貞淑美女タレントの性白書 鈴木京香 百戦錬磨「五十路の名器」(1) – ニフティニュース

 「まさに、番組タイトル通りの名演技を見せています」(芸能関係者)

 今期のNHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』の鈴木京香(49)が好評だ。
 「物語は、明石家さんまや『ダウンタウン』が所属する吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにした主人公・てん(葵わかな)の一代記。夫・北村藤吉(松坂桃李)とともに“笑い”を商売にするため、寄席の経営に乗り出す姿を描いています」(ドラマ関係者)

 京香の役どころは、大阪にある米問屋を仕切る“ごりょんさん”と呼ばれている女将。
 「息子(松坂)を溺愛するが、商売に厳しく、鬼の形相で周囲を叱りつけるという怖い女性の役柄です。修行中のてんに対する強烈な“イビリ”が注目を浴び、スタートして4週目あたりから常時20%超えの高視聴率をマークするようになったのです。これまでの美しく優しいイメージの彼女とのギャップが功を奏したのかもしれません」(芸能ライター・小松立志氏)

 同局の連ドラ、大河ドラマはさておき、京香の朝ドラ出演は、出世作となった’91年の『君の名は』以来、実に26年ぶりとなった。
 「彼女は葵をいじめる役なので、怒っている感情を表現するために、収録前、楽屋の鏡に向かって顔の筋肉をピクピク動かす練習をしていたそうです。東北・宮城の出身ですが、大阪弁も板についています」(芸能レポーター)

 京香は東北学院大学在学中からモデル事務所に所属し、ビール会社や水着のキャンペーンガールなどを務めていた。
 「キャンパス内で、彼女の存在を知らない者はいませんでした。“大学一”、いや、“東北一”の美人と言われていたそうです」(テレビ局関係者)

 ちなみに、身体のサイズはT166センチ、B88・W59・H89のパーフェクトバディ。
 「世の男たちの“エロ視線”を一身に浴びたのは言うまでもありません。当時の“ハイレグ水着写真”は、今では大変貴重な『お宝』となっています。“アンダーヘア”のお手入れを十分に施したあとに臨んだ撮影では? と、容易に想像がつくほどの深い切れ込みの“Vゾーン”がフル勃起を誘いますね。10万円単位の価値があるそうです」(フリーカメラマン)

 ’89年、『愛と平成の色男』(森田芳光監督)のオーディションに合格して映画デビュー。そして’91年、件の『君の名は』で大ブレーク。以後、日本を代表する美人女優として、常に日の当たる場所を歩いて来た。
 「でも、彼女の代表作は何かと問われると、すぐには出ませんね。汚れ役があったわけでもないし、セックスシーンで乳首を見せたわけでもありません。没個性と美しさだけで生き残って来たような女性です。むしろ、プライベート=男で、その存在感を示して来たような気がします」(芸能記者)

 ’00年暮れ、京香はかねて噂のあった堤真一とパリへと旅立った。
 「彼女にとっては初の海外旅行で、21世紀の幕開けを2人きりで祝ったのです。帰国の際も、報道陣の前を堂々とツーショットで歩きました」(ワイドショー芸能デスク)

 ’99年の映画『39刑法第三十九条』での共演をきっかけに急接近した2人。
 「“最初の男”は真田広之というのが芸能界の定説ですけど、ま、とにかくゴールインは間違いないと思っていました」(前出・芸能レポーター)

 しかし、’01年夏、2人は破局。
 「堤の“浮気”が原因とされましたが、最大の理由は彼女の家族の猛反対。とりわけ、母親の反対が大きかった。“稼ぎ頭で大黒柱”を失うのが怖かったのです」(同)

 その後、真田との復縁も取り沙汰されたが、ゴールインすることはなかった。
 「自分が関係するドラマや映画に、必ず彼女をキャスティングしていた脚本家の三谷幸喜氏は、自分の地位を利用して何とかモノにしようとしましたが、彼女が陥落することはありませんでした。彼女はイケメン好きなのです」(前出・テレビ局関係者)

