16年の米経常赤字、8年ぶり高水準 – 日本経済新聞



 【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が21日発表した2016年通年の米経常赤字は4812億600万ドル(約54兆1800億円)となり、15年比で3.9%増えた。3年連続で増え、08年以来8年ぶりの高水準となった。経常赤字が国内総生産(GDP)に占める比率は2.6%で、15年から横ばいだった。

 貿易収支は5005億6000万ドルの赤字で前年比横ばいだったが、そのうちモノの赤字は1.7%減った。経常赤字の増加は所得収支の悪化などが要因だった。



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です