鉱工業生産、7月は横ばい 市場予想下回る 自動車は好調 – 日本経済新聞



 経済産業省が31日発表した7月の鉱工業生産指数(2010年=100、季節調整済み)速報値は前月から横ばいの96.9だった。QUICKが事前にまとめた民間予測の中央値(0.8%上昇)を下回った。自動車やスマートフォン向け電子部品などで生産が伸びた一方、洗顔クリームや数値制御ロボットなどが振るわなかった。

 経産省は生産の基調判断は「一進一退だが、一部に持ち直し」に据え置いた。業種別では15業種のうち6業種が上昇し、9業種が低下した。輸送機械が1.2%上昇と3カ月連続で伸びたほか、電子部品・デバイスも1.5%上昇した。制御ロボットなどのはん用・生産用・業務用機械は0.7%低下した。

 出荷指数は0.9%上昇の96.0と伸び、在庫指数は2.4%低下の111.2となった。在庫率指数は0.9%上昇の117.1だった。

 同時に発表した製造工業生産予測調査では8月の予測指数は4.1%上昇、9月は0.7%低下となった。ただ、8月分を押し上げているはん用・生産用・業務用機械や情報通信機械は予測から実績が大きく下振れする傾向にあり、経産省では8月の生産は0.1%程度の上昇にとどまると試算している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕




過去の統計データがご覧いただけます。

こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です