独輸出、10月は前月比-0.4% 予想外のマイナス – ロイター

[ベルリン 8日 ロイター] – ドイツ連邦統計庁が8日発表した10月の貿易統計(季節調整済み)は、輸出が予想に反して減少した。一方、輸入は予想以上に増加した。

 12月8日、ドイツ連邦統計庁が発表した10月の貿易統計(季節調整済み)は、輸出が予想に反して減少した。写真はドイツ・キールの港で1月撮影(2017年 ロイター/Fabian Bimmer)

国内需要が好調なことが浮き彫りとなった。ドイツ経済は雇用・実質賃金の改善、インフレ抑制、超低金利を背景に、消費主導で拡大している。今年は2%以上の経済成長が予想されている。

10月の輸出は、前月比0.4%減少。輸入は同1.8%増加した。ロイターがまとめた市場予想は、輸出が1.0%増、輸入が1.1%増だった。

INGのエコノミスト、カルステン・ブルゼスキ氏は「ドイツ産業は夏の初め以降、多少浮き沈みが激しくなっている」と指摘。予想を下回った後は、力強く回復するという流れが続いているとの見方を示した。

「月間統計には、休暇や天候要因といったノイズがあるが、基調は明らかに上向きだ。今年は輸出が再び成長の重要なけん引役となっている」という。

内訳(調整前)では、欧州連合(EU)諸国からの輸入が10.1%急増。非EU諸国からの輸入は4.8%増加した。

貿易収支は199億ユーロの黒字で、黒字額は上方改定された9月の219億ユーロから縮小した。市場予想は218億ユーロの黒字だった。

経常収支(調整前)は、181億ユーロの黒字。上方改定された9月の258億ユーロの黒字を下回った。

前日発表された10月の独鉱工業生産指数は、予想外に低下した。エコノミストは、祝日があったことから、連休をとる労働者が多かったことが主因だと指摘している。

ブルゼスキ氏は、第4・四半期の経済成長率が鈍化する可能性があるとの見方を示した。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

経常黒字、過去最大2.1兆円=海外配当や訪日客増-10月 – 時事通信

 財務省が8日発表した10月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービスの取引、投資収益の状況を示す経常収支の黒字額は、前年同月比40.7%増の2兆1764億円となった。黒字は40カ月連続で、黒字幅は10月としては過去最大。円安を背景に企業が海外子会社から受け取る配当金が増えたほか、訪日観光客の増加でサービス収支の赤字幅も縮小した。(2017/12/08-11:29) 関連ニュース

【経済記事一覧へ】 【アクセスランキング】

10月の経常収支、2兆1764億円の黒字 10月として過去最大 – 日本経済新聞

 財務省が8日発表した10月の国際収支状況(速報)によると、海外との総合的な取引状況を示す経常収支は2兆1764億円の黒字だった。黒字は40カ月連続。黒字額は前年同月に比べて6298億円拡大し、10月としては過去最大だった。海外企業から受け取る配当金や投資収益を示す第1次所得収支の伸びが寄与した。

 第1次所得収支は1兆9405億円の黒字と、黒字額が4656億円拡大した。外国為替市場で円安となり、海外子会社から受け取る配当金が増加。米金利の上昇に伴い債券利子の受け取りも増えた。

 サービス収支は334億円の赤字。赤字額は2935億円縮小した。訪日外国人が増えて旅行収支は1601億円の黒字と、10月として過去最大の黒字だった。知的財産権などに関する使用料の支払いも減少した。

 貿易収支は4302億円の黒字と、黒字額が1357億円縮小した。原油価格の上昇で原粗油や石油製品などの輸入が伸び、輸入全体で18.5%増加。アジア向けの好調で輸出も14.3%増えたが、輸入の伸びが上回った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

経常収支、10月は2兆1764億円の黒字 市場予想上回る – ロイター

[東京 8日 ロイター] – 財務省が8日発表した国際収支状況速報によると、10月の経常収支は2兆1764億円の黒字となった。ロイターが民間調査機関に行った事前調査の予測中央値は1兆7205億円程度の黒字で、市場予想を上回った。

 12月8日、国際収支状況速報によると、10月の経常収支は2兆1764億円の黒字となった。都内で3月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

経常収支のうち、貿易・サービス収支は3967億円の黒字だった。サービス収支が赤字幅を縮小し、貿易・サービス収支の黒字幅が広がった。

第1次所得収支は1兆9405億円の黒字、第2次所得収支は1608億円の赤字だった。

経常収支の黒字は40カ月連続。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

10月経常収支、57億米ドルの黒字 – NNA.ASIA



韓国銀行(中央銀行)が5日発表した2017年10月の国際収支動向(速報値、FOBベース)によると、同月の経常収支は57億2,000万米ドル(約6,440億円)の黒字となった。前年同月比で25.6%減少。秋夕(中秋節)連休で海外旅行者が増加して、サービス収支の赤字は過去最高となっ…

