18年度の成長率、1.4%から上方修正へ 内閣府が調整 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

 内閣府は2018年度の政府経済見通しについて、物価変動の影響を除いた実質経済成長率を今夏時点の予測(1.4%)から上方修正する見通しだ。世界経済の拡大を背景に輸出が増加するほか、企業の設備投資も堅調に推移するとみる。

 政府見通しは内閣府が財務省などと協議し、今月下旬に決定する。税収見込みのベースになるため18年度予算案の編成とあわせて調整する。

 内閣府が8日発表した7~9月の実質国内総生産(GD…

来年度実質成長率、上方修正へ 内閣府検討 – 日本経済新聞

 内閣府は2018年度の政府経済見通しについて、物価変動の影響を除いた実質経済成長率を今夏時点の予測(1.4%)から上方修正する見通しだ。世界経済の拡大を背景に輸出が増加するほか、企業の設備投資も堅調に推移するとみる。

 政府見通しは内閣府が財務省などと協議し、今月下旬に決定する。税収見込みのベースになるため18年度予算案の編成とあわせて調整する。

 内閣府が8日発表した7~9月の実質国内総生産(GD…

スズキなどインド関連株が上昇、田淵電機は大幅続伸 – 会社四季報オンライン

 スズキ(7269)と日精エーエスビー機械(6284)が続伸して上場来高値を更新しているほか、関西ペイント(4613)や田淵電機(6624)などインド関連株が上昇。スズキは11月6日に付けた最高値をおよそ1カ月ぶりに更新し、午後1時31分時点では前日比199円(3.2%)高の6496円となっている。

 インド経済は政府による改革加速への期待感に加え、足元の景気も上向いており、11月30日に発表された7~9月期の実質国内総生産(GDP)成長率は前年同期比6.3%と、4~6月期の5.7%から向上した。消費税の一種である物品サービス税(GST)が7月に導入される直前の4~6月期は企業の生産が一時的に停滞したが、今後は次第に成長率が高まるとの見方が多く、国際通貨基金(IMF)の予想では2017年の6.7%が、18年は7.4%に加速する見込み。

 中国が6.8%から6.5%に減速すると予想されているのとは対照的で、同国で事業展開する関連銘柄には追い風が強まるとみる投資家も増えている。中でも田淵電機は7日午前の取引時間中にインドで配電事業を展開するTPDDL社と太陽光発電蓄電システム運用の実証試験プロジェクト推進について基本合意したと発表し、値幅制限いっぱいのストップ高に買われたが、きょうも大幅続伸している。

道内成長率、0.5~0.6% 北洋銀・道銀が見通し 来年度、伸びは鈍化 … – 日本経済新聞

 北洋銀行と北海道銀行は2018年度の道内経済見通しをまとめた。物価変動の影響を除いた実質経済成長率で北洋銀は0.5%、道銀は0.6%と予測した。ともに4年連続のプラス成長となるが、17年度に好調だった公共投資が減少して成長の伸びが鈍化すると分析している。

 17年度の予測は北洋銀が0.9%、道銀が1.2%。雇用環境の改善や車・家電の買い替え需要が個人消費を押し上げ、16年8月の台風被害の復旧工事で…

道内成長率、0.5~0.6% – 日本経済新聞

 北洋銀行と北海道銀行は2018年度の道内経済見通しをまとめた。物価変動の影響を除いた実質経済成長率で北洋銀は0.5%、道銀は0.6%と予測した。ともに4年連続のプラス成長となるが、17年度に好調だった公共投資が減少して成長の伸びが鈍化すると分析している。

 17年度の予測は北洋銀が0.9%、道銀が1.2%。雇用環境の改善や車・家電の買い替え需要が個人消費を押し上げ、16年8月の台風被害の復旧工事で…

道内成長率0.5~0.6% 北洋銀・道銀が来年度予測 – 日本経済新聞

 北洋銀行と北海道銀行は2018年度の道内経済見通しをまとめた。物価変動の影響を除いた実質経済成長率で北洋銀は0.5%、道銀は0.6%と予測した。ともに4年連続のプラス成長となるが、17年度に好調だった公共投資が減少して成長の伸びが鈍化すると分析している。

 17年度の予測は北洋銀が0.9%、道銀が1.2%。雇用環境の改善や車・家電の買い替え需要が個人消費を押し上げ、16年8月の台風被害の復旧工事で公共投資が増えたことがけん引したとみる。

 18年度は公共工事の反動減と貸家投資の減速が成長の押し下げ要因となる。一方で企業の設備投資など民需は好調で、個人消費も底堅いと分析している。

 道銀の調査を担当した道銀地域総合研究所は「公共工事だけでなく民需の力がついてきた。農業の省力化に向けた設備投資や、訪日外国人客の需要を見込んだホテル建設など観光関連の投資が進む」と指摘した。

