企業倒産件数、1月としては1990年以来の低水準…東京商工リサーチ – レスポンス

東京商工リサーチが2月8日に発表した2017年1月の全国企業倒産状況によると、倒産件数(負債額1000万円以上)は前年同月比10.3%減の605件で2か月ぶりのマイナスとなった。倒産件数は今年最少で、1月としては1990年(455件)以来の低水準にとどまった。負債総額は、同1.2%増の1284億8700万円と、2か月ぶりに前年同月を上回った。負債10億円以上の大型倒産が25件(前年同月24件)と2016年2月以来11か月ぶりに前年同月を上回ったことが影響した。

産業別倒産件数は、10産業のうちサービス業他を除く9産業で前年同月を下回った。唯一増加したサービス業他は前年同月比11.8%増の180件で6か月連続で前年同月を上回った。一方、情報通信業19件(同40.6%減)と運輸業18件(同14.2%減)が2か月連続で、卸売業が83件(同17.8%減)で3か月ぶりに前年同月を下回った。建設業111件(同13.9%減)、小売業91件(同3.1%減)、製造業77件(同23.0%減)、不動産業23件(同14.8%減)はそろって2か月ぶりに減少した。

地区別では、9地区のうち7地区で前年同月を下回った。東北は27件(同12.5%増)と7か月連続で前年同月を上回った。中国は33件(同26.9%増)で5か月ぶりに増加に転じた。一方、北陸14件(同26.3%減)と四国6件(同60.0%減)が4カ月連続、九州は50件(同19.3%減)で3か月連続、関東240件(同13.3%減)と北海道17件(同10.5%減)は2か月連続で減少。また、中部が68件(同4.2%減)で3か月ぶり、近畿は150件(同7.4%減)で2か月ぶりに前年同月を下回った。

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です