世界銀行 2019年のカンボジアGDP成長率 鈍化と予想[経済] – カンボジアビジネスパートナーズ

news_201704181
(c)The Cambodia Daily

 4月12日に発表された世界銀行による東アジア・太平洋経済の報告書によると、カンボジアのGDP成長率は、今年は6.9%、2019年には6.7%に僅かに落ち込み、また、GDP比での外国直接投資(FDI)は、今後2年間で9.4%から6.5%に減少すると予想された。

 世界銀行のシニアエコノミストは、「2015年の17億ドルという額を見ても、カンボジアのFDIの割合は非常に大きく、GDPの9~10%がFDIとなる国はほとんどない。カンボジアは、ドル化経済であり為替リスクを伴わないため、他国よりもFDIを引きつける。またFDIは建設業にシフトしている」と付け加えた。

 世界銀行によると、縫製業の固定FDI資産総額は、2014年の3億7000万ドルから昨年は1億4000万ドルに減少、輸出の伸びは、2015年から昨年にかけて12.3%から8.4%に縮小したという。

 その理由を、原料費や米ドル高騰による人件費の上昇、その他低賃金国(特にミャンマー)との競争によるものだと指摘し、建設業と農業は増加したが、観光客数も近年減少しているという。

 世界銀行によれば、カンボジアの2019年のGDP成長率予測は、ベトナム・タイの上昇率は上回るが、ミャンマーとラオスはさらに上回る成長率を達成する見込み。また、インフレ率については、今年は3.7%、来年は4.2%と、2015年の1.3%から上昇するとみられる。

 世界銀行は、経済成長の見通しを改善するため、インフラと教育への投資を増やし、民間企業の賃金上昇に対応する労働生産性を改善し、職業における技能開発を促進するべきだと勧告している。

 しかし、先週発表された報告書では、世界銀行の評価とは対照的に、アジア開発銀行は、GDP成長率が今年度から7.1%へとわずかに増加し、昨年の推定7%から上昇すると予測している。

 世界銀行の上級エコノミスト氏は、「食料価格は引き続きインフレ傾向にあり、カンボジアの所得が増加するにつれて、食糧需要は米から肉、果物、野菜に多様化している」と述べた。

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です