【バロンズ】2月の米雇用統計、季節調整で歪み – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

? 例外的に暖かかった2月

 米連邦準備制度理事会(FRB)は3月14-15日に開かれる連邦公開市場委員会(FOMC)会合でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現行の0.5~0.75%から0.25%ポイント引き上げるようだ。米労働省が3月10日に2月の雇用統計――非農業部門の就業者が23万5000人増加していた――を発表した時点で、疑いの余地はなくなってしまった。それは約20万人の増加というエコノミストたちのコンセンサス予想を上回っていたが、民間部門の就業者数が29万8000人増加したとする…

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です