新車ディーラーに他メーカーのクルマを持ち込んでも対応してくれるのか? – 毎日新聞

情報提供:カートップ

日本車ディーラーに他メーカーの日本車の持ち込みは問題ない

 新車ディーラーの店舗にはたいていピット施設が併設され、クルマの修理や点検などを行っている。それでは、その店舗で取り扱っていない他メーカーのクルマをまったくのフリーとして持ち込むと果たして点検や整備、修理などは行ってもらえるのだろうか?

 はじめに結論を述べると、日系ブランド系ディーラーでは、海外ブランドの輸入車に関しては点検や整備、修理は請けおわないが、日系ブランド車ならば、取り扱いしているかいないかに関係なく、受け入れてもらえるとのことである。

 新車販売は長期間に渡って不振状況が続いている。販売台数が減るとともに売れ筋車種の排気量やボディサイズのダウンサイズが進んだことで、1台あたりの利益も減ってきており「新車販売だけではなかなか食っていけない」とするディーラーがほとんどとも聞く。

 そのなかでディーラー収益の頼みの綱となっているのが、車検や法定点検、整備などのアフターメンテナンス部門である。しかしこの分野も、軽自動車やコンパクトカーなど経済性が重視されるクラスを中心に、車検などは格安車検業者やガソリンスタンドに客が流れ、”点検入庫率”のダウンに悩まされている。

 他の業者へ流れるのを食い止めるために登場したのが”メンテナンスパック”などと呼ばれるもの。メーカーなどで呼称は異なるが、おもに新車購入時に初回車検までなど、一定期間内の定期点検やオイル交換などにかかる費用を前払いすることで割安になるというもの。前払いしてもらうことで、他業者へ流れずに囲い込みが可能となっている。

 あれこれ点検入庫率アップに奔走する各ディーラーがここのところさらに、自社取り扱い車以外(つまり他メーカー車)の車検入庫に、より積極的になっている。

 このあたりの事情について販売現場で聞いてみると、「弊社が今まで販売したお客様、つまり管理ユーザーとも呼んでいるお客様のなかで高齢になったことなどを理由にしてクルマを手放すケースが顕著となり、これによる入庫率ダウンが深刻化してきているので、今は飛び込みでの車検入庫などは大歓迎なのです」とのこと。

 本格的な人口減少社会に突入する日本。そのなかでも高齢化はますます加速し、販売台数ではなく、保有台数自体の減少も拍車がかかるのではないかと言われている。そのなかで新車ディーラーの淘汰も進んでいくという予測だ。それゆえ、各新車ディーラーは生き残りのために必死となっている。他メーカー車の積極的なメンテナンス入庫に動く背景もそんな流れのなかのひとつの動きといえるだろう。

情報提供:カートップ

2位に8,700台の大差!11月の軽自動車販売台数でホンダ「N-BOX」が … – clicccar.com(クリッカー)

全国軽自動車協会連合会が12月6日、11月度の「軽四輪車 通称名別新車販売台数」速報を発表しました。

首位は9月にプラットフォームを刷新、安全運転支援システム「Honda SENSING」を採用するなど、全面改良を受けたホンダ「N-BOX」で、20,992台(前年同月比+41.7%)を販売。3ヶ月連続で首位を維持しています。

2位はダイハツ「ムーヴ」で、12,291台(同‐6.9%)を販売、3位はスズキ「ワゴンR」で9,241台(同+58.6%)を販売しました。

11月度は首位のホンダ「N-BOX」が2位のダイハツ「ムーヴ」に8,700台もの大差をつけているのが目を引くとともに、同車は本年累計販売台数でも200,020台(前年累計比+16.7%)で首位にランキングされるなど、安定した強さを誇っています。

Avanti Yasunori

【関連記事】

7月度の軽自動車 新車販売が4か月連続で前年比2桁増に!
https://clicccar.com/2017/08/07/499466/

2017年上半期の新車販売、プリウスとN-BOXが依然好調!
https://clicccar.com/2017/07/07/489535/

5月度は前年比25.3%増!軽自動車の新車販売が回復傾向?
https://clicccar.com/2017/06/06/479412/

「ミライース」兄弟がスバルからは新型「プレオ プラス」として登場
https://clicccar.com/2017/05/15/472031/

4月の国内新車販売、軽自動車の復調で前年比9.2%増に!
https://clicccar.com/2017/05/03/469305/

上汽集団の新車販売、11月は8%増 – NNA.ASIA


中国自動車最大手の上海汽車集団(上汽集団)は7日、11月の新車販売台数が前年同月比8.0%増の71万8,438台だったと発表した。
主要グループ会社別の販売台数は◇独フォルクスワーゲン(VW)系の上汽大衆汽車:6.8%増の20万5,258台◇米ゼネラル・モーターズ(GM)系の上汽…

