茨城県の経済動向(茨城経済四期報:平成28年7~9月期) – 茨城県

更新日:2016年12月8日

?平成28年12月8日掲載

?目次

  1. 概況
  2. 主要経済指標

利用上の注意

  • この茨城経済四期報は,茨城県の経済活動の主要項目分野に着目し,これまで県で公表した主要経済指標データの数値に,国等他の機関のデータを加えた上で,四半期ごとに分析し,その概況をまとめたものです。
  • 茨城経済四期報は,定時的(四半期毎)に公表します。

ページの先頭に戻る

?1.概況

本県経済は,持ち直しの動きが続いている。

景況

(「景気動向指数」(県統計課)など)

  • 景気ウォッチャー調査9月実施による現状判断DIは44.2で,横ばいを表す50を10期連続で下回った。
  • 景気動向指数(CI:平成22年=100)9月の一致指数は126.7で前月比+1.6%と2か月ぶりに上昇,3か月後方移動平均は125.7となり5か月連続で上昇した。
    基調判断は,「改善」を示している。
    • 国の景気動向指数(CI)9月の一致指数は112.7で前月比+0.7%の上昇となり,基調判断は「足踏み」を示している。
  • 日銀企業短期経済観測(茨城県)9月は「全産業」の業況判断DIは前期比-1ポイントの0と5期連続で低下した。

生産活動…生産は持ち直し

(「鉱工業生産指数」(県統計課)など)

  • 鉱工業生産指数(平成22年=100)9月は105.3で,前月比+1.0%と4か月連続上昇した。前年同月比(原指数)は+3.3%と2か月連続で前年水準を上回った。
    四半期ベース(7~9月)では,前期比+3.4%の104.0と7期ぶりに上昇した。前年同期比(原指数)は-0.5%と5期連続で前年水準を下回った。
    • 全国の鉱工業生産指数(平成22年=100)9月は98.4で,前月比+0.6%と2か月連続上昇した

消費…百貨店・スーパー販売額は底堅い動き,自動車新規登録台数は持ち直し

(「商業動態統計」(経済産業省)など)

  • 百貨店・スーパー販売額9月の前年同月比は+1.1%と2か月ぶりに前年水準を上回った。
    四半期ベース(7~9月)でも,前年同期比+0.5%と6期連続で前年水準を上回った。
  • 自動車新規登録台数9月は,前年同月比+0.3%と2か月連続前年水準を上回った。
    四半期ベース(7~9月)では,前年同期比+1.3%と2期連続前年水準を上回った。
  • 二人以上世帯の勤労者世帯消費支出9月(水戸市)は,前年同月比-13.6%と2か月ぶりに前年水準を下回った。
    • 全国の勤労者消費支出9月は,前年同月比-0.8%と5か月連続前年水準を下回った。

民間設備投資…28年度上期は減少見込み,通期は増加見通し

(「法人企業景気予測調査」(関東財務局水戸財務事務所))

  • 法人企業景気予測調査7~9月期調査結果では,28年度上期の「設備投資計画額」は,全産業で前年同期比-12.5%の減少見込み,下期では+18.5%の増加見込みとなった。
    通期は,全産業で前年比+3.9%の増加見通しとなった。

建設投資…住宅投資,公共投資は共に持ち直し

(「建築着工統計調査」(国土交通省)など)

  • 新設住宅着工戸数9月は,前年同月比+15.4%と2か月連続前年水準を上回った。
    四半期ベース(7~9月)でも,前年同期比+5.3%と2期ぶりに前年水準を上回った。
  • 公共投資の動向を公共工事請負額からみると,9月は前年同月比+48.2%と5か月連続で前年水準を上回った。
    四半期ベース(7~9月)でも,前年同期比+40.5%と4期月連続で前年水準を上回った。

雇用・労働…雇用及び所得環境は底堅く推移

(「県内の雇用情勢」(茨城労働局),「毎月勤労統計調査地方調査月報」(県統計課))

  • 新規求人数9月は,前年同月比+17.8%(原数値)と7か月連続前年水準を上回った。
    新規求職申込件数9月は,前年同月比+0.9%と9か月ぶりに前年水準を上回った。
    新規求人倍率9月は1.81倍と41か月連続で1倍を上回った。
  • 雇用保険受給者実人員9月は,前年同月比-4.3%と36か月連続で前年水準を下回った。
  • 常用労働者の現金給与総額9月は,対前年同増減率+1.6%と2か月ぶりに前年水準を上回った。

前回(平成28年4~6月)の茨城県の経済動向概況

「本県経済は,弱いながらも持ち直しの動きが続いている。」

目次に戻る

?参考:最近の国内経済の動向

(内閣府「月例経済報告」平成28年11月25日)

総論(我が国経済の基調判断)

景気は,このところ弱さもみられるが,緩やかな回復基調が続いている。
  • 個人消費は,総じてみれば底堅い動きとなっている。
  • 設備投資は,持ち直しの動きに足踏みがみられる。
  • 輸出は,おおむね横ばいとなっている。
  • 生産は,持ち直しの動きがみられる。
  • 企業収益は,高い水準にあるものの,改善に足踏みがみられる。
    企業の業況判断は,一部に慎重さがみられるものの、おおむね横ばいとなっている。
  • 雇用情勢は,改善している。
  • 消費者物価は,横ばいとなっている。
先行きについては,雇用・所得環境の改善が続くなかで,各種政策の効果もあって,緩やかな回復に向かうことが期待される。ただし,海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。

目次に戻る

ページの先頭に戻る

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です