今年3 4度の利上げ適切 米SF連銀総裁=ドイツ紙 – ロイター



[サンフランシスコ 11日 ロイター] – 米サンフランシスコ(SF)地区連銀のウィリアムズ総裁は、年内3─4度の利上げ、および今年終盤のバランスシート縮小開始が適切との認識を示した。独紙ベルゼン・ツァイトゥングとのインタビューで述べた。

総裁は「われわれは今年と来年にかけて政策金利を通常の水準に一段と近づけ、年末にかけてバランスシートの正常化にも着手する必要がある」とし、「今年3─4度の利上げは適切なもようだ」とした。

また4.5%の失業率は自身が完全雇用と考える水準を割り込んでいると指摘した。



こんな記事も読まれています



コメントを残す