日揮、国内最大級のメガソーラー発電所建設プロジェクトを受注 – エキサイト – エキサイトニュース



岡山県美作市内に建設

日揮株式会社は、パシフィコ・エナジー株式会社が岡山県美作市内にて計画している、メガソーラー発電所建設プロジェクトに係わる設計、機材調達、建設工事(EPC)役務を受注したことを2017年5月12日に発表した。

出力約257.74MW

今回日揮がEPC役務を受注したプロジェクトは、岡山県美作市のゴルフ場跡地などを活用してメガソーラー発電所を建設するもので、契約形態はランプサム契約、受注金額は非公表だ。

敷地面積は約400ヘクタールで、出力は一般家庭約81,000世帯分の年間消費電力量に相当する約257.74MWを予定しており、これは国内最大級のメガソーラー発電所となる。

日揮は2016年度から5ヶ年を対象とした中期経営計画「Beyond the Horizon」において、フィリピンで火力発電、日本でバイオマス発電とメガソーラー発電など、発電分野のプロジェクトを受注してきており、今回のプロジェクトはこれらに続くものとのことだ。

日揮ではこれまで、複数メガソーラー発電所のEPCを実施するとともに、2件の発電事業を運営するなどしており、今後も国内外の再生可能エネルギー発電事業および、再生可能エネルギー発電所建設工事に取り組むとしている。

(画像は日揮ホームページより)

元の記事を読む



こんな記事も読まれています



コメントを残す