インタビュー:日米貿易協定、拒否する理由ない=伊藤元重氏 – ロイター



[東京 13日 ロイター] – 伊藤元重・東京大学名誉教授(学習院大教授)は、18日に第1回会合を開く日米経済対話で、貿易不均衡問題がテーマの1つになるとしても、対ロシア関係や北朝鮮問題を抱える米国は、日米関係の強化を優先、日本に厳しく対することはないとの見方を示した。

日米2国間貿易協定を巡っては、サービスや知的財産権の輸出で日本にメリットが大きく、拒否する理由はないとした。

貿易不均衡是正への対処方法に関しては、1980年代と異なり対米輸出の削減余地が小さいため、シェールガスの輸入増が効果的だと指摘。日本企業のシェア確保のうえで対米投資拡大もメリットになるとの見方を示した。

仮に朝鮮半島で有事が起きた場合、ドル高が進行したとしても、米国が相手国の通貨政策に介入してくるような状況にはないと指摘した。

伊藤教授は、政府の経済財政諮問会議の民間議員も務めている。

13日に行ったインタビューの詳細は以下の通り。

──日米対話で、米国から貿易不均衡是正の圧力がかかるケースは考えられるか。

「米国にとって現状は、貿易や為替問題よりも、対ロ関係や北朝鮮問題が深刻化する中で、日米関係(の強化)の方を優先する状況だ。貿易問題が議題になるとしても、話し合いは実務者レベルではなく閣僚間だということを踏まえると、今議論して来月からこうしようということにはならない。定期的に時間をかけて進めていくものだ」



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です