ドラッグ店市場規模 百貨店超え 6.4兆円、16年度5.9%増 – 日本経済新聞

 ドラッグストアの売上高が2016年度、百貨店を上回る見通しになった。業界団体によると金額ベースで15年度比5.9%伸びて6兆4916億円になる見込み。16年の全国百貨店売上高は2.9%減の5兆9780億円にとどまった。新たな事業の柱として拡充している調剤事業が押し上げ、インバウンド需要の取り込みでも明暗が分かれた。市場の変化への対応の成否で小売りの勢力図が様変わりしている。

 日本チェーンドラッグ…

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です