(0ページ目)貞淑美女タレントの性白書 鈴木京香 百戦錬磨「五十路の名 … – デイリーニュースオンライン

貞淑美女タレントの性白書 鈴木京香 百戦錬磨「五十路の名器」(1)
「まさに、番組タイトル通りの名演技を見せています」(芸能関係者) 今期のNHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』の鈴木京香(49)が好評だ。 「物語は、明石家さんまや『ダウンタウン』が所属する吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにした主人公・てん(葵わかな)の一代記。夫・北村藤吉(松坂桃李)とともに“笑い”を商売にするため、寄席の経営に乗り出す姿を描いています」(ドラマ関係者) 京香の役どころは、大阪にある米問屋を…

「沖縄子どもの貧困白書」が増刷 〝沖縄モデル〟の対策を発信 – 琉球新報 – 琉球新報

 かもがわ出版(京都市)は「沖縄子どもの貧困白書」=写真=を10月末に発刊した。都道府県で初めて独自に子ども貧困率の調査をし、対策を進める「沖縄モデル」を全国に発信する狙いがある。初版の2500部を約1カ月で完売し、現在2版を増刷中だ。大きな反響を受けて10日午後1時から沖縄大本館1階同窓開館で出版記念シンポジウム(「沖縄子どもの貧困白書」編集委員会主催)を開く。

 同書は、社会的養護を受けた当事者をはじめ、子どもや家族に関わる合計約40人が執筆した。官民の枠を超えて行政施策、学校や暮らしの現場、地域の動きなどを報告し、県内の「いま」を網羅した。沖縄大の加藤彰彦名誉教授、琉球大の上間陽子教授、沖縄女子短大の鎌田佐多子学長らが編集委員を務めた。

 編集者の三輪ほう子さんは「巻頭で困難を抱える県内の若者自身が記した『幸せに生きることは権利』との言葉は画期的。沖縄を見なければ日本は見えない」と力を込め、今後東京などでも同書を発信するイベントを企画しているという。

 記念シンポには、執筆者の沖縄青少年自立援助センターちゅらゆいの金城隆一代表、こども家庭リソースセンター沖縄の與座初美代表、南風原町こども課の前城充課長らが登壇する。午後3時15分に閉会した後、同会場で懇親会を開く。参加費はシンポ、懇親会それぞれ千円(学生無料)。

 申し込みは電子メールで件名に「出版記念シンポ申込」と明記し(1)名前(2)立場・所属(3)居住地域(4)電話番号(5)懇親会参加希望の有無-を記入し送信する。宛先はokinawahakusho@gmail.com 問い合わせは、かもがわ出版・三輪さん(電話)070(6420)0024。

沖縄子どもの貧困白書
かもがわ出版 (2017-10-25)
売り上げランキング: 4,699


データ年鑑『ファミ通モバイルゲーム白書 2018』12月12日発刊 モンストの … – ねとらぼ




 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、モバイルゲームに特化したデータ年鑑『ファミ通モバイルゲーム白書 2018』を12月12日に発刊すると発表しました。


ファミ通 モバイルゲーム スマホゲーム
『ファミ通モバイルゲーム白書 2018』

 アジア、北米、ヨーロッパなど主要国のモバイルゲーム市場規模や国内アプリ売上ランキングなどの基礎データの他、ユーザーの男女比、年齢などのユーザー分析結果も掲載。また、2017年のゲーム業界で起きたニュース&トピックスもピックアップしています。


ファミ通 モバイルゲーム スマホゲーム
2016年 世界エリア別モバイルゲーム市場(前年比較)

 2017年の第3四半期までのモバイルゲームの課金売上ランキングも掲載。首位となったのは「モンスターストライク」の1041億円。2位は「Fate/Grand Order」の896億円。3位は「パズル&ドラゴンズ」の473億円。ガチャ誤表記問題で「詫びソースコード」を公開した「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」(関連記事)は5位で278億円となっています。


ファミ通 モバイルゲーム スマホゲーム
2017年 モバイルゲーム課金売上ランキング TOP10(国内)

 『ファミ通モバイルゲーム白書 2018』は総ページ452ページ。PDF(CD-ROM)と書籍セット版が6万8000円、書籍版が3万6000円、PDF版(CD-ROM)は3万2000円(全て税別)となっています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


