ランド円ショートコメント(2017年6月19日) – FX羅針盤



まず先週の振り返りですが、ランド円は「8.35レベルをサポートに、8.60レベルをレジスタンスとする流れ」を見ていました。実際のレンジは安値が8.49レベル、高値が8.70レベルと、予想よりはランド高の推移となったものの、膠着した値動きを続けました。

先週の南アフリカの経済指標は小売売上高が予想よりも強く、日米金融政策イベントもあることから、やや水準を上げた後は目立った動きは見られず、また先週の段階でテクニカルに懸念したレンジの下抜けも無かったことで、動きにくかったといってしまってよいかと思います。

今週は20日に1〜3月期の経常収支(予想−780億ランド、前回―760億ランド)、21日にCPI(予想同年前月比+5.3%、前回+5.3%。)と2つの材料があります。どちらも予想から上下に振れた場合に一時的にランドに動きが出て来る可能性はあるものの、よほど変な数字も無い限りレンジを変えるほどの影響も無いと言えるでしょう。

4時間足チャート(上からランド円、ドルランド、ドル円)をご覧ください。



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です