中国5県主要70社、人材確保へ対策広がる – 日本経済新聞



 1月の有効求人倍率が1.64倍と、全国10地域で最も高くなった中国5県。高水準での推移は多くの企業の採用に影響が出ている。約7割の企業が新卒採用で、4割の企業は中途採用で影響があると答えた。正社員以外にもパートやアルバイトの採用も難しくなっており、企業はシニア層の活用など人員確保策を練っている。

 正社員採用を増やす方針は19社。これ以外に不動産業の東武住販は派遣社員を正社員化す…



こんな記事も読まれています



コメントを残す