22日午後 原油は上昇、需給引き締まり感とEIA統計で在庫減見通し – エネルギーニュース


22日午後 原油は上昇、需給引き締まり感とEIA統計で在庫減見通し


2017/08/22 16:30

 1615分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)WTI原油相場(9月限)は、午前比25セント高の47.75ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(10月限)は、同35セント高の52.07ドル/バレルで取引されている。WTI、ブレントととも続伸している。

米エネルギー情報局(EIA)の週間石油統計を23日に控え、UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員(=写真)は、「需給引き締まり感やあすのEIA在庫統計発表を意識して、米原油在庫減少見通しなどから、相場は小幅高止まりしている」と述べた。

 日経平均株価の終値は前日比929銭安の19,38384銭、約3ヵ月半ぶりの安値を付けた。ドル円相場は1ドル=109.42円と、午前(109.26)と比べて、ややドル高・円安方向に振れている。

注)WTI、ブレント、為替の変動幅はいずれも午前1115分比。

リムエネルギー総合指数22種(レックス22、2010年平均=100):90.42 (↑0.71)

<PR>リム総研スタート

201641日より「リム総研」がスタート。最新のレポートがご覧いただけます。

米シェール決算―赤字縮小・新規投資を増額修正企業も

この他のレポートも、試読の申込みの登録によりご覧いただけます。

「リム総研」のHPのアドレスは以下の通り。

http://rim-research.jp/

右端の「メニュー」の「試読申込」からお申込みください。


東京 :


横井 

03-3552-2411


Copyright©2017 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.

習氏の一喝でGDP修正 遼寧省、統計水増し 名目マイナス20%に急減 … – 日本経済新聞

 【北京=原田逸策、大連=原島大介】中国の経済統計で異変が起きている。東北部、遼寧省の1~6月期の名目域内総生産(GDP)は前年同期比マイナス20%に急減した。異例ともいえる成長率の急低下は、経済統計の水増しやねつ造を戒める習近平国家主席の強い意向を受けた動きとの見方が多い。ほかの省などにも今後、同じような「修正」は広がりそうだ。

 1~6月期の遼寧省の名目GDPは1兆297億元(約17兆円)で、前…

真夏の怪、FRBが消した米雇用統計 – 日本経済新聞

 すーっと消えるとは、よもや真夏の怪談ではあるまい。米国の市場参加者がささやき合っている。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が鳴り物入りで導入した雇用統計が、8月3日から突然に発表取りやめとなったからだ。金融正常化に向け無理をしているとすれば、ドルの上値は重くなる。

 その統計とは、「労働市場情勢指数(Labor Market Conditions Index=LMCI)」。2014年10月から…

統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ – 市原市 – Security NEXT

千葉県市原市は、就業実態に関する調査で使用する予定だった統計調査員証と指導員証が、所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、統計調査員証45枚と指導員証4枚の紛失が、8月14日に判明したもの。紛失した身分証49枚のうち5枚が白紙で、44枚には氏名が記載されていた。同市では、担当者が誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

調査員の身分を証明する調査員証の紛失により、調査員になりすまして情報を聞き出したり、調査票の提出をもとめる「かたり調査」が発生するおそれがあるとして、同市では紛失した身分証の番号を公開し、注意を呼びかけた。

調査員が訪問した際は調査員証を確認し、不審を感じた場合はその場で対応せず、同市や同県に問い合わせるよう求めている。

(Security NEXT – 2017/08/21 )

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR


関連記事

学生の個人情報含むノートPCを紛失 – 東洋大
私立保育園で園児の画像や動画含むカメラが所在不明 – 大阪
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 – 三菱自
府立高校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 – 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 – 昭和女子大
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に – 豊和銀
名刺を収納したファイルが所在不明に – 野村證券
個人情報に関する事故3件を公表 – 住宅金融支援機構
地域防災リーダーの名簿が所在不明に – 大阪市
小学校で成績一覧表など所在不明に – 大阪市

7月の熱中症搬送者 統計開始以降最多に – NHK

先月、熱中症で病院に搬送された人は、すべての都道府県で去年の7月を上回って合わせて2万7000人近くに達し、7月としては統計を取り始めてから最も多くなりました。

総務省消防庁によりますと、全国的に気温が平年より高くなった先月1か月間に熱中症で病院に搬送された人は全国で2万6702人と、去年の7月より8000人余り増え、統計を取り始めた平成20年以降7月としては最も多くなりました。

都道府県別では大阪府が1774人と最も多く、次いで東京都が1734人、愛知県が1547人などとすべての都道府県で去年7月を上回りました。
特に気温が平年よりかなり高くなった北日本と西日本で大幅に増え、北海道で899人と去年7月のおよそ4.3倍、福岡県で1472人と去年7月の1.7倍となっています。

症状の程度は死亡した人が31人、入院が必要な人が9646人で、このうち3週間以上の入院が必要な重症は607人、このほか軽症が1万6881人でした。

年齢別では65歳以上が1万3337人とほぼ半数を占め、18歳から64歳が9243人、新生児と乳幼児を含む18歳未満が4122人でした。

この先1週間は東日本や北日本も天気が回復して晴れる日が多く、西日本や東日本では平年より気温がかなり高くなるところがある見込みです。
総務省消防庁は、適切に冷房を使いこまめに水分をとるなど熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

