コースでゴルフ 3割減 レジャー白書から見えるもの – 日本経済新聞

 日本生産性本部がまとめた「レジャー白書2017」には、日本のゴルフ関係者にとって衝撃的な数字が記されていた。ゴルフコースで年に1回以上プレーしたことのある2016年のゴルフ参加人口は前年に比べ210万人も少ない550万人だった。この1年間で27.6%減っており、実にピーク時の3分の1になった計算になる。

「Gちゃれ」に参加し、ゴルフコースでレッスンを受ける大学生=大学ゴルフ授業研究会提供

「Gちゃれ」に参加し、ゴルフコースでレッスンを受ける大学生=大学ゴルフ授業研究会提供

 レジャー白書は毎年、全国の15歳から79歳までの男女3300人余りを対象にインターネットを使って調査している。たとえばゴルフなら、1年間に1回以上プレーした参加率と、15~79歳の人口1億66万人(総務省統計局推計、17年1月時点)を掛けて参加人口を推計する。今回の大幅な減少について、ゴルフ関連業界の動向に詳しいゴルフ用品界社(東京・新宿)の片山哲郎社長は「数字のインパクトが強く、信ぴょう性を確認する必要があるのではないか」と指摘する。そのうえで、「ゴルフ人口の減少傾向が続いている事実を受け止めなければならない」とも語った。

ゴルファー、60~70代が過半数

 性別と年代別の構成比をみると、さらに衝撃的な数字がみえてくる。年代別の構成比は60代が23.1%、70代は29.7%だった。60代、70代を合わせた52.8%を上回るのはゲートボール(63.5%)だけ。ゴルフをする人の半数以上をこの年代が占めており、15年(48.4%)に比べて一段と高齢化が進んだ。また、女性の比率は13.7%で、前年に比べ0.8ポイント減った。性別や年齢を問わず楽しめるのがゴルフの魅力にもかかわらず、まだまだ女性の比率が低いのが現状だ。

 ゴルフの参加率は5.5%で、前年から2.0ポイント下がった。特に目立つのは50代男性(15.8%→8.5%)と40代男性(11.0%→8.3%)。2桁の参加率があったこの世代の大幅な落ち込みが影響している。

 ゴルフ界にとって明るい兆しはないだろうか。前年より参加率が増えた世代がある。10代、20代の女性だ。比率は低いが、10代が0%から3.0%、20代は0.9%から1.5%にそれぞれ増えた。今年限りでの現役引退を発表した宮里藍が03年にプロ入りしてから、若手女子プロの活躍が続いており、若い女性にゴルフがより身近なスポーツになってきている表れかもしれない。

 また、レジャー白書はゴルフ練習場の参加人口、参加率も推計している。練習場に行くだけで実際にコースに出てプレーしていない比率が多い世代は10~20代の男性、20~30代の女性だ。このコースデビュー「予備軍」に着実にコースへと足を運んでもらえるよう、大切に育てていくことが課題である。

『幽 遊 白書』のキャラクターたちを水彩風にアレンジした缶バッジ(6種)と25th記念イラストを使用したキャンバスアートの受注を開始!!アニメ・漫画のオリジナルグッズを … – Dream News (プレスリリース)

25th記念イラストを使用したキャンバスアートをご用意しました。
お部屋に飾るなどして、作品の世界観をお楽しみください。

▽仕様
価格  :¥5,000 + 税
サイズ :F3号(27.3cm x 22.0cm)
素材  :木材、化繊

▼受注サイト:AMNIBUS(アムニバス)
https://amnibus.com
「日常で使える」キャラクターグッズをお届けします。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社アルマビアンカ
住所: 166-0012 東京都杉並区和田3-57-7 ハイマンションウエスト高円寺 3階
電話: 03-5913-8420
担当: 齊藤直樹
Mail: info@armabianca.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元 株式会社アルマビアンカ
Web http://armabianca.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊) (C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 (C)ぴえろ/集英社

