神奈川銀、純利益2.5倍 4~9月 :日本経済新聞 – 日本経済新聞



 神奈川銀行が13日発表した2017年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.5倍の7億6200万円だった。取引先の増加により、貸出金などからの利息収入を示す資金利益や、ビジネスマッチングなどの手数料収入が増えた。

 本業のもうけを示す単体の実質業務純益は53%増の6億7800万円だった。貸出金利回り(期中平均)は1.73%と0.01ポイント下落したが、取引先の開拓を進めたことで資金利益が増えた。融資先の法人数は9月末時点で4208社と前年9月末に比べ7.5%増え、期末の貸出金残高は3476億円と4.5%増えた。

 経費は働き方改革による残業代削減などで減った。



こんな記事も読まれています



コメントを残す