多様性とインクルージョンが経営判断を向上 新調査で明らかに – Forbes JAPAN

Rawpixel.com / Shutterstock.com

このところ、職場の多様性に関する課題がニュースになることが増えている。多様性の取り組みの多くは雇用に重点を置くが、たとえ多くの時間と資金を投資しても、何千人もの従業員を抱える企業の変革には何年もかかってしまう。

しかし、その変化を早める方法もある。全ての職務レベルで、経営判断を下す過程に多様な従業員を巻き込めば、会社がすでに持つ多様性を活用できる。「インクルーシブ(包摂的)な意思決定」というシンプルな考え方を活用すれば、変化が加速し、会社の業績にも直接的な効果が見込める。

私が最高経営責任者(CEO)を務める企業クローバーポップ(Cloverpop)では先日、インクルーシブな意思決定の効果について調査を実施。2年間にわたり、さまざまな企業の200のチームがクローバーポップの意思決定支援データベースを使用して下した約600件の経営判断を分析した結果、インクルーシブな意思決定と業績改善の間に次のような直接的関係があることが分かった。

・インクルーシブなチームが、それ以外のチームよりも良い経営判断を下す割合は最大87%

・インクルーシブな意思決定プロセスを踏むチームは、それ以外のチームの2倍の速度で意思決定が進み、ミーティング回数は半減する

・多様性のあるチームが意思決定して実行した場合、結果は60%改善する

米シンクタンク、センター・フォー・タレント・イノベーション(Center for Talent Innovation)の最高財務責任者(CFO)で研究担当ディレクターのローラ・シャービンは「より良い成果を生むには、多様性とインクルージョンを両方実践しなければならない。クローバーポップの調査では、雇用主側が多様でインクルーシブなチームを作れば最高の成果を出せることがさらに証明された」と述べる。

本調査では、個人よりもチームの意思決定が良い成果を生む確率が66%となり、チームの多様性が増すほど判断が向上することが示された。男性のみのチームが個人よりも良い経営判断を生んだ確率は58%、多様な性別を含むチームが個人よりも良い判断を下した確率は73%だった。また、性だけでなく、年齢層や勤務地域も多様なチームとなると、その確率は87%まで上昇した。

[特別企画] 相続税・贈与税「税務調査で8割以上がNG」はなぜ?(後編) – ダイヤモンド・オンライン


年間1万件以上実施されている相続税調査では、その8割以上で申告漏れなどの「非違」が指摘され、贈与税調査でも9割が指摘を受けている。前編に続いて、調査は具体的にどう行われるのか、調査を回避する方法はあるのかなどを、元国税局幹部で実際に調査に携わったの2人の税理士に聞いた。(聞き手/税理士 脇田弥輝)

(前編から続く)

寝室や仏壇、香典帳まで

確認する調査のリアル

租税調査研究会

武田恒男

副代表理事・税理士


たけだ・つねお/一般社団法人租税調査研究会副代表理事。1952年山形県生まれ。国税局で調査部特別国税調査官、調査部課長、課税部次長を務め、複数の税務署で署長を歴任。2013年に退職し、税理士登録。税務調査などに関する著書多数。PHOTO BY MASAMITSU TANAKA

脇田 実地調査の対象となる相続人には、最初、どのような形でアクセスするのですか。

武田 11年に国税通則法が改正されてからは、法人税や所得税も同じですが、相続税も事前通知が原則です。電話で「税務調査をやります」という調査宣言を行います。

脇田 事前通知なしに調査することはないのですか。

松林 無予告で調査することもあります。通知をすることで正しい財産の把握が困難になるような案件です。仮装行為や隠蔽行為をしているケースもありますし、申告漏れ金額がかなり大きいといったケースもあります。その場合、関係者それぞれの財産の所在場所へ一斉に調査を行います。

 話を調査の流れに戻しますと、まずは電話で事前通知をします。調査場所は、だいたい被相続人が亡くなる直前まで生活していた場所です。この調査を税務署の職員は「臨宅調査」と呼びます。調査員の数は一般に2~3人です。 

 当日は通常10時ごろから調査を始め、午前中は故人の経歴、生前の財産運用の仕方、財産の保管場所について聞き取り調査を行います。昼になると必ず外へ出て食事をします。午後1時に調査を再開し、通帳、印鑑、株券、信託証券、不動産の登記簿謄本、そういう一つ一つの財産の現物とその保管場所を確認します。その際、被相続人名義のものだけでなく、名義預金など相続人の財産も確認します。

