【材料】エスクリのフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース

エスクリ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2017年10月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

エスクリ<2196>

3ヶ月後
予想株価
930円

ブライダル事業が主力。ゲストハウスや専門式場など多様な施設形態でサービス提供。きめ細やかな接客力が強み。ブライダル関連事業は堅調。前期出店施設の稼働等が寄与。既存店も堅調。18.3期1Qは黒字転換。

建築不動産関連事業は好調。大型建設工事の竣工等が寄与。ブライダル関連事業の受注残件数は増加。18.3期通期は2桁営業増益を見込む。PERには上値余地が残る。業績期待により当面の株価は上昇基調継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/30,400/1,550/1,430/800/67.03/12.00
19.3期連/F予/32,000/1,700/1,580/900/75.41/12.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/11
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

エスクリのフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!


※この業績予想は2017年10月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

エスクリ

3ヶ月後
予想株価
930円

ブライダル事業が主力。ゲストハウスや専門式場など多様な施設形態でサービス提供。きめ細やかな接客力が強み。ブライダル関連事業は堅調。前期出店施設の稼働等が寄与。既存店も堅調。18.3期1Qは黒字転換。

建築不動産関連事業は好調。大型建設工事の竣工等が寄与。ブライダル関連事業の受注残件数は増加。18.3期通期は2桁営業増益を見込む。PERには上値余地が残る。業績期待により当面の株価は上昇基調継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/30,400/1,550/1,430/800/67.03/12.00
19.3期連/F予/32,000/1,700/1,580/900/75.41/12.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/11
執筆者:YK

【材料】サイタホールディングスのフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース

※この業績予想は2017年10月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

サイタホールディングス<1999>

3ヶ月後
予想株価
200円

建設事業、砕石事業が中核。産業廃棄物処理や酒類事業も展開。完成工事高は3Qに偏重する傾向。砕石事業は横ばい。建設事業は黒字転換。工事原価の削減などが寄与。受注高、完成工事高は2桁増。17.6期は黒字転換。

建設事業では新工法の営業強化。砕石事業では製造原価の低減、販路拡大に注力。期初繰越工事は豊富。18.6期は2桁増収計画。今期業績見通しは強弱感対立だが、株価指標の割安感や75日線が株価の下値をサポートへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.6期連/F予/5,200/230/210/130/20.62/3.00
19.6期連/F予/5,400/250/230/150/23.79/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/11
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

【材料】サンユー建設のフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース

サンユ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2017年10月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

サンユー建設<1841>

3ヶ月後
予想株価
1,000円

総合建設業や金属製品製造業、不動産業などを展開。東京の城南地域中心。熱海でホテル運営も。建築事業は完成工事高が増加。不動産事業は売上増。販売用不動産の分譲販売が増加等が寄与。18.3期1Qは2桁増収。

金属製品事業は鋼製型枠パネルが売上減。建築事業の受注高は2桁増。その他事業は売上堅調。18.3期通期は2桁増収計画。流動性は乏しいが、PBRは1倍を大きく割り込む水準。割安感是正の動きが株価を下支えへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期単/F予/8,900/520/540/380/107.84/25.00
19.3期単/F予/9,200/550/570/400/113.52/25.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/10
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

森組のフィスコ二期業績予想 | 個別株 – 株探ニュース – かぶたん – 株探ニュース

森組 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2017年10月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

森組<1853>

3ヶ月後
予想株価
210円

関西地盤の地方ゼネコン。旭化成ホームズが筆頭株主。高速道路や耐震補強工事、治水・利水事業で実績。工事受注高は堅調。主力の建設事業は売上、利益ともに好調。砕石事業も業績寄与。18.3期1Qは収益好調。

土木部門は民間向け受注が伸び悩むが、建築部門は官公庁向けが伸長。18.3期通期は増収計画。株価は75日線などがサポートとして機能。株価指標には上値余地があり、今後の株価は割安感是正の動きが先行へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期単/F予/33,000/1,410/1,360/1,000/30.53/3.00
19.3期単/F予/33,700/1,480/1,430/1,050/32.06/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/10
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

佐田建設のフィスコ二期業績予想 | 個別株 – 株探ニュース – 株探ニュース

佐田建 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2017年10月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