長城汽車、11月の新車販売は13万台 – NNA.ASIA

香港・上海上場で河北省保定市を本拠とする自動車メーカー、長城汽車の11月の新車販売台数は、前年同月比1.5%増の13万1,062台だった。
中国の車種別自動車販売台数ランキングのスポーツタイプ多目的車(SUV)部門で首位を維持する「哈弗(ハーバル)H6」は、23.0%減の5万…

「販売不振でピンチ!? お買い得な特別仕様車を投入!」トヨタ プリウス購入ガイド – Corism

この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
安全装備を充実!特別仕様車プリウスS“Safety Plus”
販売不振でお買い得な特別仕様車を設定!
予防安全装備を軽視した結果の販売不振?
誕生20周年記念「20th Anniversary Limited」

安全装備を充実!特別仕様車プリウスS“Safety Plus”

トヨタは、Cセグメントに属する人気ハイブリッド車であるプリウスを一部改良した。同時に、お買い得な特別仕様車S“Safety Plus”、S“Safety Plus・Two Tone”を設定。さらに、期間限定の特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”も投入された。20th Anniversary Limitedの受注期間は、12月下旬まで(販売店により異なる)とした。

新しく設定された特別仕様車S“Safety Plus”、S“Safety Plus・Two Tone”は、プリウスのエントリーグレードである「S」をベースとしたモデルだ。

特別仕様車の特徴は?

この特別仕様車の特徴は、安全装備を大幅に向上させていること。通常のSグレードは、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能インテリジェントクリアランスソナーがオプションでも装備できなかった。

特別仕様車では、この機能を標準装備。さらに、オプション設定だった歩行者検知式自動ブレーキを含む先進予防安全装備「トヨタセーフティセンスP」、シンプルインテリジェントパーキングアシスト、LEDフロントフォグランプなどを特別装備している。従来のSグレードに対して、大幅に安全性能を向上させている。さらに、ナビレディセットも特別装備した。

そして、S“Safety Plus・Two Tone”は、内外装の随所にブラック加飾を施し、より個性的な仕様としている。ボディカラーは、ツートーン仕様でルーフ色をアティチュードブラックマイカ、ボディ色はホワイトパールクリスタルシャイン(特別設定色・オプション)の組み合わせなど、全3色の組み合わせを設定している。

新設定された特別仕様車の価格はS“Safety Plus”で2,607,120円。ベースのSが2,479,091円なので、約13万円高となった。オプション設定のあるトヨタセーフティセンスPの価格が86,400円。ナビレディセットが32,400円なので、その他プラスされた装備を考えると、かなり買い得感がある価格設定となった

販売不振でお買い得な特別仕様車を設定!

トヨタは、あまり買い得感のある特別仕様車は投入しない傾向が強い。特別感はあっても、価格はそれなりという仕様が多い。しかし、今回投入された特別仕様車S“Safety Plus”は、かなり買い得感がある。これは、かなり稀なことだ。

トヨタが珍しくお買い得な特別仕様車を設定したのには訳がある。それは、販売台数面でかなり厳しい状況に追い込まれているからだ。現行プリウスは、2015年に登場。まだ、1回目のマイナーチェンジさえ行われていない新しいモデル。

相変わらず新車販売台数ナンバー1!

しかし、2017年4~9月の販売台数は78,707台。相変わらず新車販売台数ナンバー1という人気車なのは変わらない。しかし、台数という面では、前年比57.6%にまで落ち込んでいる。

ハイブリッド車のラインアップが増え、プリウスではないハイブリッド車の選択肢があるので、トヨタ内でのカニバリが発生している。販売台数が落ちるのは仕方のないこと。それは、トヨタの営業サイドも十分織り込み済みだろう。ただ、前年比57.6%まで落ち込んだとうのは、想定外だったのだろう。

予防安全装備を軽視した結果の販売不振?

