ほとんどの新築住宅は余った土地に建築?「再建築率」が史上最低に – エキサイトニュース



古い家を放置、または建て直しても住戸数を増加。空き家が増える悪循環に

2017年2月28日、国交省は2015年度の「住宅着工統計による再建築状況の概要」を発表、「再建築率」が史上最低を更新し「8.4%」にまで下がりました。
結論からいうと、中古住宅を取り壊さずに新たな住宅を建てる、または取り壊して建てる場合でも、特に賃貸アパート・マンションの場合には、元より多くの部屋数を作っている状況がうかがえるのです。
住宅の着工件数が減ろうとも、(多くの古い家をそのままにして)余っている土地に新たな家を建てる傾向が続く限り、ますます空き家の数が増えてしまいます。ここで、「再建築」とは「既存の住宅の全部または一部を除却し、引き続き当該敷地内において住宅を着工すること」と定義されています。
つまり、既に建ってある住宅を壊して、同じ敷地に新たに住宅を建て直すことを指します。
「再建築率」とは、その年に新設された住宅着工戸数に対して、再建築された戸数の割合をいいます。
大雑把にいえば、新築された建物の内、どれだけが既存の建物を取り壊して新たに建て直したのかを表します(戸数ベースで比較します)。

今から20年前の1996年度には21.5%あった再建築率が年々減少、過去最低であった2014年度の9.1%よりもさらに悪化し、2015年度には「8.4%」にまで落ち込んだのです。
中古住宅を取り壊して再建築した住戸は、わずか約12戸に1戸の割合にとどまっているということです。



こんな記事も読まれています



コメントを残す