東京の物流施設空室率3.9%、前年比4ポイント低下 – ロジスティクス・トレンド株式会社 (プレスリリース) (登録)

ジョーンズラングラサールは、「ジャパン プロパティ ダイジェスト 2017 年第1 四半期」で東京のロジスティクス(物流)市場の状況を発表。 2015年第3四半期以来、6四半期ぶりに4%を下回る空室率となった。

空室率は3.9%、 前期比1.4ポイント低下、 前年比4.2ポイント低下となり、 2四半期連続で低下した。 2015年第3四半期以来6四半期ぶりに4%を下回る水準となった。 ベイエリアは前期比1.7ポイント低下の1.3%、 内陸エリアは前期比1.3ポイント低下の5.5%となった。

賃料は安定的に推移している。月額坪当たり4134円となり、前期比横ばい、前年比0.3%下落となった。空室率は低位ながら、過去10年平均比110%程度に相当する新規供給を控え、賃料は安定的に推移した。

12か月見通しでは、賃貸市場は、2017年新規供給のうち予約契約率は40%程度となっているものの、空室率は5%を下回る水準で推移するとみられることから、賃料は緩やかに上昇する見通し。

投資市場は、オフィスセクターにおける供給物件の不足や物流セクターの安定的な収益に妙味をみる市場参加者の増加を背景に、投資家の関心は高まっているものの、 供給は限定的となっており、今後もこの傾向は続くとみられる。引き続き投資利回りには低下圧力が加えられ、価格の緩やかな上昇を下支えする見通し。

なお、調査対象は東京圏(東京都、 神奈川県、 千葉県、 埼玉県、 茨城県の一部)の新型物流施設。

【 LNEWS http://lnews.jp


こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です