トヨタの予想を超えたプリウスの販売不振の理由は、やはりやや高めの価格設定があげられる。他のモデルを含め、プリウス以外の選択肢が増えた以上、割高感のベーシックな5ドアHBでは決定的な購入動機にはなりにくい。

また、好き嫌いが出てもより個性的なデザインを重視したことも、ここに来て裏目に出ているようだ。プリウスのデザインが好きという顧客に売りつくした感もある。プリウスのデザインに対して、少々微妙と感じている顧客が他車に流れているようだ。

そして、エントリーグレードのSが、あまりにも安全装備が貧弱で高価だったことも大きな理由だろう。トヨタは、安全装備に対して後ろ向きの装備設定が目立つ。

予防安全装備を充実させた特別仕様車

ホンダは軽自動車のN-BOXに歩行者検知式自動ブレーキを含む先進予防安全装備「ホンダセンシング」を標準装備。しかし、プリウスのSグレードは、歩行者検知式自動ブレーキを含む先進予防安全装備「トヨタ セーフティセンスP」がオプション設定。軽自動車以下の予防安全性能となる。

しかも、アクセルとブレーキの踏み間違えに効果のあるインテリジェントクリアランスソナーは、オプションでも装備でいないという状況。安全装備を充実したモデルを選ぼうとすると、豪華装備も標準装備化された上級グレードのAを買うしかなかった。これでは、販売不振になるのも当然だ。

そこで、今回特別仕様車として、予防安全装備を充実させ買い得感のある特別仕様車S“Safety Plus”を投入し、なんとか販売台数を挽回したいのだろう。

誕生20周年記念「20th Anniversary Limited」

買い得感で勝負に出た特別仕様車S“Safety Plus”とは対照的なのが、プリウス誕生20周年を記念した特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”だ。

この特別仕様車は、上級グレード「Aプレミアム」をベースとした。215/45R17のタイヤ&アルミホイールなど“ツーリングセレクション”の装備に加え、外板色には、特別設定色ツートーンボディカラーとした。ルーフ色アティチュードブラックマイカとボディ色ホワイトパールクリスタルシャインの組み合わせと、ボディ色エモーショナルレッド(オプション)の組み合わせの全2タイプを設定。エクステリアは、ブラックスパッタリング塗装を施したアルミホイールなど、随所にブラックを配色し、外板色とのコントラストを際立たせた。

インテリアはより高級感をアピール!

インテリアは、シート表皮に、ホワイトのプレミアムナッパレザーを採用。また、随所にブラック加飾を施し、フロントコンソールトレイには、ピアノブラック加飾に艶と輝きを保つ自己治癒7クリヤーを採用し、より高級感をアピール。さらに、アクセントに専用レッド加飾を施したサイドレジスターなどが採用されている。

利便性の高い装備では、11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムを特別装備。オリジナル加飾を施した専用スマートキー、専用車検証入れ(プレミアムナッパ本革仕様)を設定。20周年記念ならではの小物も用意して、特別感を出している。

特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”の価格は3,850,000円となかなか高額な価格設定になっている。Aプレミアムツーリングセレクションが3,199,745円なので、約65万円も高額だ。ただし、355,320円のナビが標準装備。シートやインテリアの質感も大幅に向上している。

これを高いか安いかという判断は、プリウスというクルマがどれだけ好きかということによって大きく変わりそうだ。Cセグメントのクルマということを考えると、一般的な人にはお勧めしにくい特別仕様車だが、プリウスを愛してやまない人にとっては満足感が高い1台になるだろう。

プリウスは、こうした特別仕様車のほか、一部改良も行われた。ピアノブラック加飾のフロントコンソールトレイを採用し高級感をアップ。プリウスPHVにも採用されている大型11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムを設定し、視認性・操作性を向上。T-Connect DCMパッケージと合わせている。価格は、驚きの据え置き。こうした部分にも、プリウスの厳しい状況を感じるとることができる。

県内の新車販売 2カ月連続減 – 日本経済新聞

 神奈川トヨタ自動車が6日発表した11月の神奈川県内の新車販売台数(軽自動車を含む)は前年同月比0.1%減の2万3753台だった。前年割れは2カ月連続。無資格検査問題が発覚した日産自動車やSUBARU(スバル)などの落ち込みが大きかった。