7月30日発刊「住生活ビジネス白書2017」における誤表記のお詫びと訂正 – 新建ハウジング

日頃より新建ハウジングをお引き立てくださいまして誠にありがとうございます。

7月30日に発行いたしました『住生活ビジネス白書2017』の「住宅ネットワーク×住宅商品DATA」(P86~)におきまして、一部写真と商品名が合わない誤掲載がございました。誠に申し訳ございませんでした。お詫びならびに訂正をさせていただきます。

以下に訂正後の該当ページ(P91_差し替えデータ)をご用意いたしました。お手数ですが出力いただき差し替えてご利用くださいますようお願い申し上げます。

P91_差し替えデータ

(誤掲載内容:TALOログハウス 代理店ネットワーク様の商品3点の商品名と写真の誤り)

読者、関係者の皆さま、誤記によってご迷惑をおかけした方々に、心よりお詫び申し上げます。
今後このようなことがないよう十分留意してまいります。
今後とも新建ハウジングを何卒よろしくお願い申し上げます。

該当ページの見本画像です。出力は、上記「P91_差し替えデータ」からお願いします。

該当ページの見本画像です。出力は、上記「P91_差し替えデータ」からお願いします。

住宅ビジネスに関する情報は「新建ハウジング」で。試読・購読の申し込みはこちら

貞淑美女タレントの性白書 巨乳女子アナ15人 下心モロ出しエッチ発言 … – エキサイトニュース

 ここからは、NHKから順を追って見て行こう。
 『あさイチ』でおなじみの“お局”有働由美子アナ(48)は、
 「ワキ汗をかいていいことにしよう!」
 「(視聴者からのFAXに)ずうずうしいですね、この方は!」
 とほとんど唯我独尊状態。
 「このままいけば理事は確実。NHK初の女性会長の可能性だってあるのですから、誰も面と向かって文句は言えません。結婚はあきらめたようです」(女子アナウオッチャー)

 その点、『ニュースウオッチ9』の桑子真帆アナ(30)は5月末にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚したばかりで絶好調!?
 「谷岡アナがインタビューで『彼女が深夜に帰ってきて、1時間ぐらい晩酌するのが楽しみ』と語っていましたが、これは危ない。エッチな気分になって、すぐに妊娠してしまい“産休”ってことになりかねませんよ」(前出・女子アナライター)

 「あれこれ言われて、引くぐらい傷ついています。もう耐えられない」
 と本音を漏らしたのは、日本テレビの水卜麻美アナ(30)。
 「『ニノさん』で、ゲストの坂上忍から“好かれると当然、嫌いも出てくる。傷ついているんじゃないの?”と言われたとき、こう答えたのです。4年連続で『好きな女子アナ』1位になった彼女も、今年で30歳。昨年秋頃からフリーに転じるとの噂が絶えません」(女性誌記者)

 「やめてくださ~い」
 と悶絶したのはテレビ朝日の竹内由恵アナ(31)
 「プロバスケット選手・田臥勇太との熱愛発覚直後、『やべっちF.C.』に出演。

朴槿恵政権の政策白書、海外歴訪は「55万8268キロメートルの偉大な旅路」 – The Hankyoreh japan (風刺記事) (プレスリリース)

登録 : 2017.08.22 03:34 修正 : 2017.08.22 07:20

朴槿恵政権を”自画自賛”した政策白書 
「創造経済・文化隆盛」について 
「革新の拠点作った成果」と表現  
「チェ・スンシルゲート」に直接言及せず 
「不正・疑惑事件」と記述

