「トランプ政権のインフラ整備計画期待でドル高」(達人の予想)(公開日時 … – minkabu PRESS

今晩は米雇用統計

昨日の海外時間には、NYダウなどが堅調に推移する中、リスク選好の動きで円売りが優勢となる中「トランプ米大統領はインフラ整備計画を来年1月に発表」と報じられたことからドル買いが強まりました。

欧州時間、東京時間の流れを引き継いで各国株価が堅調に推移する中ドル買いと円売りが優勢となって、ドル円は112.80円付近まで、ユーロ円は132.90円台まで上昇し、ユーロドルは1.1770台まで下落しました。

NY時間にはいって、米長期金利が一旦低下するとドル売りが優勢となって、ドル円は112.50円台まで下落し、ユーロドルは1.1800付近まで上昇しました。

NY時間午後にはいると米長期金利が反発を始める中「トランプ米大統領はインフラ整備計画を来年1月に発表し、政策課題を推進し続ける方針」と報じられたことからリスク選好の流れで円売りが強まって、ドル円は113.10円台まで、ユーロ円は133.20円台まで上昇しました。一方ユーロドルは、独SPDが党大会でメルケル首相のCDUとの連立協議支持を可決したことから1.1810台まで上昇したあと、全般的なドル買いが強まったことから1.1770台まで反落しました

東京時間朝方、米議会が2週間の暫定予算案を可決して政府機関の閉鎖を回避したことからドル買いが優勢となっています。

FF金利先物市場の年内のFOMC追加利上げ織り込み度合いは100%で変わらず、2018年6月の2回目の利上げの織り込みは約81%で変わらずでした。

今日の海外時間には米・11月雇用統計の発表があるほか、独・10月貿易収支/経常収支、英・10月鉱工業生産、英・10月貿易収支米・12月ミシガン大学消費者信頼感指数の発表があります。

引き続き米税制改革に対する期待でリスク選好の動きが底流にある中、トランプ政権が来年1月30日の一般教書演説に先立って、インフラ整備計画の発表をする、と報じられたことから米長期金利が上昇してドル買いが強まりました。米長期金利は水曜日にエルサレム問題を受けて一旦は最近の最低水準近くまで低下しましたが昨日一気に反発しています。NYダウも最高値からやや反落していましたが昨日は上昇して、リスク選好の動きが戻っています。

ロシア・ゲート問題や、今晩行われる緊急国連安全保障理事会でエルサレム問題が討議されることなどリスク後退になる要因も残っていますが、市場はポジティブな材料に反応しやすくなっていると考えられます。

【関連ニュース】
8e68bf181

高野やすのり (たかのやすのり)

(株)FXプライムbyGMOチーフストラテジスト

今日の注目スケジュール:GDP改定値、独貿易収支、米非農業部門雇用者数など – まぐまぐニュース!


<国内>
08:50  GDP改定値(7-9月)  1.3%  1.4%
08:50  国際収支(10月)  1兆7404億円  2兆2712億円
08:50  貸出・預金動向(11月、日本銀行)
09:00  毎月勤労統計(10月)  0.8%  0.9%

<海外>
16:00  独・貿易収支(10月)  210億ユーロ  241億ユーロ
16:00  独・経常収支(10月)    254億ユーロ
18:30  英・鉱工業生産指数(10月)  -0.1%  0.7%
18:30  英・商品貿易収支(10月)  -115.5億ポンド  -112.53億ポンドNEW_LIN
E

20:00  ブ・拡大消費者物価指数IPCA(11月)  0.35%  0.42%
22:30  米・非農業部門雇用者数(11月)  19.8万人  26.1万人
22:30  米・失業率(11月)  4.1%  4.1%
22:30  米・平均時給(11月)  2.7%  2.4%
24:00  米・ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(12月)  98.9  98.5__NEW_LI
NE__
24:00  米・卸売在庫(10月)    -0.4%

印・貿易収支(11月、15日までに)    -140億1880万ドル

中・貿易収支(11月)    2544.7億元

米・暫定予算が失効、債務上限の適用停止期限

注:数値は市場コンセンサス、前回数値

UPDATE 1-今日の株式見通し=続伸、ハイテク株主導の米株高の流れ … – ロイター

[東京 8日 ロイター] – きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸の展開が見込まれる。米株がハイテク株主導で上昇した流れを受けて、日本株もハイテクを中心に自律反発が継続すると見られている。

ただ、買い上がる新規の材料に乏しく、上昇余地は限られそうだ。きょうはメジャーSQ(特別清算指数)算出があり、その影響にも関心が寄せられている。

日経平均の予想レンジは2万2400円─2万2700円。

前日の米株価は、フェイスブック(FB.O)やアルファベット(GOOGL.O)などの大手ハイテク株が主導して上昇。S&P総合500種.SPXは5日ぶりに反発した。8日に引き上げ期限を迎える連邦債務上限問題はさほど懸念されていないとみられている。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は2万2585円、大阪取引所の夜間終値は2万2620円だった。寄り付きはこれらの水準を意識して反発しそうだ。

もっとも、買い一巡後は伸び悩みも見込まれる。日本勢は基本的に押し目待ちの上、海外勢が積極的に買い上がる材料に乏しく、上値では利益確定売りが出やすいとみられている。「半導体関連株の調整が終わったかどうか見極めないといけない。大きく調整した後の小反発に過ぎないかもしれない」(いちよしアセットマネジメントの上席執行役員、秋野充成氏)との声も聞かれる。