10月経常収支、57億米ドルの黒字 – NNA ASIA・韓国・経済一般・統計 – NNA.ASIA



韓国銀行(中央銀行)が5日発表した2017年10月の国際収支動向(速報値、FOBベース)によると、同月の経常収支は57億2,000万米ドル(約6,440億円)の黒字となった。前年同月比で25.6%減少。秋夕(中秋節)連休で海外旅行者が増加して、サービス収支の赤字は過去最高となっ…

〔マーケットアイ〕外為:ドル112円前半に軟化、株安や米長期金利低下受け – ロイター

[東京 5日 ロイター] –

<10:18> ドル112円前半に軟化、株安や米長期金利低下受け

ドルは112.42円付近。株安や米長期金利の低下を受けて小幅に反落している。前日は、米上院が税制改革法案を可決したことを受け、113.09円と3週間ぶりの高値を付けたものの、113円台に定着できなかったことで、ドルの地合いは強くない。

英ポンド/円は、英国の欧州連合(EU)離脱交渉で、アイルランド国境問題に前進の可能性が伝えられたことで、前日152.95円と昨年6月のブレグジット決定以来の高値を付けたが、現在は151円半ばで軟調気味となっている。

豪連邦統計局によると、第3四半期の豪経常収支は91.0億豪ドルの赤字となった。予想は92億豪ドルの赤字。また、10月の豪小売売上高は前月比プラス0.5%となった。予想はプラス0.3%だった。

豪ドルはこれらの指標を挟んで、0.7630ドルまで上昇している。早朝の取引で豪ドルは0.75ドル台後半だった。

<09:49> 英ポンド1.34ドル後半、前日はアイルランド国境問題巡り乱高下

英ポンドは1.3472ドル付近。前日の外為市場では、英国の欧州連合(EU)離脱交渉でアイルランド国境問題で前進の可能性が伝えられたことで、1.3538ドルまで急伸した。しかし、その後、EU離脱後の英領北アイルランドにEUルールを適用し続けるとする、英政府とアイルランド政府との暫定合意に北アイルランド側が反発したため、ポンドは急反落した。

英ポンド/円は一時152.95円まで上昇し、2016年6月24日以来の高値をつけた。現在は151.52/57円の気配。

ポンドの現行水準について、「ニュートラルな水準に戻ったという印象だ。まだ、本気で(ポンドを)買っている人はいないだろう」とFXプライムbyGMO、常務取締役 の上田眞理人氏はみており、清算金問題かアイルランド問題のどちらかが進展していけば、ポンド高が継続すると予想している。

3日付の英日曜紙メール・オン・サンデーの世論調査によると、有権者のうちEU離脱に関する再投票の実施に50%が賛成した。反対は34%、分からないが16%だった。英国がEUに約500億ユーロの清算金を支払う意向と報じられて以降、初めての主要世論調査だったが、支払いを支持した有権者は11%にとどまり、31%は全く支払う必要はないと主張した。

<08:50> ドル112円半ば、ロシアゲートが重石で113円定着は困難か

ドルは112円なかば。前日の海外市場は、米上院が税制改革法案を可決したことを受け、ドルが113.09円と3週間ぶりの高値を付けた。

しかしその後は、ロシアゲート関連の報道を受け、112.36円まで下落するなど、ロシアゲートを巡る捜査の進展と関連報道がドルの上値を抑えている。

ロシアゲートに絡んで連邦捜査局(FBI)に偽証したとして訴追されたフリン前大統領補佐官について、トランプ大統領は4日、「不公平だ」とホワイトハウスで記者団に述べ、モラー特別検察官が統括する捜査を批判した。  一方、トランプ氏の娘婿で、大統領上級顧問のクシュナー氏は昨年12月22日頃、イスラエルの国連決議を巡りロシアの当局者らに連絡を取るよう、フリン氏に指示していたことが明らかになっている。   為替市場では「ロシアゲート問題が政権の中枢に及んできていることで、ドルの上値が重くなっている」(外為アナリスト)と述べ、ドルが近々113円台に定着するのは困難との見方を示した。

また、ティラーソン米国務長官の更迭論が浮上するなか、複数の関係筋は、トランプ大統領就任1年の節目に合わせてコーン国家経済会議(NEC)委員長やクシュナー氏を含む政権ポストが刷新される公算が大きいと明らかにした。