第2四半期の訪英外国人、過去最多の1075万人=統計局 – ロイター

[ロンドン 18日 ロイター] – 英統計局の18日発表によると、第2・四半期に観光その他の目的で英国を訪れた外国人は1075万人で前年を8%上回り、四半期単位としては1980年の統計開始以来最大となった。

一方、第2・四半期に海外渡航した英国人は1909万人で、前年を1%上回り、7-9月の夏休みシーズンに見られるピークの水準には及ばなかったものの、この時期としては過去最高を記録した。

昨年6月の国民投票で欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決まったことによるポンドの対ドルおよび対ユーロ相場下落で、英国が外国人にとって安価な訪問先となっている。

訪英目的の半分弱を占める観光は20%増加。出張は4%減、家族や友人に会う目的の訪問はほぼ変わらずだった。

地域別では、北米が前年比29%増の147万人、欧州からの渡航は3%増の773万人だった。

英国人の訪問先は、北米と西欧が減少した一方、東欧その他の地域が増加した。

7月の熱中症搬送者 統計開始以降最多に | NHKニュース – NHKオンライン – NHK

先月、熱中症で病院に搬送された人は、すべての都道府県で去年の7月を上回って合わせて2万7000人近くに達し、7月としては統計を取り始めてから最も多くなりました。

総務省消防庁によりますと、全国的に気温が平年より高くなった先月1か月間に熱中症で病院に搬送された人は全国で2万6702人と、去年の7月より8000人余り増え、統計を取り始めた平成20年以降7月としては最も多くなりました。

都道府県別では大阪府が1774人と最も多く、次いで東京都が1734人、愛知県が1547人などとすべての都道府県で去年7月を上回りました。
特に気温が平年よりかなり高くなった北日本と西日本で大幅に増え、北海道で899人と去年7月のおよそ4.3倍、福岡県で1472人と去年7月の1.7倍となっています。

症状の程度は死亡した人が31人、入院が必要な人が9646人で、このうち3週間以上の入院が必要な重症は607人、このほか軽症が1万6881人でした。

年齢別では65歳以上が1万3337人とほぼ半数を占め、18歳から64歳が9243人、新生児と乳幼児を含む18歳未満が4122人でした。

この先1週間は東日本や北日本も天気が回復して晴れる日が多く、西日本や東日本では平年より気温がかなり高くなるところがある見込みです。
総務省消防庁は、適切に冷房を使いこまめに水分をとるなど熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

超高齢社会の企業マーケティングを支援する統計情報「年齢階級別世帯貯蓄推計データ」の販売を開始 – 産経ニュース

株式会社パスコ
株式会社パスコ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:古川 顕一、以下:パスコ)は、立地分析や出店・店舗統廃合計画など地域分析(エリアマーケティング)システムであるMarketPlanner(R)(マーケットプランナー)や、年収別推計世帯数データなどのマーケティング用データを小売・サービス・不動産・自動車・通信・製造業などのお客様を中心に提供しています。

日本の65歳以上の高齢者人口は総人口の27.3%(※1)とますます高齢化が進み、企業のマーケティング戦略も比較的裕福な団塊の世代や余裕のあるシニア層などを重要視するようになりました。ところが、既存の年収データ情報では定年後のシニア層などのターゲティングが難しく、また、貯蓄に関するデータ(統計等)では年齢による絞込みが困難で、重要なターゲットとされている経済的に余裕があるシニア層へのマーケティングとしては活用しがたいと言わざるを得ない状況です。

そこでパスコでは、世帯主の年齢階級別に世帯貯蓄額を独自に推計し、MarketPlanner(R) GISで活用いただける新たな統計情報を開発、「年齢階級別世帯貯蓄推計データ」(※2)を9月1日より提供開始いたします。
新たに提供を開始する「年齢階級別世帯貯蓄推計データ」は、世帯貯蓄推計と世帯主の年齢階級という2つの階級属性を持ち、シニア層に向けた企業のエリアマーケティング活動を支援いたします。

※1)平成29年版高齢社会白書 より
※2)本データの活用にはMarketPlanner(R) GISが必要です

■「年齢階級別世帯貯蓄推計データ」について
「年齢階級別世帯貯蓄推計データ」は、総務省統計局が実施している全国消費実態調査で公表されている経済圏別・市区町村別の貯蓄階級別世帯数を、国勢調査の町丁字等別集計単位、または行政界単位(町丁目)に細分化し、年齢階級属性を付与してパスコが独自に推計(※3)したデータです。既存の世帯貯蓄推計データとは異なり、世帯主の年齢階級属性があることで、“年齢”と“貯蓄額”という2軸での分析が可能となります。

※3)縦横の合計値からクロス表の数値を推計する内挿ロジック(IPF法)を使用して、消費実態調査で経済圏別・市区町村別に公表されている貯蓄階級別世帯数を国勢調査の町丁字等別集計単位に推計(特許出願中)

■データサンプル:年齢階級による平均貯蓄推計額
年齢階級別世帯貯蓄推計データの属性項目である「年齢階級別平均貯蓄推計額」を比較
[画像: https://prtimes.jp/i/27890/1/resize/d27890-1-946111-0.jpg ]