『ツインエンジェルBREAK』456濃厚台の実戦データ公開……シリーズ史上最高の波の荒さ!? – Business Journal

『ツインエンジェルBREAK』456濃厚台の実戦データ公開......シリーズ史上最高の波の荒さ!?の画像1

 前作『快盗天使ツインエンジェル3』から約5年、満を持してリリースされた新台『ツインエンジェルBREAK』。ツインエンジェルシリーズは、コミカライズやアニメ化などのメディアミックスを積極的に行っている、数多くのシリーズファンを抱えているなど、パチスロ発のコンテンツとしては異例の存在です。

 先日6月5日に導入された本台、早速ですがプライベート実戦において「設定456濃厚」という、公式に発表されている高設定示唆の出た台を1日打ち切って参りました。収支は投資500枚からの出玉8000枚、「脱事故待ちって何だ?」的な上出来すぎる結果です。

 さて、今回ご紹介する実戦データは自分用に取っていたもので、お世辞にも詳細なものとは言えませんが、少なくとも高設定の挙動を確かめるには十分であろう内容です。細かな間違いなどあるかもしれませんが、少なくとも各種ボーナスなどの数値に関しては携帯連動サービス『マイスロ』とデータ機器で、間違いがないことを確認しております。

 このデータから高設定の挙動をご確認頂いた上で、さらに設定看破に役立つであろうポイントをご紹介していきましょう。

実戦データはこちらでご確認ください。※手書きで申し訳ない……

設定看破について

◯設定看破のメインとして見るべき数値
・ボーナス合算確率(ただし有意差を見るには最低でも3000Gは必要)
・エンジェルタイム(ART)中の純ハズレ目出現率
・高設定濃厚示唆演出の出現の有無(ボーナス確定画面、ボーナス終了時にサブ液晶に表示されるトロフィー)

◯設定差があり、数える価値はあるが、参考程度に留めるべき数値
・チェリー出現確率
・チェリー重複MB出現率
・カバン重複出現率(重複時はBB確定)

◯設定差はあるが、見る必要はないであろう数値
・スベリチャンス目重複MB出現率

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です