大成建設、最高益 – 日本経済新聞



【最高益】新国立競技場や首都圏の再開発など旺盛な建設需要を取り込む。受注残高を順調に消化。好採算の追加工事を獲得。労務費などのコストを抑制。最高益。

【ロボット】自動で鉄筋を束ねる自律型ロボットを開発。鉄筋工事の2割を省人化。18年度に本格導入。



こんな記事も読まれています



コメントを残す