タカタへの届出債権、35兆8,393億円(東京商工リサーチ)



 エアバッグ大手のタカタ(株)(TSR企業コード:295877413、東京都)への届出債権の全貌が判明した。
 再生債権認否書によると、取引先や金融機関、ファンドなどが届け出た債権額の合計は35兆8393億円に達した。届出通貨別で最も多かったのは米ドル建で、30兆4620億円。次いで、日本円建が3兆7678億円だった。
 このうち、タカタが認めた金額は1兆792億円で届出債権の3.0%にとどまった。通貨別の認めた額では、日本円建の9340億円が最も多く、次いで米ドル建の1117億円だった。

◇届出債権額、最大はトヨタ自動車
 届出債権35兆8393億円のうち、国内法人で届出額が最も多かったのはトヨタ自動車(株)(TSR企業コード:400086778、愛知県)の8926億円だった。次いで、日産自動車(株)(TSR企業コード:350103569、神奈川県)の7291億円、本田技研工業(株)(TSR企業コード:291038689、東京都)の4131億円、(株)SUBARU(TSR企業コード:291043216、東京都)の2495億円、マツダ(株)(TSR企業コード:740083694、広島県)の2011億円、三菱自動車工業(株)(TSR企業コード:290569729、東京都)の1502億円と続き、国内の完成車メーカーが並んでいる。
 アメリカ合衆国も963億円を債権として届け出ている。

◇タカタが認めた最大債権者はトヨタ自動車
 タカタが債権認否を行った結果、認めた額の最大はトヨタ自動車の3312億円だった。次いで、本田技研工業の2397億円、マツダの1311億円、アメリカ合衆国の963億円と続く。
 届出債権額と認められた額の「認可率」はトヨタ自動車が37.1%、本田技研工業は58.0%、マツダは65.2%、アメリカ合衆国は100%だった。
 東京商工リサーチ発行「TSR情報(全国版)」11月14日号では、タカタと関連のタカタ九州(株)(TSR企業コード:930078128、佐賀県)の再生債権認否書に記載された届出債権者、届出額、タカタが認めた額を掲載する。

東京商工リサーチ



【関連記事】

こんな記事も読まれています



コメントを残す