3月の第3次産業活動指数、前月比0.2%低下 基調判断据え置き – 日本経済新聞

 経済産業省が16日発表した3月の第3次産業活動指数(2010年=100、季節調整値)は前月比0.2%低下の103.8だった。2カ月ぶりの低下となったが、経産省は特殊要因によるものとして第3次産業活動の基調判断を「横ばい」に据え置いた。

 業種別でみると、指数を最も押し下げたのは、情報通信業で前月比2.4%低下した。次いで低下への寄与度が高い生活娯楽関連サービスは、プロ野球の公式戦開幕が前年より遅かったことなどが響き、1.5%低下した。

 指数を最も押し上げたのは卸売業で前月比1.8%上昇した。主に建築材料の取引量増加が寄与した。全体では11業種のうち4業種が低下し、6業種が上昇、横ばいが1業種だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です