米貿易赤字:4月は前月比5.2%拡大、第2四半期の成長を抑制か – ブルームバーグ



4月の米貿易赤字は前月から拡大した。4-6月(第2四半期)に経済成長の足を引っ張る可能性が示唆された。

  米商務省が2日発表した4月の貿易収支統計によると、財とサービスを合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月比5.2%拡大して476億ドル。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想では461億ドルだった。3月は453億ドルだった。

  4月の輸出は0.3%減の1910億ドル。自動車や消費財が落ち込んだ。一方、輸入は0.8%増加して2386億ドルとなった。消費財や資本財の輸入が増えた。資本財の輸入は2年ぶりの高水準。

  財の赤字は684億ドルと、過去2年で2番目大きな入超となった。石油を除く財の赤字は617億ドルと、2015年3月以降で最大。

  国内総生産(GDP)の算出に使用されるインフレの影響を除いた実質財収支の赤字は635億ドルと、前月の607億ドルから拡大した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Wider U.S. Trade Gap May Signal Drag on Second-Quarter Growth(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です