新作ゲームタイトル『幽 遊 白書 100%本気(マジ)バトル』が「ジャンプフェスタ2018」に出展! スペシャルPVの上映やVR体験など – アニメイトタイムズ

KLab株式会社と共同開発中の新作ゲームタイトル『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』が、2017年12月16日(土)~ 17日(日)、幕張メッセで開催される「ジャンプフェスタ2018」(KLabGamesブース)に出展することが決定しました。

ブース内では『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』、『BLEACH Brave Souls』のキャラクターと一緒に写真が撮れるフォトスポット、プロモーションビデオ上映やVR体験コーナー、オリジナルグッズの無料プレゼントなど、楽しめるコンテンツが盛りだくさん! ぜひブースに足を運んでみましょう!

『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』出展内容
◆スペシャルPV上映

【内容】初公開となる最新映像をブース内で公開します!大迫力の映像をお見逃しなく!

◆フォトコーナー

【内容】浦飯幽助ほか人気キャラクターと一緒に写真が撮れるフォトスポットが登場。好きなキャラクターと一緒に写真を撮ろう!

【ブース来場記念プレゼント】

会場限定のステッカー5種類からランダムで1枚を無料プレゼント!

※数に限りがありますのでご希望に添えない場合もございます。

※画像はイメージになります。

◆「幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル」概要

タイトル:幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル

対応OS:iOS、Android

ジャンル:魔界最強バトルRPG

プレイ料金:基本プレイ無料(アプリ内課金あり)

原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)

>『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル 』ジャンプフェスタ2018特設サイト

>『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』公式Twitter

KLabGamesオリジナルグッズ
◆『KLabGamesオリジナルグッズ』プレゼント

【内容】スペシャルガチャコーナー、VRコーナーでTシャツが当たった方にKLabGamesオリジナルバッグをプレゼント。

※数に限りがありますのでご希望に添えない場合もございます。

※画像はイメージになります。

「ジャンプフェスタ2018」

【日時】2017年12月16日(土)・17日(日)

【会場】幕張メッセ 国際展示場 展示ホール1~8

【 KLabGamesブース 】 展示ゾーン2 5ホール

【特設サイト】https://www.yuhaku-maji-battle.com/event/jumpfesta.php

(C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 (C)ぴえろ/集英社
(C)KLabGames/AXEL GameStudio Inc.

課金売上トップは『モンスト』、勢いを増す『FGO』――『ファミ通モバイルゲーム白書2018』12月12日発売 – ファミ通.com

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、『ファミ通モバイルゲーム白書2018』を2017年12月12日に発売する。本書は、アジア、北米、ヨーロッパなど主要国のモバイルゲーム市場規模や国内アプリ売上ランキングといった基礎データを掲載。また、男女比や年齢分布、プレイ頻度・時間、課金経験率、消費行動など、ユーザー分析の結果も詳しく収録している。

 以下では、本書に収録されているおもなトピックスも併せて紹介している。

『ファミ通モバイルゲーム白書2018』発売 ~データで読み解く!モバイルゲームビジネスの未来~

・2016年の世界モバイルゲーム市場規模は5兆6761億円

・モバイルゲーム売上ランキングトップは「モンスターストライク」

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、『ファミ通モバイルゲーム白書2018』を2017年12月12日(火)に発刊いたします。本書は、国内外ゲーム・エンターテイメント市場のデータ年鑑『ファミ通ゲーム白書』から派生した、モバイルゲームに特化した白書となります。

 『ファミ通モバイルゲーム白書2018』では、アジア、北米、ヨーロッパなど主要国のモバイルゲーム市場規模や国内アプリ売上ランキングといった基礎データを掲載。また、モバイルゲームユーザーの男女比や年齢分布、プレイ頻度・時間、課金経験率、消費行動など、ユーザー分析の結果も詳しく収録しています。さらに、有識者として、片岸憲一氏(株式会社 DMM.com DMM GAMES 代表)、大友真吾氏(株式会社CyberZ esports事業部 執行取締役)による論説のほか、特集では、2017年のゲーム業界における国内・海外のニュースをまとめた“ゲーム業界ニュース&トピックス”などについてもピックアップ。モバイルゲーム市場とユーザーの実態を様々な角度から調査・分析しており、今後のモバイルゲームビジネスの動向を読み解くために欠かせない1冊となっています。

