3月の鉱工業生産確報、前月比1.9%低下 速報値からは上方修正 – 日本経済新聞

 経済産業省が17日発表した3月の鉱工業生産指数(2010年=100、季節調整値)確報は前月比1.9%低下の99.8だった。速報値(2.1%低下)から上方修正した。デスクトップ型のパソコンや速報段階で調査の採用項目でなかった航空機用部品が伸びた。

 製造工業稼働率指数(同)は前月比1.6%低下の99.8だった。輸送機械工業が3.0%、電子部品・デバイス工業が3.4%、鉄鋼業が5.1%それぞれ低下した。

 生産能力指数(原数値)は前月比0.3%低下の94.1だった。石油・石炭製品工業や輸送機械工業などが低下した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です