朴槿恵前大統領の海外歴訪を「55万8268キロの偉大な旅路」と表現した朴槿恵政権の政策白書=ソン・ギョンファ記者//ハンギョレ新聞社

 朴槿恵(パク・クネ)政権の大統領府関係者らは「朴槿恵政権の政策白書」を通じて、過去4年間の成果を広報した。彼らは朴槿恵前大統領が参加した国内外行事と海外歴訪について「偉大な旅路の足跡」と表現したり、創造経済革新センターについては「創業と革新の拠点を設けた」と自評した。弾劾の原因となった「チェ・スンシルゲート」については直接的な言及を避けたまま、「不正・疑惑事件」と表現しただけだった。  21日、白書の内容によると、朴槿恵政権は「『希望の新時代』という国政のビジョンを実現するため、5年間絶え間ない変化と革新の道を歩んでおり」、国内行事5万7458キロメートル(1424回)と海外行事50万811キロメートル(699回)など、合わせて「55万8268キロメートルの偉大な旅路」を経て、「国家競争力と外交力を大きく拡張させた」。朴前大統領が52カ国67都市を歴訪し、「朴槿恵政権発足後、歴代のどの政府よりも大韓民国の外交力が大きく拡張した」いうのが白書に盛り込まれた評価だ。  この他にも白書には、朴前大統領の活動に対する肯定的評価が並べ立てられている。まず、核心改革課題を推進するために「朴槿恵大統領は年末、成果の点検会議を直接主宰し、推進が遅れたり推進方向を総合的に検討する必要がある場合は、事案ごとに課題を細かくチェックすることで、早期の成果創出に向けて積極的に努力した」と書かれている。また、チャ・ウンテク監督に関連した疑惑で議論になった「創造経済革新センター」については「2014年9月、大邱(テグ)センターを皮切りに、2015年7月には仁川(インチョン)センターまで発足を終え、全国どこでも簡単に訪ねることができる創業と革新の拠点を設けた」と自評した。

朴槿恵政権の政策白書に盛り込まれた朴槿恵前大統領の写真。2015年8月27日「創造経済革新センターフェスティバル」の開幕式に出席した朴元大統領の姿(右)=ソン・ギョンファ記者//ハンギョレ新聞社

 一方、白書には「チェ・スンシルゲート」に対する直接的な言及はなく、「ただ、不正・疑惑事件で文化創造融合ベルト事業が全面再編されるなど、文化政策に対する国民の信頼が低下する限界があった」と記述された。朴槿恵政権の「文化隆盛」の基調により、「外国観光客が1700万人を突破し、文化コンテンツ産業の輸出も持続増加するなど、文化・観光産業規模が成長すると共に、人文学法・文学振興法などの制定で文化政策の継続可能性を高めるための法的基盤が強化されるなど、成果があった」は評価した後、付け加えた一行だった。白書の発刊を記念し、ハン・グァンオク前大統領秘書室長が「弾劾」に対する直接的な言及は避けたまま、「予期しなかった政策環境の変化」と表現したことの延長線上にあると言える。  評価する内容が続いた一方、成果を達成できなかった原因を国会に求める内容も多かった。年度別の推進実績を評価し、大統領府の関係者たちは「朴槿恵政権は2015年1年間、韓国経済の体質改善と活性化を通じた『雇用創出』を最優先課題にして全方位的な努力を展開することで、意味ある成果を創出した」としたうえで、「ただし、労働改革関連法案やサービス産業発展基本法案など、主な立法が一部遅れたり、完了されず、当初目標にしていた成果を完全に達成できなかった点は残念と言わざるを得ない」と明らかにし、国会に責任を転嫁した。  彼らは、過去事の名誉回復に向けた朴前大統領の成果も高く評価した。朴槿恵政権が「憲法裁判所の緊急措置の違憲決定後、被害者1000人のうち500人以上の訴訟案内対象者を分類し、362人の人的事項などを把握した」とし、「これは、緊急措置による被害の真相究明、被害者の名誉回復と補償が個別的に行われ、全般的な現況把握には限界を露呈した過去の真実和解委員会と民主化運動補償審議委員会の成果を超えたものだ」と主張した。朴槿恵政権当時、検察は真実和解委などを通じて、再審を申請した過去事の被害者たちを対象に控訴、上告を繰り返した。  白書には、朴前大統領の「日誌」が整理されているが、日程がまったくないか、一つだけ書かれている場合が多かった。朴前大統領の最後の日程は、昨年弾劾された日(12月9日)に行われた首相や省庁長官との懇談会だった。  白書の執筆は、朴槿恵大統領の秘書室で担当した。カン・ソクフン元経済首席秘書官、ホ・ウォンジェ元政務首席、ヒョン・デウォン元未来戦略首席などが執筆・監修に名を連ねた。白書を印刷して配布した文化体育観光部は内容には関与しなかったという。昨年末から始まった白書の執筆は、今年5月に完了され、7月末印刷を終えて8月から公共機関を対象に配布されている。文体部の関係者は「通常、政権末に白書が発刊されるが、今回は弾劾という特殊な状況があっただけに、発刊するかどうかをめぐって議論になっていた」とし、「“政策”は記録に残すことに決定しており、そのため『国政白書』ではなく『政策白書』に限定して政治的な内容を除いて発刊することになった。(政権交代後)現政府も発刊の決定に同意した」と話した。同関係者は「白書発刊の予算5億ウォン(約4800万円)は、執筆者の原稿料」で、「(大統領府関係者を除いた)外部の執筆者に支給される予定」だと話した。白書には、朴槿恵政権の大統領府関係者らの名前だけが書かれており、外部の執筆者リストは載っていない。 ソン・ギョンファ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr ) 韓国語原文入力:2017-08-21 22:57
http://www.hani.co.kr/arti/politics/polibar/807697.html 訳H.J(2611字)