 道内経済への懸念材料については、北洋銀の調査を受託した北海道二十一世紀総合研究所は「昨今の原油高と、人手不足に悩む中小企業の賃上げが経営に与える影響」などを挙げた。

最近の人民元と今後の展開(2017年12月号):基礎研レター – ハフィントンポスト

1――11月の人民元の動き

11月の人民元レート(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して小幅な上昇となった。11月は初旬から日本円やユーロが米ドルに対して上昇したが、人民元の動意は薄く中旬までは1米ドル=6.6元台前半で推移した。

その後、日本円やユーロが一段高になると、23日には人民元も連れ高、一時は同6.5元台に突入する場面もあった。しかし、翌日には同6.6元台に押し戻され、11月末は前月末比0.3%上昇の同6.6160元で取引を終えた(図表-1)。

AOL

他方、世界の外為市場の動きを見ると、11月はそれまでの米ドル全面高に修正が入った。主要通貨ではユーロが前月末比2.4%上昇、日本円が同1.5%上昇した。また、新興国通貨でもマレーシア(リンギット)が同3.5%上昇、韓国(ウォン)が同2.9%上昇、タイ(バーツ)が同1.7%上昇するなど米ドルに対し上昇した通貨が多かった。

なお、11月は人民元が米ドルに対して上昇したものの、日本円はそれ以上に上昇したため、日本円に対する人民元レートは100日本円=5.9104元(1元=16.92円)と前月末比1.0%の元安・円高となった(図表-2)。

AOL

2――今後の展開

さて、18年3月末に向けての人民元レートは、引き続き米ドルに対してボックス圏でほぼ横ばいの動きと予想、想定レンジも1米ドル=6.55~6.9元(1元=16.3~17.4円)を維持することとした。

今回の予想期間内を考えると、米国では連邦法人税率、海外所得課税、個人所得税などに関する上下両院の調整が進みそうであり、中国では12月に中央経済工作会議、2月に第19期2中全会、3月に全国人民代表大会(国会に相当)が開催される見込みであり18年の経済運営方針が見えてくるだろう。

また、ここもとの米中の経済金融の動きを見ると、中国政府(含む中国人民銀行)は16年秋以降、住宅価格上昇の抑制に乗り出したため、景気指標の一部には陰りが見え始めた。しかし、17年1-9月期の実質成長率が17年目標(6.5%前後)を大幅に上回るなど景気の勢いは想定以上に強く、住宅価格上昇が地方都市に波及し始めたことから、予想期間内に基準金利の引き上げがあると想定している(図表-3)。

AOL

他方、米国では景気拡大が持続しており、12月にも追加利上げがあると想定している。米国では利上げが近付いたことで国債(10年)金利がじわじわ上昇している。しかし、中国でも金融引き締め観測(*1)を背景に国債(10年)金利が4%前後まで上昇、米中の長期金利差は縮まっていない(図表-4)。

従って、その前提を覆すような大きな波乱が起きない限り、米ドルに対する人民元レートはボックス圏でほぼ横ばいの値動きが続くと予想している。

AOL

なお、想定レンジの上下限を突破するリスク要因としてはユーロドルの急伸が挙げられる。「最近の人民元と今後の展開(2017年10月号)」で指摘したように、ここもとユーロ圏改革のスピードアップに対する期待は後退、ユーロドルは米国主導で動く地合いに回帰している。しかし、欧州の内需好調を背景にユーロドルの下値は堅く、ユーロと人民元の間に生じた乖離は依然高水準だ(図表-5)。

AOL

15年8月の人民元ショックで市場が混乱したことを教訓に、中国人民銀行は16年2月以降、人民元レートをバスケット通貨を参照して調整するようになった。そして、その後は米ドルに次いで比重の高いユーロとの連動性を高め、過去1年で計測した人民元とユーロの対ドルレートの相関係数は0.9前後で推移している(図表-6)。

しかし、その連動率は3分の1程度に留まったため、ユーロが急上昇した局面ではユーロと人民元に大きな乖離が発生、ユーロに対する人民元の基準値は1ユーロ=8元近辺まで急落した。その後ユーロ元は若干調整したものの、11月には再び同8元を窺う動きとなった。

AOL

また、「最近の人民元と今後の展開(2017年8月号)」で指摘したとおり、現在の人民元を取り巻く環境は人民元ショックが起きた時と、人民元が割高か割安かの水準感は逆であるものの、構造的には似た面がある。

従って、ユーロドルが再び高値トライする展開となれば、人民元レートも上限(1米ドル=6.55元)を試すことになるだろう。ユーロドルの動きには注意が必要である。


(*1) 今回の金融引き締めでは、基準金利の引き上げが予想されているだけに留まらず、シャドーバンキングやネット金融などに対する監督管理の強化も想定されていることから、株価を不安定にさせる要因ともなっている。

(お願い)本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。

関連レポート

最近の人民元と今後の展開(2017年10月号)~9月は往って来いの展開、年末にかけての動向は?

