工作機械受注額、16年は15.6%減 確報値 – 日本経済新聞



 日本工作機械工業会(東京・港)は19日、2016年の工作機械受注額(確報値)が前年比15.6%減の1兆2500億円だったと発表した。2年連続のマイナス。円高や世界経済の不透明感から輸出は19.6%減の7194億5800万円。国内は9.5%減の5305億4500万円だった。

 12月単月では前年同月比4.4%増の1118億7900万円。円安が進んだことに加え、自動車や半導体関係の受注が堅調で17カ月ぶりのプラスとなった。

 同日会見した同工業会の花木義麿会長(オークマ社長)は「17年前半は米新政権に対する様子見が続くだろうが、後半以降は需要が緩やかに伸びていくのではないか」と期待感を示した。



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です