関連記事

「 おそ松さん 」20P総力特集&「 幽 遊 白書 」メモリアル特集! 『 アニメぴあ Shin-Q (シン・キュー) 』~秋の新作「十二大戦」、注目の「DIVE!!」「交響詩篇エウレカセブン」も~ – 時事通信

[ぴあ株式会社]

『アニメぴあ Shin-Q (シン・キュー)』
ぴあ株式会社では、新作はもとより人気の旧作もしっかり紹介する、これまでにないアニメ誌『 アニメぴあ Shin-Q (シン・キュー) 』を、9月8日に発売いたします。

BOOKぴあ http://piabook.com/shop/g/g9784835633114/
Amazon https://goo.gl/FjiXfz

巻頭は、10月からアニメ第2期がスタートする「おそ松さん」の20P総力特集! 櫻井孝宏の撮り下ろしインタビュー、藤田 陽一監督インタビュー、テレビアニメ第2期最新情報、6つ子たちの魅力を振り返り&声優陣コメントなど盛りだくさんの内容です。
▽編集長コメント▽
「ユーモアたっぷりに取材現場を盛り上げていただいた櫻井さんにテレビアニメ『おそ松さん』第2期への意気込みや好きな旧作アニメ作品などお伺いしました。取材時の雰囲気のまま、楽し気な誌面になりました。是非ご一読ください」

秋の新作特集「 十二大戦 」は同じ所属事務所の先輩・後輩にあたる岡本信彦さん(憂城)と堀江瞬さん(寝住)の初めての対談を掲載しています。お二人のほのぼのとした関係が垣間見れる内容になりました。アニメの作中では二人は…。キャストにも注目して作品を見てください。同特集の「 いぬやしき 」では、現在、「 キャストは誰だ!? 」キャンペーンで話題のお二人の対談を掲載。「Code:Realize」はルパン役の前野智昭さんにゲームからアニメ化された際の感想などをインタビュー。各キャラクターへの感想など見どころ満載です。

注目の秋アニメ作品紹介に加え冬アニメの情報も掲載。大人気放映中の「 DIVE!! 」は、ここまでの振り返りと鈴木薫監督インタビュー。人気の秘密に迫ります。

そして本誌の特徴である「メモリアル特集」を飾るのは、テレビアニメ25周年を迎えた「 幽☆遊☆白書 」振り返り特集のほか最新情報も掲載しています。「 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1 」では京田智己監督のインタビューのほか、三瓶由布子さん、名塚佳織さんの対談も見どころ。「全身全霊を打ち込んだ」という古谷徹さんのインタビューは作品を見る前に是非お読みください。

『アニメぴあ Shin-Q 』ロゴ

企業プレスリリース詳細へ (2017/08/21-19:25)

「情報メディア白書 2017」英語版、電子書籍として刊行 – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