<『ファミ通モバイルゲーム白書2018』 おもなトピックス>

2016年世界モバイルゲーム市場規模は、前年より大幅増。ついに5兆円を超える市場に

【2016年 世界エリア別モバイルゲーム市場(前年比較)】
2015年:4兆1196億円(合計)⇒2016年:5兆6761億円(合計)

 2016年の世界モバイルゲーム市場は、前年より約4割増の5兆6761億円と推計しました。最も拡大したのは、中国と日本が躍進したアジア市場で、全体の6割以上を占める3兆5835億円。モバイルゲーム市場においてアジアが世界をリードしていると言えます。次いで北米が1兆2116億円、ヨーロッパが6195億円となり、いずれの地域でも前年よりプラス成長となりました。

2017年第3四半期までのモバイルゲーム課金売上トップは、「モンスターストライク」!

 本書では、2017年第3四半期終了時点における、最新の国内モバイルゲーム売上ランキングを収録しています。首位となったのは、配信から4周年を迎えた「モンスターストライク」。売上額の1041億円は、一ヶ月平均で100億円以上を売り上げている計算になります。第2位は「Fate/Grand Order」の896億円。2015年夏に配信が開始された同タイトルは、ユーザー数こそ第3位の「パズル&ドラゴンズ」より多くはないものの、熱心なファンに支持され、2017年に入りさらに勢いを増しています。

2017年 モバイルゲーム課金売上ランキング TOP10(国内)

1位 モンスターストライク:1041億円
2位Fate/Grand Order:896億円
3位パズル&ドラゴンズ:473億円
4位LINE:ディズニー ツムツム:303億円
5位ドラゴンボールZ ドッカンバトル:278億円
6位アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ:226億円
7位グランブルーファンタジー:209億円
8位実況パワフルプロ野球:172億円
9位白猫プロジェクト:149億円
10位ポケモンGO:143億円

出典:『ファミ通モバイルゲーム白書2018』
(集計期間:2017年1月1日~10月3日)

ゲームは、PCよりスマホ派という人が7割!動画視聴やショッピングはパソコン派が多数

 本書では国内25万人規模のエンターテイメント分野ユーザーリサーチシステム「eb-i」を用いて、モバイルゲームユーザーの実態を調査しています。スマートデバイス(スマートフォン・タブレット)とパソコンの両方を所有している人を対象に、様々な用途に応じて、双方のどちらを利用するケースが多いかを聞いたところ、ゲームについては、スマートフォン・タブレットの利用率が73%と圧倒的に高いことがわかりました。そのほか、メールやSNS投稿などの対人コミュニケーション用途もスマートフォン・タブレット派が多数。

 一方、ネットショッピングやオークションといった購買や、動画視聴に関してはパソコンを使用するユーザーが多いという結果になっています。

【用途別のスマートデバイス/パソコン利用状況】
出典:『ファミ通モバイルゲーム白書2018』
(調査実施期間:2017年10月1日~10月3日 / 有効回答者数: 14095人)

<注釈>
※世界の市場規模、国内モバイルゲーム課金売上は、株式会社インターアローズから提供されたPRIORI DATAのデータをもとに算出した推計値。また、世界の市場規模は、57ヶ国のアプリストアデータをもとに集計。
※市場規模の数値は、億円以下を四捨五入した値。
※「eb-i(Entertainment Business Insight)」は、株式会社Gzブレインが週単位で継続して行っている、エンターテイメント分野の消費動向調査。保有している全国25万モニターから週次で1万超を回収し、エンターテイメント分野の実態を調査・分析しています。(公式サイト

