日神不動産は新築マンション分譲の販売戸数が想定より100戸超増加 … – 財経新聞

■利益面についても、増収効果、コスト削減効果等もあり大幅増益を見込む

 日神不動産<8881>(東1)は、新築マンション分譲の販売戸数が想定より100戸超増加したことに加え、オフィスビルの販売において翌期販売予定物件が当期に前倒しになったことにより当初予想の売上を上回る見込みとなった。また、利益面についても、増収効果、コスト削減効果等もあり計画を上回る見込みとなったことから、25日に上方修正を発表した。

 17年3月期連結業績予想の売上高は、前回予想を50億円上回る875億円(増減率6.1%増)、営業利益は14億円上回る70億円(同25.0%増)、経常利益も14億円上回る69億円(同25.5%増)、純利益は11億円上回る59億円(同22.9%増)となる見込み。

 対前期比では、売上高20.6%増、営業利益34.9%増、経常利益39.8%増、純利益52.7%増と大幅増収増益を見込む。

 一株当たり純利益は、前期の82円41銭から125円78銭となる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【新規上場(IPO)銘柄】ユーザーローカルは人工知能(AI)関連で高人気、目先は需給重視の展開を予想(2017/04/05)

【作家・吉田龍司の歴史に学ぶビジネス術】織田信長は「トカゲのしっぽ」をどう切った?(2017/03/29)

【どう見るこの相場】様子見ムードで膠着感強める可能性、下値の警戒も必要か(2017/04/03)

【小倉正男の経済コラム】『リ・アベノミクス』――再びアベノミクスに戻れ(2017/04/04)

【株式評論家の視点】イワキはバラスト水関連として見直される可能性大、18年3月期2ケタ増益観測(2017/03/17)

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です