中国企業、海外M&Aに急ブレーキ 復星や万達 – 日本経済新聞



 中国企業の海外でのM&A(合併・買収)に急ブレーキがかかっている。資金力を武器に海外で企業や不動産を「爆買い」してきたが、資金流出に歯止めをかけたい中国政府の「指導」で投資案件が相次ぎ凍結。2016年に1700億ドル(約19兆円)に膨らんだ中国の対外直接投資は今年、15年ぶりに減少に転じる公算が大きい。買収で海外の技術やノウハウを吸収してきた中国企業は戦略転換を迫られる。

 「最大のチャンスは中国…



こんな記事も読まれています



コメントを残す