新興国債券型の資金流入額 「為替ヘッジなし」が上位 – 日本経済新聞



 米国こそ政策金利を引き上げているが、世界的な金融緩和は継続している。少しでも高い利回りの確保を考えるなら、国債でも信用リスクを取り、新興国債券に投資する必要がある。だが新興国債券への直接投資は、個人だと情報の少なさや資金的な限りがあるため、分散投資が難しい。今年2月末までの1年に、どんな新興国債券型投資信託が人気だったのか調べた。…



こんな記事も読まれています



コメントを残す