2017年8月21日

株式会社 電 通

「情報メディア白書 2017」英語版、電子書籍として刊行

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、日本メディア市場への国際的な注目に応えるため、「情報メディア白書」*を英語化し、電子書籍として株式会社ダイヤモンド社(本社:東京都渋谷区、社長:石田 哲哉)からGoogle Play上で発売します。英語版の刊行は2014年から4回目となります。また今年も電通の英語版ホームページでPDFの無料ダウンロードができます。

 日本の情報メディア産業の概観を海外に紹介することを目的に、「情報メディア白書2017」
の中から代表的な8分野(Print/ Broadcasting/ Telecommunications/ Films and Videos/ Pop Culture/ Games/ Online Services/ Advertising)をピックアップし、各分野についてデータを交えながら分かりやすく解説をしています。

<情報メディア白書2017英語版の概要>
・書籍名:『Information Media Trends in Japan 2017』
・発行元:株式会社ダイヤモンド社
・編著:株式会社電通 電通総研 メディアイノベーション研究部
・発行日:2017年8月21日
・提供方法:電子書籍としてGoogle Playを通じてリリース
      電通英語版ホームページでもPDFダウンロード可能
・配信:110以上の国および地域(日本および主要諸外国)
・価格:無償
・Google Play URL:
 https://play.google.com/store/books/details/Dentsu_Innovation_Institute_Information_Media_Tren?id=SDQwDwAAQBAJ&hl=ja
・電通ホームページ URL:
 http://www.dentsu.com/knowledgeanddata/publications/

※「情報メディア白書」は、電通総研メディアイノベーション研究部の編著による、メディア業界の概観とデータを掲載する書籍。創刊から24回目を数える。

【本件に関する問い合わせ先】
 株式会社電通 コーポレートコミュニケーション局 広報部
        渓 TEL:03-6216-8041

【内容に関する問い合わせ先】
 株式会社電通 電通総研 メディアイノベーション研究部
        湯沢、北原、天野 TEL:03-6216-8093

情報通信白書から読み解く、企業が着手すべき「AI・IoT施策」 – ZDNet Japan

 総務省は7月28日、平成29年版の「情報通信に関する現状報告」(平成29年版情報通信白書)を公表した。

 平成29年版情報通信白書では、データ主導経済(data-driven economy)と多種多様なデータの生成、収集、流通、分析、活用を徹底的に図ることにより、あらゆる社会経済活動を再設計し、社会の抱える課題の解決が図られる社会変革を特集テーマとしている。

 本白書では、以下の第1章ー第5章から構成されている。

  • 第1章 スマートフォン経済の現在と将来
  • 第2章 ビッグデータ利活用元年の到来
  • 第3章 第4次産業革命がもたらす変革
  • 第4章 社会的課題解決に役立つICT利活用
  • 第5章 熊本地震とICT利活用

 今回は、第3章の「第4次産業革命がもたらす変革」を中心に取り上げる。本章では、第4次産業革命によってもたらされる世界的な潮流や変革の可能性などを概観し、産業構造などに与える変化や、日本の第4次産業革命の実現のための進むべき方向性や展望、経済的インパクトなどについて解説する。

     第1次産業革命から第4次産業革命までを世界経済フォーラム(World Economic Forum:WEF)では以下のように、定義している。

  • 第1次産業革命:家畜に頼っていた労力を蒸気機関など機械で実現
  • 第2次産業革命:内燃機関や電力で大量生産
  • 第3次産業革命:コンピュータの登場でデジタルな世界が開き、IT・コンピューター・産業用ロボットによる生産の自動化・効率化の進展
  • 第4次産業革命:デジタルな世界と物理的な世界と人間が融合し、あらゆるモノがインターネットにつながり、蓄積されるさまざまなデータをAIなどで解析し、新たな製品・サービスを開発

 「第4次産業革命」という言葉が一般的に認識されるようになったのは、ドイツで2010年に提唱した「Industrie 4.0」からと言われており、米国やイギリスなどの各国の取り組みは以下のとおりだ。