佐田建設<1826>

3ヶ月後
予想株価
480円

社会インフラ整備等を手掛ける総合建設企業。本社は群馬県前橋市。教育施設や医療・福祉施設、マンション建設等も手掛ける。群馬県庁等で施工実績。18.3期1Qは業績低調。手持ち工事の完成時期の相違等が影響。

土木関連の受注高は大幅増。繰越高は2桁増。18.3期通期は増収計画。労務費等の上昇が収益面に響く。業績面は株価の重しだが、PBRは割安感の強い水準。株価の下値余地は乏しく、当面は強含みの展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/31,100/1,000/1,000/880/56.75/13.00
19.3期連/F予/31,600/1,050/1,050/930/59.97/13.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/10
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

【材料】三井住友建設のフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース

三井住友建設 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2017年10月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

三井住友建設<1821>

3ヶ月後
予想株価
700円

三井・住友グループの準大手ゼネコン。PC橋梁建設・超高層建築技術が強み。配当性向20%以上目処。国内官公庁向けは土木工事、建築工事ともに完成工事高が増加。売上原価率は低下。18.3期1Qは2桁増益。

18.3期上期利益計画を上方修正。完成工事総利益が想定を上回る見通し。手持工事の利益率向上等が寄与。国内民間向けなど建築工事は受注堅調。業績面は織り込み済み。株価指標の上値余地は乏しく、株価は上昇一服へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/427,000/26,500/24,500/17,000/104.57/15.00
19.3期連/F予/429,000/27,000/25,000/17,300/106.42/15.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/10
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

大盛工業のフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!


※この業績予想は2017年10月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大盛工業

3ヶ月後
予想株価
230円

上・下水道の施工等を手掛ける建設事業が主力。不動産事業等では不動産物件の販売、太陽光発電設備の建設・販売等を手掛ける。東京都発注工事の受注を積極化。17.7期は建設事業で完成工事高、工事収益が増加。

老朽化した下水道管の再構築工事、道路冠水対策工事等は受注続く公算。18.7期は2桁増収、営業増益見通し。太陽光発電設備等の販売を引き続き推進。テーマ性や株価指標の割安感が当面の株価上昇をサポートへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.7期連/F予/4,250/240/290/235/15.84/5.00
19.7期連/F予/4,550/270/320/260/17.52/5.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/10
執筆者:YK

日本乾溜工業のフィスコ二期業績予想 | 個別株 – 株探ニュース – 株探ニュース

※この業績予想は2017年10月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本乾溜工業<1771>

3ヶ月後
予想株価
540円

公共工事主体の建設事業が主力。防災安全事業や化学品事業も展開。防護柵など交通安全施設工事、トンネルのメンテナンス工事は受注好調。建設工事関連資材は法面・土木資材の販売が増加。17.9期3Qは2桁増収増益。

防災安全事業では官公庁中心に備蓄用資機材の販売が増加。産業安全衛生用品の販売も堅調。17.9期通期計画据え置きは保守的。株価は年初来高値圏だが、PBRは1倍を大きく割り込む水準。当面は水準訂正先行へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.9期連/F予/11,600/610/640/410/81.35/4.00
18.9期連/F予/12,300/660/690/440/87.30/4.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/10
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

ビーアールホールディングスのフィスコ二期業績予想 | 個別株 … – 株探ニュース

Br.HD <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2017年10月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ビーアールホールディングス<1726>

3ヶ月後
予想株価
390円

建設事業が主力。製品販売事業、情報システム事業、不動産管理事業も展開。M&Aに積極的。北陸新幹線の黒部川橋りょう等で実績。業績は下期偏重。建設事業は好調。手持ち工事が順調に進捗。18.3期1Qは黒字転換。

大型工事増加で受注高は伸長。製品販売事業では耐震補強用建築部材等が需要増。不動産賃貸事業は堅調。18.3期通期は2桁増収計画。好業績は織り込み済み。PBRの上値余地は乏しく、当面の株価は上げ渋る展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/28,000/1,600/1,550/1,000/25.74/5.00
19.3期連/F予/28,800/1,700/1,650/1,100/28.32/5.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/10
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