主なスケジュールとしては、メジャーSQの算出があるほか、国内では7─9月GDP改定値、10月国際収支などの発表がある。海外では中国11月貿易統計、米11月雇用統計や12月ミシガン大消費者信頼感指数速報値のほか、独10月貿易収支などの発表がある。米連邦政府の暫定予算と連邦債務上限の一時的引き上げの期限でもある。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22498.03 23382.15 18224.68

+320.99 2017年11月9日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物3月限 22585(円建て)

*内容を追加します。

平田紀之

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

豪10月貿易収支、黒字額が大幅縮小 – NNA ASIA・オーストラリア・経済 … – NNA.ASIA

豪政府統計局(ABS)は7日、10月の貿易収支(季節調整値)が1億500万豪ドル(約89億円)の黒字だったと発表した。黒字額は前月から14億9,900万豪ドル減少した。市場予測(14億豪ドルの黒字)を大きく下回った。金属鉱石や鉱物の輸出が減少したことが、黒字幅の大幅な減少につ…

再送-8日の国内・海外経済指標と行事予定 – ロイター – ロイター

 (最新情報に更新しました)
*指標の発表内容・予測・過去の記事などは各項目の をクリックしてご覧ください。    *最新の経済指標発表予定と予想一覧は cpurl://apps.cp./Apps/economic-monitor をクリックしてご覧に
なれます。 *「新規上場日程一覧」は をご覧ください。 ------------------------------------------------------------ ●国内経済・指標関係 0800 12月ロイター企業調査
0850 7─9月GDP改定値(内閣府)
0850 11月貸出・預金動向(日銀)
0850 10月国際収支(財務省)
0850 対外及び対内証券売買契約等の状況(11月中:指定報告機関ベース、財務省)
0900 10月毎月勤労統計(厚労省)
0915 閣議
1300 衆院本会議 1400 11月景気ウオッチャー調査(内閣府)
1600 臨時閣議、閣議後会見 ●海外指標など
(時間表記はGMT、日本時間はGMTプラス9時間) 8日(金) ◇指標
07:00 独:貿易収支(連邦統計庁) Oct 07:45 仏:鉱工業生産(INSEE) Oct 09:30 英:鉱工業生産(国立統計局) Oct 09:30 英:貿易収支(国立統計局) Oct 13:30 米:雇用統計(労働省) Nov 15:00 米:卸売在庫(商務省) Oct 15:00 米:ミシガン大消費者信頼感指数速報値 Dec 中国:貿易統計 Nov ◇イベント
米連邦政府の暫定予算の期限 
私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、貿易黒字縮小で NZドル横ばい – ロイター

[シドニー/ウェリントン 7日 ロイター] – オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルが2週間以上ぶりの安値。10月の貿易収支で、主要輸出品である鉄鉱石の価格下落により黒字額が縮小した。ニュージーランドドルは最近のレンジで推移している。

豪ドルは一時、0.3%安の0.7542米ドルを付けた。この日発表された貿易黒字は1億0500万豪ドルとなり、9月の16億豪ドルから縮小。予想の13億7500万豪ドルも下回った。

黒字は12カ月連続で、2011年以来の長期連続。

第3・四半期、国内総生産(GDP)への輸出による寄与度はゼロだった。ただ、主要輸出品である鉄鉱石の価格は最近上昇しており、11月の輸出は増加となる見込みだ。中国大連商品取引所の鉄鉱石先物は同月、16.5%上昇した。

輸出先の中国では産業汚染の取り締まりが強化されており、エコノミストらは取引高が回復するかどうかは不明だとみている。

キャピタル・エコノミクスのチーフエコノミスト、ポール・デールズ氏は「概して、貿易収支が数カ月以内に、少なくとも短期的な赤字に陥る可能性はある」と予想。「まだ早期の段階だが、純輸出が第4・四半期の成長率をわずかに抑制するかもしれない」と述べた。

NZドルは0.6879米ドルで横ばい。水準は11月末から、0.6830―0.6913米ドルの狭いレンジで推移している。6日には1週間ぶり高値の0.6916米ドルを付けていた。

豪国債先物は、3年物が1ティック高の98.050、10年物は1.5ティック安の97.4600。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

豪州10月貿易収支結果(17/12/7) | FX羅針盤 – FX羅針盤

10月の豪州貿易収支が発表されましたが、エコノミスト予想平均を大きく下回る+1.05億豪ドルになりました。予想レンジ下限をも下回った訳ですから、かなり想定外の黒字幅減少になっています。また、9月も当初の+17.45億豪ドル→+16.04億豪ドルに下方修正されたので、2か月勘案すると若干赤字となりました。やはり10月は季節要因が響いている模様です。第4四半期最初の数値が悪いので、GDPベースではマイナス方向に足を引っ張る要因となります。

内容としては、9月と比べて10月は、

輸出が   9月327.74豪ドル、       10月318.71億豪ドル、
輸入が   9月311.70豪ドル、       10月317.66億豪ドル、
差引      +16.04豪ドル        +1.05億豪ドル

となり、外需減少・内需拡大となっています。国内経済は拡大している模様です。