最近の人民元と今後の展開(2017年8月号)~「人民元ショック」の再発に御用心!

中国経済見通し~成長率は18年6.5%、19年6.2%と鈍化するものの心配は御無用!

(2017年12月4日「基礎研レター」より転載)
メール配信サービスはこちら
株式会社ニッセイ基礎研究所
経済研究部 上席研究員
三尾 幸吉郎

インド・モディ首相の人気に陰り? WEDGE Infinity(ウェッジ) – WEDGE Infinity

 11月2日付の英エコノミスト誌が「モディの憂鬱:首相は実質よりもスタンド・プレーに焦点を当てすぎている」との論説を掲げ、インドの政治状況に懸念を表明しています。論説の要旨は、次の通りです。


(iStock.com/vectomart/teddyandmia)


 ムードの変化は大きい。今年の始めには、モディ首相は不敗のオーラを持っていた。5年任期の半分以上が過ぎたのに、人気は高かった。3月、インド人民党(BJP)は、インドで最も人口の多いウタール・プラデシュの選挙で圧勝した。7月には、全国規模の商品・サービス税(GST)の導入に成功した。最近まで2019年の選挙での圧倒的勝利は確実視されていた。BJPは勝ちそうであるが、モディは輝きを失いつつある。政府支持率は通常上下するが、最近のモディの不人気は彼が実質より見かけにこだわるところからきている。


 経済面では、昨年の第1四半期の成長率年率9.2%は、今年の第2四半期5.7%に落ちている。モディの「Demonetisation」(流通している紙幣の86%が突然無効化された)に部分的に責任がある。モディはギャングや脱税者に大きな打撃を与えたというが、困難と混乱を招いた。GSTの実施振りも状況を悪化させている。モディは「簡素な良い税」と言ったが、専門家の意見を聞かず、3つの税率ではなく、6つの税率を導入し、中小企業に大きな事務負担をかけた。複雑さにビジネスマンは悲鳴を上げている。


 政府が批判を抑圧しても助けにならない。メディアは政府批判を遠慮し、しつこく政府を批判するジャーナリストは解雇されている。BJPのナンバー2の息子の企業の財務について追及した記者は訴訟を提起された。お世辞の文化がでてきており、政府の提案は改善のための議論の対象にならなくなっている。


 BJPは政策にそれほどの関心はなく、有権者に気晴らしを提供している。たとえばウタール・プラデッシュの新政府は建物をヒンドゥー教のサフラン色に塗り、ムスリムのタージマハルを名所から削除している。


 BJPの焦点は党の権威の強化である。今年初め、国防大臣のパリカールは小さなゴア州(インド人口の0.1%)の知事になるために辞任した。地元がそう要求したからである。GSTの円滑な実施に責任を持つ財務大臣が国防大臣を兼任し、中国やパキスタンとの緊張に対応している。民族主義を標榜しながら、防衛政策のかじ取りがいない状況を作っている。


 政治的には絶え間ない選挙活動はモディのためになった。BJPとその仲間がインドの29州の18を支配している。しかし不器用な政策決定は影響を与えてきている。グジャラート州での12月の選挙で苦労するかもしれないとの話さえある。


 モディは、選挙運動にだけ集中せず、国を運営する能力を示さなければならない。遅かれ早かれ、有権者はスタンド・プレーに飽きる。


出典:Economist ‘India’s prime minister focuses too much on appearances’ (November 2, 2017)

https://www.economist.com/news/leaders/21730880-consequences-are-beginning-catch-up-him-indias-prime-minister-focuses-too-much


インド・モディ首相の人気に陰り? – WEDGE Infinity

 11月2日付の英エコノミスト誌が「モディの憂鬱:首相は実質よりもスタンド・プレーに焦点を当てすぎている」との論説を掲げ、インドの政治状況に懸念を表明しています。論説の要旨は、次の通りです。


(iStock.com/vectomart/teddyandmia)


 ムードの変化は大きい。今年の始めには、モディ首相は不敗のオーラを持っていた。5年任期の半分以上が過ぎたのに、人気は高かった。3月、インド人民党(BJP)は、インドで最も人口の多いウタール・プラデシュの選挙で圧勝した。7月には、全国規模の商品・サービス税(GST)の導入に成功した。最近まで2019年の選挙での圧倒的勝利は確実視されていた。BJPは勝ちそうであるが、モディは輝きを失いつつある。政府支持率は通常上下するが、最近のモディの不人気は彼が実質より見かけにこだわるところからきている。


