話題株ピックアップ【昼刊】:キヤノン電、IHI、エムスリー | 注目株 – 株探 … – 株探ニュース

市場ニュース

戻る

2017年04月26日11時40分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:キヤノン電、IHI、エムスリー

キヤノン電 <日足> 「株探」多機能チャートより

■キヤノン電子 7739>  2,035円  +242 円 (+13.5%)  11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 25日、キヤノン電子 7739> が決算を発表。17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益が前年同期比2.0倍の29.2億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。レーザースキャナーユニットの新製品などの販売が伸び、コンポーネント部門の収益が拡大したことが寄与。原価低減や生産性向上に加え、円安による為替差損の減少も大幅増益に貢献した。

■ラクス <3923>  1,919円  +195 円 (+11.3%)  11:30現在
 ラクス<3923>が大幅続伸し上場来高値を更新している。25日の取引終了後、集計中の17年3月期連結業績について、売上高が従来予想の49億300万円から49億3000万円(前の期比20.9%増)へ、営業利益が8億7900万円から9億6600万円(同23.2%増)へ、純利益が6億4600万円から7億2400万円(同37.6%増)へ上振れたようだと発表しており、これを好感した買いが入っている。次期主力サービスの「楽楽精算」を中心としたクラウド事業全体が好調に推移していることから売上高が計画を上回ったほか、今年5月の本社移転に関して居抜きでの退去が可能になったことで、既存オフィスにおける原状回復費用の計上が不要になったことや、広告宣伝費の計上時期が一部変更となったことなどが要因としている。

■オービック <4684>  5,990円  +450 円 (+8.1%)  11:30現在  東証1部 上昇率6位
 オービック<4684>が3連騰で新値追いとなっている。同社は25日取引終了後に、18年3月期通期の連結業績予想を公表。営業利益見通しを300億円(前期比7.7%増)としたほか、年間配当計画を前期比5円増配の95円としていることが好感されているようだ。売上高予想は650億円(同5.8%増)。景気回復に伴うシステム投資需要の増加を見込むとともに、クラウドコンピューティングビジネスの推進などで顧客満足度の向上を図るとしている。

■IHI <7013>  380円  +26 円 (+7.3%)  11:30現在  東証1部 上昇率8位
 IHI<7013>が急伸。25日の取引終了後、集計中の17年3月期連結業績について、営業利益が従来予想の380億円から460億円(前の期比2.1倍)へ、最終損益が収支均衡から50億円の黒字(同3.3倍)へ上振れたようだと発表しており、これを好感した買いが株価を押し上げている。資源・エネルギー・環境事業が想定を下回ったことから、売上高は1兆5000億円から1兆4900億円(同3.2%減)へ下振れたが、シールド、車両過給機、民間向け航空エンジン事業での採算改善や販管費の削減などが寄与し、営業利益は計画を上振れたとしている。また最終損益は、F-LNG・海洋構造物事業にかかわる事業構造改革費用および納入済みボイラ設備にかかる和解関連費用を特別損失に計上することから、収支均衡を見込んでいたが、固定資産売却益を特別利益に計上したことなどで計画を上振れたとしている。

■エムスリー <2413>  2,948円  +153 円 (+5.5%)  11:30現在
 26日、エムスリー <2413> が決算(国際会計基準=IFRS)を発表。17年3月期の連結税引き前利益は前の期比25.1%増の249億円で着地。続く18年3月期も前期比16.2%増の290億円に伸び、17期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。前期は製薬会社向けに医薬品情報サイトの利用が拡大したほか、医師向け人材紹介サービスが伸びた。また、治験プロジェクトが順調に進み、治験支援事業の収益も拡大した。今期も医薬品ポータル事業や治験事業の好調継続で2ケタ増収増益を見込む。

■KOA <6999>  1,835円  +90 円 (+5.2%)  11:30現在
 KOA <6999> が6連騰し、連日で年初来高値を更新した。株価は2007年2月以来、約10年ぶりの高値圏に浮上している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が25日付で同社の投資判断「オーバーウエート(強気)」を継続し、目標株価を1600円→2050円に増額したことが買い材料視された。リポートでは、17年3月期第4四半期(1-3月)決算で固定抵抗器需要の力強い回復を確認したと報告。車載向けや産機向けは安定した需要に支えられ、18年3月期も安定した四半期業績を刻む可能性が高いとしている。同証券では、18年3月期の連結営業利益を40億円→52億円、19年3月期を44億円→60億円にそれぞれ上方修正した。

