[2017衆院選] 安倍政権 是非問う 5年間の評価 争点 3極対決軸に 衆院選公示22日投開票 – 日本農業新聞



公示日に党首の街頭演説に聞き入る人たち(10日、東京都新宿区で)

 第48回衆院選が10日公示され、12日間の選挙戦が始まった。2012年12月から約5年間続く安倍政権の評価が争点で、一貫して構造改革を推し進めてきた「安倍農政」の是非が問われる。与党の「自民党・公明党」に対し、政権交代を掲げて「希望の党・日本維新の会」「共産党・立憲民主党・社民党」が挑む3極対決が軸となる。22日に投票、即日開票される。

 衆院選は14年12月以来となる。今回は与野党8党などから計1180人が立候補。定数削減により前回衆院選より10議席少ない計465議席(小選挙区289、比例代表176)を争う。

 選挙戦は自公両党の公示前勢力は324議席で、首相は勝敗ラインを与党の過半数233議席に設定した。一方、希望の党や共産党、立憲民主党などは安倍政権の退陣を目指す。

 今回の選挙では、19年10月に予定される消費税率10%への引き上げや憲法改正、経済政策などを巡って活発な論戦が交わされる見通しだ。

 農政では安倍農政の在り方が問われる。安倍政権は発足して約5年間、首相の諮問機関である政府の規制改革推進会議が中心となり、生産現場の懸念が強い改革を矢継ぎ早に決定してきた。

 米の生産調整見直しや60年ぶりの農協改革、生乳の流通改革などを打ち出してきた。環太平洋連携協定(TPP)交渉に合意し、かつてない市場開放を決断した。

 政府は今後、卸売市場の抜本改革に着手。農協改革にも継続して取り組む方針だ。今回の選挙結果は今後の改革の行方を左右する。

 自民党総裁の安倍首相は福島市郊外の水田地帯で第一声の演説を行い、「(農業は)守るだけでは守れない。若い皆さんが自分たちの汗と努力で新しい未来を切り開ける分野に変えなければいけない」と農政改革の継続に支持を呼び掛けた。

 公明党の山口那津男代表は北海道岩見沢市で演説し、「この岩見沢で生まれた『ななつぼし』というおいしいお米を、世界の皆さんに味わっていただこう」と農業の国際競争力強化を訴えた。

 一方、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は都内で演説。「安倍1強政治を皆さんの一票で終わらそう。お友達、忖度(そんたく)、そんな政治に信頼が持てるか」と政権交代を訴えた。

 共産党の志位和夫委員長は都内で「安倍氏が首相に居座り続けることこそ、日本にとり最大の国難だ」と強調。立憲民主党の枝野幸男代表は仙台市で「上から目線の政治を草の根の国民の声に基づく政治に変えていこう」と呼び掛けた。

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は大阪市で、社民党の吉田忠智党首は大分県臼杵市で、日本のこころの中野正志代表は都内で、それぞれ第一声に臨んだ。



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です