<東北・17年度上半期>倒産9.9%増177件 小規模7割占める – 河北新報



広域のニュース

<東北・17年度上半期>倒産9.9%増177件 小規模7割占める

 帝国データバンク仙台支店は、東北の法的整理による企業倒産の集計(負債額1000万円以上)をまとめた。2017年度上半期(4〜9月)の件数は前年同期比9.9%増の177件で、2年連続で増えた。
 負債総額は32.2%減の234億8400万円。00年度以降の上半期では最少となった。前年同期を下回るのは2年ぶり。負債額が1億円未満の小規模倒産が7割を占めた。
 県別は表の通り。件数は岩手、宮城、秋田、福島で増加。負債総額は青森と岩手で増えた一方、他の4県は減少した。
 業種は小売業の40件が最多で、製造業34件、建設業32件が続く。消費低迷や東日本大震災の復興需要の収束が影響した。原因は販売不振が154件で、9割近くに上った。形態は破産167件、特別清算9件、民事再生法1件。
 負債額は5000万円未満95件、5000万円以上1億円未満29件、1億円以上5億円未満44件など。10億円超の大型倒産は、複合商業施設「アウガ」運営の第三セクター青森駅前再開発ビル(青森市、32億700万円)と、自動車部品製造のサイトウ(福島県鏡石町、13億2800万円)の2件だった。
 帝国データバンク仙台支店は「東北は訪日外国人旅行者(インバウンド)による経済効果が全国より少なく、景気回復の出遅れ感もある」と指摘。倒産の増加傾向が続くとの見方を示した。

2017年10月21日土曜日



こんな記事も読まれています



コメントを残す