翁長知事「雇用情勢は着実に好転」 沖縄県庁で対策協議会 非正規雇用や離職率など課題は継続 – 沖縄タイムス



 行政と経済界、労働界でつくる政労使会議に当たる「沖縄県雇用対策推進協議会」(会長・翁長雄志知事)が29日午後、沖縄県庁で開かれた。翁長知事は県内の完全失業率や有効求人倍率が改善していることに触れ、「雇用情勢は着実に好転している」と評価した。

雇用対策の協議会であいさつする翁長雄志知事=29日午後、沖縄県庁
雇用対策の協議会であいさつする翁長雄志知事=29日午後、沖縄県庁

 一方で、求人と求職のミスマッチや若年者の高い離職率、非正規雇用などを「継続的な課題だ」と指摘。雇用の質の改善に向けて、政労使で一体となって取り組む必要性を確認した。



こんな記事も読まれています



コメントを残す