ホワイトハウスの関係筋によると、コーン氏は税制改革法案に関する議会の取り組みが完了してから辞任することを検討してきたという。

1人の関係筋は、クシュナー氏について、昨年の米大統領選へのロシア介入疑惑で同氏の関与が捜査の焦点となるか、「面目を保つ」形での退任を認められる可能性があると指摘した。

また、コーン、クシュナー氏のような上級職に限らず、ホワイトハウスの顧問ポストに就くスタッフは、トランプ氏の就任1年の節目や税制改革法案の成立に合わせて辞職する可能性があり、混乱が生じる恐れがある。

<07:44> ドル112─113円の見通し、ロシアゲート調査の進展に関心

ドル/円は112.47円付近、ユーロ/ドルは1.1868ドル付近、ユーロ/円は133.46円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が112.00―113.00円、ユーロ/ドルが1.1820─1.1920ドル、ユーロ/円が133.00―134.00円とみられている。

前日のニューヨーク市場では、米上院が税制改革法案を可決したことを受け、ドルが上昇し、対円で3週間ぶり高値113.09円をつけた。下院は内容の異なる独自案を可決済みで、両院協議会で法案の一本化作業に入る。協議は今週にも始まる見通し。

しかし、その後は、ロシアゲート問題で米調査当局が下院議員2名を捜査すると報じられたことをきっかけに、ドルは上げ幅をほぼ全て返上した。

ロシアゲート問題の調査が米政権の中枢に及んできたことで、市場が関心を寄せる中「113円に近付くと利益確定売りがでやすい環境となりそうだ。ただ、112円台前半では押し目買いも入りやすい」(外為アナリスト)とされ、東京時間は112.20―112.80円がコアレンジになると予想される。

午前中には豪経常収支や小売売上高、午後には中国のサービス部門PMIなどが予定されている。また、夜には米製造業PMI改定値や、ISM非製造業景況指数などの指標が予定される。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

〔マーケットアイ〕外為:ドル112円半ば、ロシアゲートが重石で113円定着は困難か – ロイター

[東京 5日 ロイター] –

<08:50> ドル112円半ば、ロシアゲートが重石で113円定着は困難か

ドルは112円なかば。前日の海外市場は、米上院が税制改革法案を可決したことを受け、ドルが113.09円と3週間ぶりの高値を付けた。

しかしその後は、ロシアゲート関連の報道を受け、112.36円まで下落するなど、ロシアゲートを巡る捜査の進展と関連報道がドルの上値を抑えている。

ロシアゲートに絡んで連邦捜査局(FBI)に偽証したとして訴追されたフリン前大統領補佐官について、トランプ大統領は4日、「不公平だ」とホワイトハウスで記者団に述べ、モラー特別検察官が統括する捜査を批判した。  一方、トランプ氏の娘婿で、大統領上級顧問のクシュナー氏は昨年12月22日頃、イスラエルの国連決議を巡りロシアの当局者らに連絡を取るよう、フリン氏に指示していたことが明らかになっている。   為替市場では「ロシアゲート問題が政権の中枢に及んできていることで、ドルの上値が重くなっている」(外為アナリスト)と述べ、ドルが近々113円台に定着するのは困難との見方を示した。

また、ティラーソン米国務長官の更迭論が浮上するなか、複数の関係筋は、トランプ大統領就任1年の節目に合わせてコーン国家経済会議(NEC)委員長やクシュナー氏を含む政権ポストが刷新される公算が大きいと明らかにした。

ホワイトハウスの関係筋によると、コーン氏は税制改革法案に関する議会の取り組みが完了してから辞任することを検討してきたという。

1人の関係筋は、クシュナー氏について、昨年の米大統領選へのロシア介入疑惑で同氏の関与が捜査の焦点となるか、「面目を保つ」形での退任を認められる可能性があると指摘した。

また、コーン、クシュナー氏のような上級職に限らず、ホワイトハウスの顧問ポストに就くスタッフは、トランプ氏の就任1年の節目や税制改革法案の成立に合わせて辞職する可能性があり、混乱が生じる恐れがある。

<07:44> ドル112─113円の見通し、ロシアゲート調査の進展に関心

ドル/円は112.47円付近、ユーロ/ドルは1.1868ドル付近、ユーロ/円は133.46円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が112.00―113.00円、ユーロ/ドルが1.1820─1.1920ドル、ユーロ/円が133.00―134.00円とみられている。

前日のニューヨーク市場では、米上院が税制改革法案を可決したことを受け、ドルが上昇し、対円で3週間ぶり高値113.09円をつけた。下院は内容の異なる独自案を可決済みで、両院協議会で法案の一本化作業に入る。協議は今週にも始まる見通し。

