サイタホールディングスのフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!



サイタホールディングス

3ヶ月後

予想株価

150円

建設事業、砕石事業が中核。産業廃棄物処理や酒類事業も展開。完成工事高は3Qに偏重する傾向。砕石事業部門は低調だが、建設事業部門は受注好調。17.6期2Qは黒字転換。建設事業部門の損益改善が大きく寄与。

土木は官公庁、民間向けともに受注好調。建設事業部門の損益改善により、資材価格の高止まりなどをこなし、17.6期通期は黒字確保へ。株価水準は割安だが、流動性の向上が課題。当面の株価はもち合い継続を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

17.6期連/F予/4,700/80/120/70/10.59/3.00

18.6期連/F予/4,850/100/135/80/12.10/3.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/03/31

執筆者:YK



こんな記事も読まれています



コメントを残す