本リリースのデータを記事にて引用される場合は、必ず出典をご明記いただきますようお願いいたします。また、ご掲載いただいた際は、ご一報いただけますと幸いです。

『ファミ通モバイルゲーム白書2018』 概要

書名:ファミ通モバイルゲーム白書2018
発行・監修:株式会社Gzブレイン マーケティングセクション
編集:株式会社Gzブレイン・株式会社ゲームエイジ総研
協力:株式会社インターアローズ
発売日:2017年12月12日
価格
PDF(CD-ROM)+書籍セット版…68,000円+税
書籍版…36,000円+税
PDF版(CD-ROM)…32,000円+税
総頁数:452頁
本書の紹介ページ

<目次>
巻頭特典:ファミ通モバイルゲーム白書プレミアム
序章:特別寄稿
第1章:世界のモバイルゲーム市場規模
第2章:モバイルゲームユーザーの消費行動・態度分析
第3章:主要IPクローズアップ
第4章:モバイルゲームユーザーと関連エンタメ市場との関係性
第5章:最新売上ランキングデータ
第6章:ゲーム関連企業情報

刊行記念キャンペーン

 2018年1月末までの期間内に書籍版をご注文の方に、PDF版(CD-ROM)を差し上げます。PDF(CD-ROM)+書籍セット版[68,000円+税]より47%OFFの36,000円+税で、お得にご購入いただけます。詳細は、本書紹介サイトをご確認ください。

※受付期間:2018年1月31日お申し込み分まで

ebten内購入ページ

書籍版
PDF版(CD-ROM)

・『ファミ通モバイルゲーム白書2018』は、エンターブレインのオンラインショッピングサイト「ebten」専売となります。書店での販売は行っておりません。
・電子書籍版につきましては、後日、「BOOK☆WALKER」をはじめとする電子書籍ストアにて配信予定です。

2階を「減築」で平屋暮らしも “終のすみか”用リフォーム増加中 – AERA dot.

まるで新築の外観に大変身!(住友不動産提供)

まるで新築の外観に大変身!(住友不動産提供)

50代以上のリフォーム費用(リクルート住まいカンパニー2016年調査より)(週刊朝日 2017年12月15日号より)

50代以上のリフォーム費用(リクルート住まいカンパニー2016年調査より)(週刊朝日 2017年12月15日号より)

失敗しない施工業者選び(SUUMOリフォーム、リノベーション住宅推進協議会などへの取材から)(週刊朝日 2017年12月15日号より)

失敗しない施工業者選び(SUUMOリフォーム、リノベーション住宅推進協議会などへの取材から)(週刊朝日 2017年12月15日号より)

50代以上がリフォーム検討時に重視していたこと(リクルート住まいカンパニー2016年調査より)(週刊朝日 2017年12月15日号より)

50代以上がリフォーム検討時に重視していたこと(リクルート住まいカンパニー2016年調査より)(週刊朝日 2017年12月15日号より)

50代以上がリフォーム実施時に苦労したこと・困ったこと(リクルート住まいカンパニー2016年調査より)(週刊朝日 2017年12月15日号より)

50代以上がリフォーム実施時に苦労したこと・困ったこと(リクルート住まいカンパニー2016年調査より)(週刊朝日 2017年12月15日号より)

 人生100年時代は確実にやってくる。気になるのは「終のすみか」。暮らしやすい老後の居住空間を求め、50代や60代を中心に自宅を“変身”させるリノベーションを考える動きが広がっている。残りの人生を快適に過ごすために、理想の「家」の設計図を描いてみよう。

【失敗しない施工業者選びとは?】

 人は年を重ね、やがて衰えていく。老いを視野に入れたときに、いくつか頭の中に浮かぶのだが、その一つが、「終(つい)のすみか」だという。

 内閣府が発表する高齢社会白書(2015年版)によると、60歳以上が回答した「身体が虚弱化したときに望む居住形態」の調査で、7割近くが「自宅に留まりたい」と回答している。老人ホームでもなく、病院でもなく、「最期は自宅で」と考える人が多いのだ。

 しかし、17年版の白書では、こんな調査結果が出ている。

 65歳以上の高齢者による事故は8割近くが住宅内であり、そのうちの45%が居室での事故──。

 20歳以上65歳未満と比較すると、その割合は10ポイント近く開きがあり、加齢とともにそのトラブルを意識した生活を送ることになる。

 アクティブシニアと言われる60代でも前述のように生活に支障が出てくるのだから、75歳にもなると、一人でこなせないことが増え、より小さな生活単位になっていく。転倒でもしたら寝たきりになってしまうこともままある。85歳を過ぎると認知症も増える傾向にあり、食事や排泄(はいせつ)、入浴までもがしんどくなる。

