3月の工作機械受注額22.6%増 中国の自動車向け需要増 :日本経済新聞 – 日本経済新聞



 日本工作機械工業会(東京・港)は11日、3月の工作機械受注額(速報値)が前年同月比22.6%増の1424億9200万円だったと発表した。中国の自動車関係の需要回復などで輸出が39.1%増と大きく伸び、過去3番目の高水準となった。前年実績は4カ月連続で上回った。

 好不況の目安とされる1000億円は5カ月連続で上回った。輸出は39.1%増の903億2200万円。中国では「自動車や家電向けなどの需要が増えている」(オークマ)、「自動車関係で大口案件を受注した」(三菱重工工作機械)という。米アップルの新型スマートフォン向けとみられる需要も加わった。

 米新政権に関しては「エネルギーや建機関連の大型機の商談は停滞気味」(OKK)といい、インフラ投資や減税といった政策の実現性を巡って様子見が続いている。

 受注総額のうち国内は1.8%増の521億7000万円だった。自動車や半導体関係の需要が堅調との声が多い。



こんな記事も読まれています



コメントを残す