米公定歩合、3連銀が据え置き要求 3月FOMC目前に=議事要旨| ロイター – ロイター



[11日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)が公表した公定歩合に関する会合の議事要旨から、3月14━15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を目前に控えた3月9日時点で、12地区連銀中影響力の強いニューヨーク連銀および、セントルイスとミネアポリスの計3連銀が据え置きを主張していたことが明らかになった。

2月23日と3月2日の両日に開かれた会合では、これら3連銀に加え、サンフランシスコとアトランタの両連銀が「今後数カ月」で入手されるデータを見極めたいとし、公定歩合の据え置きを求めていた。

残りの7連銀は、米経済活動や労働市場に弾みがつき、インフレ率もFRBの目標である2%に向かって上昇するとの見方から、公定歩合の引き上げを主張していた。

サンフランシスコとアトランタ連銀は3月9日の会合で引き上げの支持に回った。



こんな記事も読まれています



コメントを残す