租税調査研究会

松林優蔵

主任研究員・税理士


まつばやし・ゆうぞう/一般社団法人租税調査研究会主任研究員。1953年青森県生まれ。国税局で主任監察官、課税部 資料調査課課長などを務め、複数の税務署で署長を歴任。2013年に退職し、税理士登録。Photo by M.T

 例えば、相続人となった妻の寝室にそういう現物があるとなれば、相続人の了解を得て、調査官は基本的にそこへも同行します。財産の保管状況によって財産の帰属を判断できる場合があるからです。

武田 相続税の調査とは財産調査なんです。実地調査では、その財産の置き場所を確認すると考えればいいでしょう。現金はどこに置いているのかを確認したり、金庫に財産や不動産の登記簿謄本などの重要書類を保管しているならその中を見せてもらったり。財産の置き場所がたんすや押し入れ、仏壇なら、その中を見せてもらいます。取り引きしていた銀行の貸金庫もよくチェックします。

松林 預金や有価証券などの動産類は、法律上、基本的には専有している人の物という考え方です。離れて暮らす娘の子、つまり孫の預金が被相続人の自宅にあったら、名義預金の可能性があります。

 葬儀の際、会葬者に記帳してもらう香典帳も調査官は調べます。お金を貸していた友人の名前があるかもしれませんし、取引金融機関の支店長の名前があるかもしれない。もし、その金融機関に関する預金などの財産が申告書に記載されていなければ、申告漏れではないかと見込んで調査するのです。

※ 事前通知には、調査通知も含む

このエントリーをはてなブックマークに追加



創続総合研究所 特集TOPに戻る

関連記事

SPECIAL TOPICS

ダイヤモンド・オンライン 関連記事 MORE

楽天が元巨人村田を獲得調査「大砲うちにいない」 – 日刊スポーツ


巨人を退団した村田

巨人を退団した村田

 楽天が、巨人を自由契約となった村田修一内野手(36)の獲得調査を進めることが22日、分かった。本職の三塁にはウィーラー、一塁には銀次とレギュラー組が在籍するが、右打ちの長距離砲はかねての補強ポイントだった。球団関係者は「来季のチーム編成にもよるが、大砲はうちにいないタイプ」と話した。

 今季チームで20発以上を記録したのは、ウィーラー、アマダー、ペゲーロの助っ人3人だけ。日本人では左打ちの茂木と島内が10本を超えたが、右打者はオコエと嶋の3本が最高だった。立花球団社長も以前「うちは外国人3選手が出ている現状を見ても、日本人のホームラン打者を育てることが重要」と話していたように、和製大砲の育成がテーマでもある。07年から2年連続で本塁打王に輝いた村田が加入すれば、新たな攻撃のバリエーションも組める。

 FA戦線にも乗り出す。今オフは各チームにFA権を保有した選手がおり、動向を注視する。来季に向けた戦力を整備していく。




共同出口調査 無党派層は立憲民主党支持が最大 – 産経ニュース

 共同通信社は22日、全国の投票所で投票した候補者や政党を有権者に質問する出口調査を実施した。全回答者の中で「支持政党なし」と答えた無党派の割合は18.8%で、このうち比例代表で立憲民主党に投票したと回答した人は30.9%に達し、2位の自民党(21.1%)を抑えてトップとなった。平成26年12月の衆院選当時の前回調査で1位だった旧維新の党(21.7%)も上回った。

 前回も21.1%で2位だった自民は、今回も無党派の支持を手堅く取り込んだ形だ。3位は希望の党で17.9%。4位の共産党は9.8%で、前回(17.7%)から大幅に後退した。5位は日本維新の会で8.5%。これに公明党6.2%(前回7.4%)、社民党2.1%(同3.2%)、日本のこころ0.1%が続いた。

 対決した3極を比較すると、トップは「立憲民主、共産、社民3党」の42.8%で、連立与党の「自民、公明両党」(27.3%)を引き離した。「希望、維新」は26.4%にとどまった。

 出口調査は全国289の選挙区で、それぞれ有権者の縮図となるよう投票所を選んだ。投票を終えた有権者に用紙を渡し、選挙区で投票した候補者、比例代表で投票した政党、支持政党などについて記入してもらった。