 経済面では、昨年の第1四半期の成長率年率9.2%は、今年の第2四半期5.7%に落ちている。モディの「Demonetisation」(流通している紙幣の86%が突然無効化された)に部分的に責任がある。モディはギャングや脱税者に大きな打撃を与えたというが、困難と混乱を招いた。GSTの実施振りも状況を悪化させている。モディは「簡素な良い税」と言ったが、専門家の意見を聞かず、3つの税率ではなく、6つの税率を導入し、中小企業に大きな事務負担をかけた。複雑さにビジネスマンは悲鳴を上げている。


 政府が批判を抑圧しても助けにならない。メディアは政府批判を遠慮し、しつこく政府を批判するジャーナリストは解雇されている。BJPのナンバー2の息子の企業の財務について追及した記者は訴訟を提起された。お世辞の文化がでてきており、政府の提案は改善のための議論の対象にならなくなっている。


 BJPは政策にそれほどの関心はなく、有権者に気晴らしを提供している。たとえばウタール・プラデッシュの新政府は建物をヒンドゥー教のサフラン色に塗り、ムスリムのタージマハルを名所から削除している。


 BJPの焦点は党の権威の強化である。今年初め、国防大臣のパリカールは小さなゴア州(インド人口の0.1%)の知事になるために辞任した。地元がそう要求したからである。GSTの円滑な実施に責任を持つ財務大臣が国防大臣を兼任し、中国やパキスタンとの緊張に対応している。民族主義を標榜しながら、防衛政策のかじ取りがいない状況を作っている。


 政治的には絶え間ない選挙活動はモディのためになった。BJPとその仲間がインドの29州の18を支配している。しかし不器用な政策決定は影響を与えてきている。グジャラート州での12月の選挙で苦労するかもしれないとの話さえある。


 モディは、選挙運動にだけ集中せず、国を運営する能力を示さなければならない。遅かれ早かれ、有権者はスタンド・プレーに飽きる。


出典:Economist ‘India’s prime minister focuses too much on appearances’ (November 2, 2017)

https://www.economist.com/news/leaders/21730880-consequences-are-beginning-catch-up-him-indias-prime-minister-focuses-too-much


銀行は万単位の人員削減、一方で未曽有の人手不足…透ける「要らない人材像」 – Business Journal

<

pre class=”center”>

「Thinkstock」より

 大手銀行が相次いで大幅な人員削減計画を発表している。みずほフィナンシャルグループ(FG)は2026年までに1万9000人削減、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は2023年度までに6000人削減するという。おそらく他行が追随するのは必至だろう。

AIに仕事が奪われる未来がすでに始まっている

 みずほFGの人員削減は11月20日に発表された構造改革の一環だ。そこでは従業員のみならず店舗も大幅に減らすことを計画している。根底にあるのは、FinTech(フィンテック)の普及などによって「10年後の金融の姿がまったく変わる」(佐藤康博社長)という危機感だ。

 みずほFGの現在の従業員数はパートを含めて7万9000人だ。そこから1万9000人を削減するということは、ほぼ4分の1の従業員を削減することになる。同社は、人工知能(AI)などを使って組織のスリム化を進める計画だ。

 三菱UFJFGもデジタル技術の活用などで23年度までに9500人分の業務量を削減する方針を打ち出している。同グループは定年退職と採用抑制による自然減だけで23年度までに6000人減らす計画だが、業務削減量からすれば、それでもまだ3500人も余剰になる計算だ。果たしていつまで自然減だけといっていられるのか。

 近い将来、AI等の技術によって現在の仕事の大半が奪われるといわれているが、今回の一連の大手銀行の動きは、その近い将来がすでに現在進行形で起こっていることを物語っている。

 これは世界規模で起こっている出来事である。米大手銀シティグループの元CEOのビクラム・パンディット氏は9月13日、「銀行の仕事の3割は今後5年間で消滅する可能性がある」と米ブルームバーグテレビのインタビューで語った。「AIやロボットが銀行のバックオフィスを変える。多くの仕事が自動化される」と同氏は指摘している。

付加価値を生む人手は不足

 その一方で、人手不足という声もあとを絶たない。11月27日付日本経済新聞朝刊の1面トップ記事は、人手不足に関するものだ。同記事では「今後の実質国内総生産(GDP)の成長率が足元の潜在成長率並みの0.8%と仮定した場合、女性や高齢者、外国人の労働参加率が現状のままでは2025年に583万人の労働力が不足する」というパーソル総合研究所の予測を紹介している。