 いま、50代から60代を中心に、自宅を改築したり改装したりする「リノベーション」を検討する人たちが増えている。体が動くうちに、住環境をがらりと変えてしまうという発想だ。

 リノベーションやリフォームの基礎知識や実例を紹介する「SUUMOリフォーム」編集長の福澤佳恵さんは言う。

「住環境を変えた方々にお話を聞くと、『もっと早くやっておけばよかった』という意見が多いです。快適に過ごせる期間を長くしたい、という思いの表れではないでしょうか。老後に備え、50~60代のうちにバリアフリーのリフォームなどをやってしまおうという方が増えています」

 リノベーションやリフォームを希望するのは、50代から70代が8割を占めるという。「自宅を変える」決断は、思った以上に“気力”がいる。高齢になるほど、それが萎(な)えてしまい、おっくうになるようだ。また、老後の生活費も気になるところ。だから「まだ現金収入があるうちに」「退職金などで手元に現金があるこの機会に」といった気持ちが働くようだ。



「幽 遊 白書」新作アプリ、初公開映像&キャラステッカーがジャンフェスに – コミックナタリー

12月16日・17日に千葉・幕張メッセにて開催される「ジャンプフェスタ2018」に、モバイルオンラインゲーム会社のKLabが出展。ブースでは冨樫義博原作による「幽☆遊☆白書100%本気(マジ)バトル」、高橋陽一原作による「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」、久保帯人原作による「BLEACH Brave Souls」のコーナーが展開される。

「幽☆遊☆白書100%本気(マジ)バトル」は幽助、桑原、蔵馬、飛影らがSDキャラとして登場し、5人編成のチームでほかのプレイヤーとバトルを繰り広げる新作スマートフォンアプリ。アニメ版のキャストが出演し、キャラボイスを楽しめることが特徴だ。配信日は未定。「ジャンプフェスタ2018」のブースでは最新映像が初公開されるほか、幽助たちと一緒に写真が撮れるフォトスポットが設置される。またブース来場記念として、オリジナルのステッカーを先着順でプレゼント。

さらに配信中のアプリ「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」「BLEACH Brave Souls」でも、オリジナルグッズがゲットできるガチャが用意された。このほか「キャプテン翼」ではVR体験ゲーム、「BLEACH」ではフォトコーナーも楽しめる。

【中国自動車白書】北京汽車 現代が大苦戦、EV拡大に期待 – NNA.ASIA

中国5位の自動車メーカーで、韓国現代自動車、ドイツ・ダイムラーと乗用車合弁事業を展開している。2017年は中韓関係の悪化を受け、主力とする現代ブランド車の販売が激減。自主ブランドも不調で、国内6位の広州汽車集団(広汽集団)との差が縮まりつつある。一方で力を入れてい…

『幽 遊 白書 100%本気(マジ)バトル』、『キャプテン翼 ~たたかえ … – PR TIMES (プレスリリース)

KLabGamesブース内では『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』、『BLEACH Brave Souls』のキャラクターと一緒に写真が撮れるフォトスポット、プロモーションビデオ上映やVR体験コーナー、オリジナルグッズの無料プレゼントなど、みなさまに楽しんでいただけるコンテンツが盛りだくさん!ぜひブースに足を運んでください。

KLabGamesブースイベント

  • 『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』

<

p id=”p-iframe-image-89882-2″>

◆スペシャルPV上映
【内容】初公開となる最新映像をブース内で公開します!大迫力の映像をお見逃しなく!

◆フォトコーナー

【内容】浦飯幽助ほか人気キャラクターと一緒に写真が撮れるフォトスポットが登場。好きなキャラクターと一緒に写真を撮ろう!

【ブース来場記念プレゼント】ステッカー 5種類からランダムで1枚を無料プレゼント!