 回答者総数は男性12万9853人、女性12万6884人の計25万6737人で、1つの選挙区当たりの平均は約890人だった。

無党派層の30%、比例で立憲民主に 自民は21% :日本経済新聞 – 日本経済新聞

 共同通信社が22日に全国の投票所で実施した出口調査によると、特定の支持政党を持たない無党派層の約30%が比例代表選で立憲民主党に投票した。無党派の政権批判票を取り込んだことが立憲民主の堅調につながった。ただ、特定の政党へ無党派層の風は大きく吹かず、自民党も一定の無党派層をひき付ける構図は変わっていない。

 出口調査で「支持政党なし」と答えた無党派層は全体の18.8%で、比例代表の投票先は大きく3つ…

安倍首相「信頼せず」51% 出口調査で – 日本経済新聞

 出口調査で、比例代表投票先を回答した人に安倍晋三首相を信頼しているかどうかを尋ねたところ「信頼していない」が51.0%で「信頼している」の44.1%を上回った。首相の政治姿勢などを厳しい目で見ていることが浮かび上がった。

 公明党に投票した人のうち58.3%は「信頼している」としたが、34.3%は「していない」と回答。自民党に投票した80.5%は「信頼している」と答えた。

 「信頼していない」は、希望の党へ投票した人の74.3%、共産党では86.6%、立憲民主党では84.7%、日本維新の会では51.3%を占めた。

 支持政党別で見ると「支持政党はない」とする無党派層の68.8%が「信頼していない」と回答し、「信頼している」は25.9%にとどまった。

 男女別で見ると、男性は「信頼している」47.9%、「信頼していない」48.4%と拮抗した。女性は「信頼していない」が53.6%で「信頼している」の40.2%を上回った。〔共同〕

小池都知事が出口調査の結果受け言及「言動等で不快な思い申し訳ない」 – livedoor

 出口調査の結果受け、出張先のパリで取材に応じた希望の党代表の小池都知事は「これから敗因しっかり分析する。私のこれまでの言動等で皆さまに不快な思いを抱かせてしまったことは申し訳ない」との談話を発表。出口調査によると、希望の党は55議席の獲得にとどまる見込み。

(AbemaTV/『 みのもんたのよるバズ! 』より)
▶最新情報は『みのもんたのよるバズ!総選挙スペシャル!超速報 運命の“3極激突”』で生放送中!

自民は単独過半数が確実 自公で3分の2うかがう情勢 – NHK

NHKの出口調査や情勢分析によりますと、自民党は、単独で過半数の233議席を大きく上回り、勝利するのが確実です。公明党を合わせると衆議院全体の3分の2にあたる310議席をうかがう情勢で、安倍政権は継続する見通しです。
これに対し、野党側では、立憲民主党と希望の党が野党第1党を争っています。
一方、憲法改正をめぐっては、自民・公明両党に、改正に前向きな希望の党と日本維新の会を加えた4党で、少なくとも320議席余りを獲得して衆議院全体の7割以上を占めることが確実で、今後、憲法改正論議が活性化する見通しです。

NHKは、有権者の投票行動や政治意識を探るため、投票日の22日、全国4000か所余りの投票所で、投票を終えた有権者およそ40万6000人を対象に出口調査を行い、67%にあたる27万3000人余りから回答を得ました。

出口調査や情勢分析の結果、自民党の獲得予想議席は、追加公認する予定の無所属の候補も含めて253議席から300議席となる見通しで、単独で過半数の233議席を大きく上回り、勝利するのが確実な情勢です。
また、公明党は27議席から36議席を獲得する見通しです。
この結果、自民・公明両党の獲得予想議席は281議席から336議席となり、法案の再可決や憲法改正の発議に必要な衆議院全体465議席の3分の2にあたる310議席をうかがう情勢で、安倍政権は継続する見通しです。

これに対し、野党側では、立憲民主党と希望の党が野党第1党を争っています。
立憲民主党は44議席から67議席を獲得する見通しで、選挙前の15議席を大幅に上回ることが確実な情勢となっている一方、希望の党は38議席から59議席を獲得する見通しです。
共産党は8議席から14議席を、日本維新の会は7議席から18議席を、社民党は1議席から2議席を、それぞれ獲得する見通しです。
日本のこころは、議席の獲得は厳しい情勢で、新党大地は1議席を獲得する可能性があります。
無所属の候補は20議席から29議席を獲得する見通しです。

一方、憲法改正をめぐっては、自民・公明両党に、改正に前向きな希望の党・日本維新の会を加えた4党の獲得予想議席の合計が326議席から392議席と、4党で衆議院全体465議席の7割以上を占めることが確実で、今後、憲法改正論議が活性化する見通しです。