トランプ氏、ドイツ貿易黒字批判だけは正論 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

――筆者のグレッグ・イップはWSJ経済担当チーフコメンテーター

***

 ドナルド・トランプ米大統領は先週、好戦的な姿勢で他の主要7カ国 (G7)首脳陣と向き合った。外遊中、対米貿易黒字を抱えるドイツを「とても悪い(very bad)」と批判した。(これを「邪悪(evil)」にあたるドイツ語に翻訳した日刊紙もあった)帰国後にはツイッターで再び同国の貿易不均衡について不満を漏らした。

 トランプ氏のこうした侮辱的な発言やふるまいに業を煮やしたのか、ドイツのアンゲラ・メルケル首…

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です