中国「嫌韓」不買広がる 現代自の販売、3月半減 – 日本経済新聞



 【北京=多部田俊輔、大連=原島大介】在韓米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)を巡り、中国で韓国ブランド製品の不買運動が広がっている。現代自動車の中国での3月の新車販売台数は前年実績の半分に落ち込み、ロッテの中国で展開するスーパーの9割近くが休業に追い込まれた。中国政府は団体観光ツアーの禁止も決定し、韓国経済への影響は避けられそうにない。

 「今ならば2万元(約約32万円)を値引きして…



こんな記事も読まれています



コメントを残す