 日産は34%減の2583台だった。「無資格検査問題による出荷停止が10月に引き続き影響した」(神奈川トヨタ)という。小型車「ノート」は6割減の584台だった。ミ…

11月のメキシコ自動車生産4.5%増 カナダ・欧州向け輸出好調 – 日本経済新聞

 【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ自動車工業会(AMIA)が6日発表した11月の国内自動車生産台数は、33万2449台と前年同月を4.5%上回り、11月としては過去最高の生産台数となった。輸出も11.9%増の27万4520台と同じく過去最高となった。主力の米国向け輸出が1.0%減となったが、カナダや欧州向けの輸出増で補った。

 1~11月の累計生産台数は352万台と前年同期を9.4%上回った。輸出も11.7%増の284万台と好調を維持している。いずれも同期間としては過去最高だ。米国向けの輸出が全体をけん引している。

 一方で新車販売は急減速している。11月の新車販売台数は8.5%減の14万1434台だった。1月からの累計でも2.8%減の137万台となった。インフレ率の上昇に加え、政策金利の高止まりでローン金利が高くなっていることが影響しているようだ。

県内新車登録、11月4%減 乗用車苦戦 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

 日本自動車販売協会連合会静岡県支部がまとめた11月の県内の新車登録台数(軽自動車除く)は、前年同月比4.0%減の7846台と、2カ月連続で減少した。9月までの好調をけん引していた乗用車が4.5%減の6809台と苦戦した。

 貨物は2.8%減の843台、特種・特殊は17.4%増の175台、バスは8台減って19台だった。自販連静岡県支部は減少の理由について「日産自…

11月の二輪車販売、過去最高の12.6万台 – NNA.ASIA

フィリピン自動二輪開発計画参加社協会(MDPPA)は、日系メーカー4社に台湾系キムコ(光陽工業)を加えた加盟5社の11月の新車販売台数(卸売りベース)が、前年同月比17.9%増の12万6,139台だったと発表した。9月の12万5,000台を上回り、単月の過去最高を更新した。単月で10万台を超えるのは9カ月連続。前年同月超えは2年5カ月連続となった。

販売台数をメーカー別にみると、シェア1位のホンダ・フィリピン(HPI)が23.2%増の5万1,563台。10月に欧州の排ガス規制「ユーロ3」対応の新型を投入した、主力のバックボーン型マニュアル(MT)車「TMX125α」の販売が好調で、全体の成長をけん引した。

このほか、11月はスクーター「ビートFi」が8,459台と、前年同月から4.2倍に拡大した。HPIの三原大樹社長はNNAに対し、「経済の好調を背景に、初めて二輪車を購入する若い個人ユーザーが増えている。価格的に購入しやすいスクーターの需要は今後も伸び続けるだろう」との見方を示した。

2位のヤマハ・モーター・フィリピン(YMPH)は20.1%増の4万356台。最量販車種であるスクーター「ミオi125」が30.2%増の1万3,548台に拡大した一方、「ミオ・スポーティー」は56.5%減の4,471台に落ち込んだ。

3位カワサキ・フィリピンは13.1%増の1万9,239台、4位スズキ・フィリピンは4.0%増の1万4,048台。5位キムコは8.4%減の933台と、加盟5社で唯一のマイナス成長だった。

排気量別の販売台数は、51~125ccが10万1,346台で、全体の80.3%を占めた。126~250ccは2万4,577台と4カ月連続で2万台を超えた。251cc以上は216台だった。

■1~11月は120.5万台

1~11月の販売台数は120万4,737台で、前年同期から14.9%拡大した。販売台数をメーカー別にみると、HPIが9.5%増の49万66台でシェアは40.7%。2位YMPHは35.7%増の37万4,675台、3位カワサキは5.4%増の18万1,739台、4位スズキは5.7%増の14万7,307台となった。唯一のマイナス成長となった5位キムコは、18.6%減の1万950台だった。

MDPPAの2016年通年の新車販売台数は、卸売りベースで114万338台。HPIの三原社長は17年通年の市場規模について、「集計方法によるので一概には言えないが、小売りベースで前年比10%程度の拡大を予想している」と述べた。