トルコリラ円レポート月曜版(2017年6月19日) – FX羅針盤

まず、先週の振り返り(ショートコメント)ですが、トルコリラ円は「30.70レベルをサポートに、31.70レベルをレジスタンス」としました。実際のレンジは、安値が31.05レベル、高値が31.76レベルと、予想よりも若干狭いレンジでの推移となりました。

先週のトルコリラは、12日GDP、15日失業率、同日中銀政策金利と注目材料が多かったのですが、順に見て行くとGDPは予想3.5%に対して5.0%とかなり強い数字であったにもかかわらず、トルコリラへの影響はほとんど見られませんでした。そして失業率は予想12.0%に対し、11.7%とこちらもやや良い数字となったもののこちらも材料とはされず。

政策金利は、予想通りではあったもの政策金利も実質的な政策金利である後期流動性金利も現状維持で、過去3回利上げが行われた後期流動性金利も状況の改善を理由に今回は利上げを見送ると同時に、引き続き引き締めスタンスを維持し必要に応じて一段の引き締めを行うとの声明を出しました。

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です