Lennar Internationalのクリス・マーリン社長がボアオ・アジアフォーラム総会で討議 – 高知新聞



Lennar Internationalのクリス・マーリン社長がボアオ・アジアフォーラム総会で討議AsiaNet67908 (0432)

【ボアオ(中国)2017年3月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*マーリン氏がヤングリーダー円卓会議など4つのパネル討論会に出席

Lennar Internationalのクリス・マーリン(Chris Marlin)創業者兼社長が2017年ボアオ・アジアフォーラム年次総会(Bo’ao Forum for Asia Annual Conference)でヤングリーダー円卓会議の出席者に選出された。

Photo – http://mma.prnewswire.com/media/481328/Lennar_International_Chris_Marlin.jpg

3月23-26日のイベントのテーマは「Globalization & Free Trade: The Asian Perspectives(グローバリゼーションと自由貿易:アジアの視点)」である。

住宅建設、資本形成、法律の幅広い経歴があるマーリン氏は「Community Era: Differentiation or Integration(コミュニティー時代:差別化か統合か)」と題するヤングリーダー円卓会議で、グローバリゼーションのチャンスと課題について討議する。

マーリン氏は「ボアオ・アジアフォーラム(BFA)に再び招待されて光栄である。このフォーラムはアイデアを交換し、互恵機会を探求する卓越した場である。Lennar Internationalは不動産投資の世界的なソートリーダーを目指しており、ヤングリーダーたちと会って中国と米国に影響を与える重要な経済問題を討議できることを喜んでいる」と語った。

マーリン氏が出席するボアオ・アジアフォーラム年次総会のパネル討論会4本は以下の通り。

*「BFA CCTV Young Leaders Roundtable(BFA・中国中央テレビ・ヤングリーダー円卓会議)」(3月23日午後7時45分、いずれも現地時間)
*「US-China CEO Dialogue(米中最高経営責任者(CEO)の対話)」(3月24日午後7時45分)
*「Dialogue With Governors(知事との対話)」(3月25日午後2時15分)
*「Property Bubble: Will China be an Exception?(不動産バブル:中国は例外か)」(3月26日午後3時半)

CCTVビジネスチャンネルのアンカー、リー・シシュアン氏が円卓会議の司会を務め、マーリン氏が以下のパネリストに加わる。

*ハオ・景芳氏:小説家、第74回ヒューゴー賞の中編小説部門受賞
*クリシャン・バレンドラ氏:John Keells Holdings PLC専務
*鄒市明氏:プロボクシング・チャンピオン
*ジー・シャオフア氏:Guokr.com創業者兼CEO
*シャン・シングアン氏:Seeta Tech. Inc.会長兼最高技術責任者(CTO)
*戴威氏:ofo共同創業者兼CEO
*アレクセイ・チェクンコフ氏:Far East Development Fund CEO
*リウ・ジグアン氏:GMK Holdings Group Co., Ltd副会長兼社長
*アニシャ・シン氏:MyDala CEO
*ベネディクト・ソボツカ氏:Eurasian Resources Group CEO
*ジョンソン・チョイ氏:Sunwah Group(新華集団)会長

2001年に第1回年次総会を開催したボアオ・アジアフォーラムは、世界の政府、産業界、実業界、学界リーダーがハイレベルの討議を行うプラットフォームになっている。

▽クリス・マーリン氏について
クリス・マーリン氏は米国最大級の住宅建設企業、Lennar Corporation (NYSE: LEN)の1部門、Lennar Internationalの創業者兼社長である。Lennar Internationalは住宅販売とEB-5 移民投資家プログラムを通じて、米国におけるLennarの各種不動産持分に外国資本をマッチさせ、Lennarエコシステムの外国直接投資に集中している。

マーリン氏はU.S. Global Leadership Coalitionの顧問役を務め、企業トップの国際ネットワークYoung Presidents’ Organizationのメンバーである。

エモリー大学ロースクールを卒業し、同窓会理事を務めるマーリン氏は、アトランタにあるカーター元大統領記念館の紛争解決プログラムに積極的に関与した。オーランドにある母校、米国第2の規模の大学であるセントラルフロリダ大学で憲法学の非常勤教授も務めた。

▽Lennar Internationalについて
Lennar Internationalは米国最大級の住宅建設企業、Lennar Corporation (NYSE: LEN)の1部門である。Lennar Internationalは住宅販売とEB-5 移民投資家プログラムを通じて、Lennarに対する外国投資を管理し、Lennarプラットフォーム全体の機会に外国投資をマッチさせている。Lennarは住宅販売、賃貸住宅・マンション、大規模マスタープラン・コミュニティー、商業その他のアセットクラスを含む米国内の地理的に最も多様な不動産ポートフォリオの1つを確立した。Lennarはあらゆる土地所有のインテリジェント引受企業として認められており、米国内の土地を大量に購入、販売している。Lennarブランドは品質、価値、インテグリティーという指針を実証している。

ウェブサイト:www.lennar.com

ソース:Lennar International

▽報道関係問い合わせ先
David Satterfield
david@gfbunting.com
408-802-6767

【URL】:http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201703230200/



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です