しかし、その後は、ロシアゲート問題で米調査当局が下院議員2名を捜査すると報じられたことをきっかけに、ドルは上げ幅をほぼ全て返上した。

ロシアゲート問題の調査が米政権の中枢に及んできたことで、市場が関心を寄せる中「113円に近付くと利益確定売りがでやすい環境となりそうだ。ただ、112円台前半では押し目買いも入りやすい」(外為アナリスト)とされ、東京時間は112.20―112.80円がコアレンジになると予想される。

午前中には豪経常収支や小売売上高、午後には中国のサービス部門PMIなどが予定されている。また、夜には米製造業PMI改定値や、ISM非製造業景況指数などの指標が予定される。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」

日本企業はなぜ利益を貯め込みたがるのか―中国メディア – Record China

企業が現金を貯め込む問題が日本で論争の的となっている。日本銀行(中央銀行)が発表したデータによると、2017年6月末現在、非金融業の企業が保有する現金と預金残高が254兆円に達している。これは日本企業が利益を内部留保して貯め込んだものに他ならない。財務省の調査データでは、日本の全産業の企業が昨年に内部留保した利益は460兆円を突破し、1998年の3.5倍以上に増えている。(文:張玉来・南開大学日本研究センター副センター長)

日本企業はなぜこれほど利益を貯め込みたがるのだろうか。まず、バブル経済の痛ましい教訓ということが挙げられる。1990年代以前、日本企業は政府部門と同様に長期にわたる資金不足の状態にあり、銀行のリテール部門の預金資金を借り入れて各種投資を行うのが一般的だった。バブルが崩壊すると、銀行の貸し渋りや貸し剥がしが普通に行われるようになり、資金調達で困難に陥った企業は財務戦略の転換を迫られた。

日本企業の戦略転換には次の4つの特徴がみられる。第1に、外部からの借り入れを極力減らすと同時に、自己資本の充実を図って経営の安定を確保した。第2に、技術の進歩と経済グローバル化が企業の経営リスクを絶えず増大させたため、日々激しさを増す競争や各種の危機によりよく対処するため、企業は絶えずコストを削減し、利益の内部留保を増やし、この特徴は08年の国際金融危機以降はさらに鮮明になった。第3に、新たな投資分野やブレークスルーをもたらす技術革新の不足も、企業の利益の内部留保を押し上げる要因となった。少子高齢化の流れの影響を受けて、日本国内市場は縮小を続け、自動車などの主要製品の売り上げも減少を続けた。また、ここ数年の新技術革命、たとえば情報技術(IT)、人工知能(AI)などはいずれも米国が中心となっている。第4に、急速な海外転換を進める日本企業は資本を蓄積してグローバル経営体制を構築する必要があり、しばしば海外市場の開拓を未来の成長戦略の核心に据え、直接投資を行うにせよ買収合併(M&A)を進めるにせよ、大量の資本を後ろ盾とする必要があった。

企業が利益の内部留保を拡大し続けることが、日本経済に重大な影響を与えている。まず、所得分配の比率を大幅に押さえ込み、日本の労働分配率(付加価値に占める人件費の割合)は数年続けて低下し、1977年のピーク時の76%から現在は61%に低下した。これは日本の実質所得水準がなかなか上昇しない深層レベルの原因であり、国内総生産(GDP)の60%以上を占める個人消費を長期間低迷させている。次に、日本企業の海外市場への熱意が、産業空洞化現象をもたらしている。日本企業の海外直接投資額は現在、1兆4千億ドル(1ドルは約111.9円)に迫り、製造業の海外生産比率は25%を超えた。だが、こうしたことが日本経済に与える影響はすべてがマイナスというわけではない。プラス面として、企業が自身のリスク抵抗力を高め、国際競争力を強化し、日本経済の基礎固めをできるようになること、企業の海外投資による利益が日本の経常収支の黒字の重要な柱になりつつあることが挙げられる。15年には海外での特許収入や投資利益を含む日本の所得収支の規模が初めて20兆円を突破し、貿易赤字の削減に有効に働いた。

企業が預金を増やすのは日本だけの現象ではない。近年、欧米の企業も現金預金の規模が軒並み拡大しており、そのうち、ドイツ企業の預金は同国のGDPの8%を超えるほどだ。この問題をどうやって解決するかは世界的な難問になりつつある。日本は鳩山由紀夫内閣の時代に企業の内部留保への課税が検討されたが、二重課税になるとして、いまだに実現していない。どうやら、より深層レベルの構造改革こそが、企業の預金規模を縮小する最良の手段だと考えられる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。