■神戸物産 <3038>  4,295円  +195 円 (+4.8%)  11:30現在
 25日、神戸物産 <3038> が月次売上動向を発表。3月既存店売上高は前年同月比5.4%増と、今期に入り5ヵ月連続で前年実績を上回ったことが買い材料。昨年11月の8.0%に次ぐ高い伸び率となったことが好感された。3月1日から実施している「円安だけど還元SALE」が奏功し、客数が伸びたことが寄与した。同SALEは今月30日まで開催する予定としている。

■東急建設 <1720>  897円  +30 円 (+3.5%)  11:30現在
 東急建設<1720>が買い優勢、5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現から底値圏離脱を鮮明としている。同社は東急グループの準大手建設会社で都心再開発に絡む需要などを取り込んでいる。25日取引終了後、17年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を2380億円から2430億円(前の期比18.0%減)へ、営業利益を151億円から172億円(同5.4%減)へ、最終利益を116億円から136億円(同1.9%増)へ修正しており、これを材料視する買いを誘導した。工事採算の向上に伴う完成工事総利益の増加が寄与した。また、年間配当を従来予想の20円から26円に大幅増額しており、これを好感する買いを呼び込んでいる。

■デジタルアーツ <2326>  3,020円  +100 円 (+3.4%)  11:30現在
 デジタルアーツ<2326>が3日続伸。25日の取引終了後に提出された大量保有報告書で、ひふみ投信などの運用を手掛けるレオス・キャピタルワークス(東京都千代田区)の保有比率が5.08%となり、新たに5%を超えたことが判明しており、需給思惑から買いが入っているようだ。なお、投資目的は純投資としている。

■クルーズ <2138>  3,415円  +105 円 (+3.2%)  11:30現在
 クルーズ<2138>は堅調に推移している。同社は25日取引終了後に、インターネットを利用した航空券手配などを手掛けるトラベルオンライン(東京都渋谷区)の全株式を取得し、子会社化すると発表。これが材料視されているようだ。トラベルオンラインの子会社化は、第2・第3の事業の柱の創出を目指した新規事業投資の一環。これを機に、グループとしてオンライントラベル事業に参入する。なお、株式譲渡実行日は5月24日を予定している。

■ポケットカード <8519>  690円  +21 円 (+3.1%)  11:30現在
 ポケットカード<8519>が続伸し、年初来高値を更新している。東海東京調査センターが25日付で投資判断「アウトパフォーム」を継続しつつ、目標株価を705円から920円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。「ファミマTカード」の利用拡大が成長ドライバーとなっており、18年2月期はサークルKサンクスのファミリーマートブランドへの転換がピークを迎え、新規カード会員の獲得増加が注目されるとして、会社予想営業利益53億円に対して同センターでは57億円を予想。また、19年2月期については、会員獲得費用のピークアウトやファミマTカードの有効会員数の増加に伴うショッピングリボ収益の増加、既存カードにおけるキャッシング収益の減少ペースの鈍化、過払い利息返還関連費用の減少などで、営業利益78億円と大幅増益を見込んでいる。

■コマツ <6301>  2,936円  +87 円 (+3.1%)  11:30現在
 コマツ<6301>、日立建機<6305>といった建設機械株が高い。25日の米株式市場で建設機械大手のキャタピラー株が大幅高となった。中国を中心に建機販売が好調で、同日に発表した1~3月期決算が市場予想を大きく上回ったことが好感された。これを受け、日本の建機大手2社にも連想買いが流入している。日立建機はきょう、コマツはあすに17年3月期決算の発表を予定しており、その結果も注目されている。

■WDBホールディングス <2475>  1,532円  +40 円 (+2.7%)  11:30現在
 技術系人材派遣会社のWDBホールディングス <2475> が続伸し年初来高値を更新した。株価は2006年4月以来、11年ぶりに1600円を付ける場面があった。この日は25日大引け後、同社が固定資産の譲渡に伴い、特別利益が発生すると発表したことが買い材料視された。子会社の派遣スタッフ養成施設として利用していた千葉県松戸市に保有する土地(7048.75平方メートル)を売却する。これにより、18年3月期は前期最終利益の30%相当額以上の利益増額を見込むとしている。5月12日に予定する決算発表を控え、土地売却益の計上による最終利益の押し上げ効果に期待する買いが向かった。

●ストップ高銘柄
 ケアサービス <2425>  1,621円  +300 円 (+22.7%) ストップ高   11:30現在
 野村マイクロ <6254>  889円  +150 円 (+20.3%) ストップ高   11:30現在
 広栄化学工業 <4367>  484円  +80 円 (+19.8%) ストップ高   11:30現在
 以上、3銘柄

●ストップ安銘柄
 ETFSパラ <1675>  6,850円  0 円 (0.0%) ストップ安   11:30現在
 以上、1銘柄

株探ニュース

【関連記事・情報】

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です