貿易・サービス収支は一転黒字に 2016年国際収支状況速報値発表 – NET-IB NEWS

airport 財務省は8日、2016年の国際収支状況の速報値を発表した。経常収支は20兆6,496億円と、前年比4兆2,370億円のプラスとなった。

 このうち貿易収支は5兆5,793億円(前年比6兆9,117億円のプラス)、サービス収支は▲9,748億円(前年比7,036億円のプラス)となり、両者を合算した貿易・サービス収支は4兆6,045億円だった。前年比は6兆9,117億円のプラスとなり、大幅な増加により赤字から黒字に転化した。

 貿易収支の黒字は、前年比(ドル建て)で24.4%マイナスとなった原油価格の下落が主要因。サービス収支は赤字だが、旅行収支の黒字が拡大し、その他サービス収支の赤字幅が縮小したことにより、それぞれ前年比でプラスを計上している。訪日外国人旅行者数が2,000万人を越え(2,403万9,000人)過去最高を記録したことが、旅行収支の黒字拡大を強力にバックアップしているとみられる。

【深水 央】

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です