東京マーケット・サマリー(17日) – ロイター

<外為市場>

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安の113円半ば。午前は実需筋の買いなどで上昇する場面もあったが、一巡した午後は動意が極端に乏しくなった。夕刻に入ってもレンジ取引が続いている。

<株式市場>

東京株式市場で日経平均は反落。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控える中、国内は3連休前でもあり、ポジション調整の売りが優勢だった。見送りムードも広がり、日中値幅(高値と安値の差)は約59円とこう着した相場が継続。大引け直前にやや強含んだものの、総じて中小型株を中心とした個別物色主体の展開となった。

東証1部騰落数は、値上がり742銘柄に対し、値下がりが1116銘柄、変わらずが148銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.039%になった。連休を控えて、金融機関の資金調達意欲がしっかりと示された。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。日銀の国庫短期証券(TB)買い入れ結果は無難。6カ月物や1年物の新発債中心に落札されたとみられている。

<円債市場> 

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です