※数に限りがありますのでご希望に添えない場合もございます。
※画像はイメージになります。

▼詳細は本日公開の特設サイトと公式Twitterをチェック!▼

『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル 』ジャンプフェスタ2018特設サイト    

URL:https://www.yuhaku-maji-battle.com/event/jumpfesta.php

『幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル』公式Twitter        

URL:https://twitter.com/yuhaku100

原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)

©Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 ©ぴえろ/集英社

©KLabGames/AXEL GameStudio Inc.

  • 『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』

<

p id=”p-iframe-image-89882-4″>

◆スペシャルガチャコーナー
【内容】KLabGamesコーナーで『キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜』のオリジナルグッズをゲットしよう!
【参加方法】スペシャルガチャを回すだけ! ※お1人様1回引くことができます。
◆VRで必殺技を体感 ~ 全日本のゴールを守れ!キミがSGGK! ~

【内容】ゴールキーパーになって有名選手のシュートを止めろ!3回挑戦で結果に応じて『キャプテン翼』オリジナルグッズをプレゼント!

【オリジナルグッズ内容】Tシャツ2種類、スマホクリーナー、ステッカー2種類

▼詳細は公式サイトと公式SNSアカウントをチェック!▼
『キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜』 公式サイト内お知らせページ    
URL:https://www.tsubasa-dreamteam.com/news/index.html

『キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜』 公式Twitter    

URL:https://twitter.com/tsubasa_dteam

『キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜』 公式Facebook    

URL:https://www.facebook.com/tsubasadteam/

©高橋陽一/集英社

©高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム

原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版)

©KLabGames

※数に限りがありますのでご希望に添えない場合もございます。

※画像はイメージになります。

 

  • 『BLEACH Brave Souls』

<

p id=”p-iframe-image-89882-6″>

◆スペシャルガチャコーナー
【内容】KLabGamesコーナーでブレソルオリジナルグッズをゲットしよう!
【参加方法】 KLabGamesブース内ブレソルコーナーのガチャ前に並ぶだけ!
※お1人様1回引くことができます。

【オリジナルグッズ内容】Tシャツ、ステッカー、クリアファイル

◆フォトコーナー
【内容】千年血戦篇で登場した人気キャラクターと一緒に写真が撮れるフォトスポットが登場。好きなキャラクターと一緒に写真を撮ろう!

◆ジャンプフェスタ2018開催記念ログインボーナス

【内容】実施期間:12月11日(月)0:00~12月17日(日)23:59

期間中にログインした方全員に毎日「通魂符5個と霊玉5個」をプレゼント!

7日間ログインで「通魂符35個と霊玉35個」を手に入れることができるので忘れずログインしよう!

▼詳細は公式サイトと公式SNSアカウントをチェック!▼

『BLEACH Brave Souls』公式サイト        

URL:https://www.bleach-bravesouls.com/

『BLEACH Brave Souls』公式Twitter        

URL:https://twitter.com/Bleach_BS

『BLEACH Brave Souls』公式Facebook        

URL:https://www.facebook.com/BleachBraveSouls

©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ

©KLabGame

※数に限りがありますのでご希望に添えない場合もございます。

※画像はイメージになります。

  • 『KLabGamesオリジナルグッズ』

 

◆『KLabGamesオリジナルグッズ』プレゼント
【内容】スペシャルガチャコーナー、VRコーナーでTシャツが当たった方にKLabGamesオリジナルバッグプレゼント。
※数に限りがありますのでご希望に添えない場合もございます。
※画像はイメージになります。

「ジャンプフェスタ2018」

【日時】             2017年12月16日(土)・17日(日)

【会場】              幕張メッセ 国際展示場 展示ホール1〜8

【KLabGamesブース】    展示ゾーン2 5ホール

KLab(クラブ)株式会社

社名:KLab株式会社(英文名:KLab Inc.)

代表者:代表取締役社長 真田哲弥

設立:2000年8月1日

資本金:46億2136万円(2017年9月末現在)

株式公開:東京証券取引所・第一部(3656)

本社所在地:〒106-6122 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

事業内容:モバイルオンラインゲームの企画・開発・運用URL:http://www.klab.com/jp