸びた。電気計測機器も57.7%増の317億円と好調で「半導体の動作を確認する装置が特に伸びている」(東京税関)という。

 国・地域別では、スマホの生産が盛んな中国本土への輸出額が1590億円と前年同月に比べて41.4%増加。米国向けも39.4%増の1542億円と好調だった。

 9月の輸入額は前年同月に比べて1.6%増の1兆124億円。6カ月ぶりに1兆円を超えた。半導体製造装置が前年同月の2倍以上に増えたほか、タブレット端末やパソコンを含む電算機類、医薬品も伸びた。

近畿輸出、電子部品好調で11%増 4~9月 – 日本経済新聞

 大阪税関が19日発表した近畿2府4県の2017年4~9月(年度上期)の貿易概況(速報)によると、輸出額は前年同期比11.9%増の8兆1534億円と上期として2年ぶりに増加した。金額は14年度下期以来、2年半ぶりの大きさ。

 「半導体等電子部品」が7.6%増の9555億円で半期として過去最高を記録。中国向けのスマートフォン(スマホ)用メモリーなどが好調だった。

 輸入額は13.2%増の7兆1630億円で、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は9903億円の黒字だった。黒字は6半期連続。

 9月単月は輸出額が前年同月比17.3%増の1兆4824億円。「遊戯用具」が255.1%増の401億円で過去最高になった。米国へのゲームソフトの輸出が勢いづいた。海外でも人気の任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けとみられる。

 輸入額は10.9%増の1兆2299億円。貿易収支は2525億円の黒字で、黒字は8カ月連続だった。

9月の対日貿易収支は87億5900万円の黒字、前年同月比 70.2%減 – 日刊ベトナムニュース

 日本の財務省が発表した2017年9月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比で▲70.2%減となる87億5900万円の黒字だった。

 日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+34.8%増の1598億5600万円、ベトナムから日本への輸出額は同+14.0%増の1686億1500万円となっている。

 日本の国・地域別輸出入額は以下の通り。


(注)輸入は各国・地域の日本からの輸入、輸出は各国・地域から日本への輸出。

近畿輸出、電子部品好調で11%増 4~9月 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

 大阪税関が19日発表した近畿2府4県の2017年4~9月(年度上期)の貿易概況(速報)によると、輸出額は前年同期比11.9%増の8兆1534億円と上期として2年ぶりに増加した。金額は14年度下期以来、2年半ぶりの大きさ。

 「半導体等電子部品」が7.6%増の9555億円で半期として過去最高を記録。中国向けのスマートフォン(スマホ)用メモリーなどが好調だった。

 輸入額は13.2%増の7兆1630億円で、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は9903億円の黒字だった。黒字は6半期連続。

 9月単月は輸出額が前年同月比17.3%増の1兆4824億円。「遊戯用具」が255.1%増の401億円で過去最高になった。米国へのゲームソフトの輸出が勢いづいた。海外でも人気の任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けとみられる。

 輸入額は10.9%増の1兆2299億円。貿易収支は2525億円の黒字で、黒字は8カ月連続だった。